== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 遼寧省 ==

大連!!金州区・開発区

今回は、前回ご連絡したとおり大連市の
金州区・開発区(北郊外)についてご紹介します \( ̄∇ ̄ )

大連港
大連市については、前回ご紹介したので省略します
金州区は、大連港ができるまではこの辺の中心地区で、
ここに都からの役人が派遣されて、この辺を管理していました
開発区(大連経済技術開発区)は、1984年に設置された中国で一番最初の
全国的な経済、および技術的な開発ゾーンのうちの1つです
エリア面積は50平方kmもあり、工業区・商業区・生活区に分かれていて、
人口も30万人を有しています(そのうち日本人も2000人超)

それでは観光スポットの紹介です (^▽^)
・金州副都統衛
金州副都統衛
先程説明した、役人(官僚)が住んでいた官舎を最近復元したもので、
日清戦争の末期に、従軍記者として大連へきた正岡子規が詠んだ俳句
行く春の酒を たまはる陣屋哉」の句碑は、この敷地の北西隅にあります

・金州博物館
金州博物館
金州の町の中心地の「関向応」の銅像がある向応広場にある、
もとの金州民務会所(町役場)を戦後に改修して博物館にしたものです
昔の金州の模型や日清・日露戦争の戦闘場所の解説図等が展示してあります

・南山
乃木希典
日露戦争の初期、第二次世界大戦の末期の激戦地で、
いまはロシア軍兵士の墓地などがあります
戦前ここにあった乃木希典の漢詩「金州城外斜陽に立つ」の石碑は、
いまは旅順の日露監獄の日本時代石碑倉庫に移され、非公開になっています

・大黒山
大黒山
金州からは東、開発区からは北に見える大黒山(海抜663m)は、
戦前和尚山(おしょうさんw)と呼ばれていました
現在は大連人のハイキングの好対象になっています
頂上付近には石皷寺(唐朝の太宗、李世民の像などを収容)があり、
北西山麓には、唐時代からある勝水寺観音閣
東山麓には水がいつも絶えない瑶琴洞がある観水響
その近くに朝陽古刹(朝陽寺)があります

・金馬路
五彩城
開発区の中心街で、重要なホテル・銀行・通信会社・大型スーパーなどの
ショッピングセンター街となっています(上海の外灘とよく似ています)
開発区駅と金馬路の間には、レストラン・カラオケ店・コーヒーショップなどが
並ぶ「五彩城」があり、東側には「開発区展示場」があります

・砲台山公園
砲台山公園
開発区にある大連人の代表的なハイキング場で、たくさんの大砲の展示があります
また5月末にはニセアカシアの花が咲き、ハイキングに格好の場所です

・金石灘リゾート地区
金石灘リゾート地区
開発区の東にある、美しい海岸をもつリゾート地区で、海水浴場・結婚式場・蝋人形館
・武道館などがあり、2006年に大型テーマパーク「发现王国(発見王国)」もできました
「金石灘国際ゴルフ場」(Golden Pebble Beach International Golf Course)もあります

・凱倫国際温泉クラブ
凱倫国際温泉クラブ
開発区の海岸寄りにある温泉です
もちろん露天風呂もありますが、水着着用ですのであしからず

次回は、大連第3弾で旅順口区(西郊外)のご紹介をしたいと思います
次回もお楽しみに  (⌒∇⌒)ノ""マタネー!!



良かったら、クリックしてください
   ↓


┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:13:20 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/120-fabbf82e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。