== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 青海省 ==

チベットへの入口 西寧!!

今回は西寧市のご紹介です \(^∇^ )
西寧市
西寧(シリン)市は青海省にある地級市の一つで、省都でもあります
また、昔からチベットへの玄関口として栄えてきました
西寧市2
歴史的にも古く、紀元前121年に前漢の霍去病将軍が市域に
軍事拠点・西寧亭を築いたのが始まりといわれています
前漢末に西海郡が設置され、五胡十六国時代には南涼の国都となりました
唐代後半には吐蕃に占領され、宋代には西夏に占領されたりと
戦乱の多い地域でもありました
西寧市3
現在は、青海省とチベットを結ぶ青蔵公路の起点を担っています(国道は109号)
西寧から北京まで2000キロ、ラサまでも2000のちょうど中間の位置になります


・塔爾(タール)寺
塔爾寺
チベット名はクンブル寺と呼ばれるこの寺は、
西寧から西南へ25キロの湟中という所にあります
チベット仏教ゲルク派(黄帽派)の寺院で、
ゲルク派の開祖ツォンカパの生誕地としても知られています
塔爾寺2
モンゴルやチベットから、沢山の巡礼者・修行僧が集い、
チベット六大僧院のひとつとして繁栄しました
クンブルとは「十万仏」の意味で、ツォンカパの生地に生える菩提樹の
葉の一葉一葉に仏が宿っているということから名付けられました


・北禅寺
北禅寺
西寧市街の北側にあるこの寺は、湟水北岸の岸壁にへばりつくように
建てられた石窟寺院で、「土楼山」という山の中腹にあるので、
別名を「北山寺」とも言います
北禅寺2
敷地内には洞窟が27もあり、内壁には魏・晋時代の仏教壁画が描かれています
中で最も古い石窟は唐代のもので、現在は道教の寺院として使用されています


・東関清真寺
東関清真寺
西寧市東関の東大街路にある、青海地区最大規模のイスラム寺院です
建てられたのは明の時代で、普段でも三千人以上の信者が参拝に訪れています
20世紀入ってから、三度にわたる大規模な拡張工事が行われ、
現在の広さは1100平方m、五千人の礼拝者を収容することができます


・瞿雲寺
瞿雲寺
西寧市から南東に65キロ行った渓谷に建っているチベット寺院です
山の麓に位置し、背に山、前は川に面した位置に建っています
造りは漢民族の影響を強く受けた、典型的な宮殿式の建築群で、
中軸線上に山門・金剛殿・瞿曇殿・宝光殿・隆国殿などが並んでいます
釈迦牟尼の一生を描いた壁画が、柱間にして51間の大きな彩色壁画で
絵巻物の方式で描かれています


・青海湖
青海湖
西寧市より少し離れていますが、西に150キロのところにある塩湖です
青海省の省名の由来になっている湖で、
モンゴル語では「ココノール」、青い湖という意味だそうです
周囲は360km、面積は4560方kmもあり、およそ琵琶湖の六倍です w(°o°;)w
湖の真ん中に「海心山」という島があり、島内にはラマ教の寺院があるります
湖の北西部には鳥島という名の島があり、毎年10数万羽の渡り鳥飛来します
湟魚
また、青海湖に生息する魚は『湟魚』という一種類のみで、
この魚は鯉の一種(仲間)なのですが、なんと鱗がありません Σ(゚o゚*) オォ


それでは今回もこの辺で失礼します (⌒∇⌒)ノ""マタネー!!


良かったら、クリックしてください
   ↓




┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:01:45 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/144-d36f3e15
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。