== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 台湾省 ==

台湾島!!

今日は先日出てきました、台湾についてご紹介です \(^∇^ )
台湾夜景
台湾とは、中国の南東、太平洋西岸にある
「台湾島」を中心とした地域の名称です
具体的には「台湾島」と「澎湖島」、「蘭嶼島」及び
その周辺諸島から構成されています
簡略地図
台湾における通常の字体は「台灣」、
正式な文章においては「臺灣」と書きます

1945年に連合国軍最高司令官総司令部が発した一般命令第1号に
基づき、台湾へ進駐した中華民国の支配下にあり、
1949年の中華人民共和国成立に伴う中華民国政府の台湾移転以降は、
中華民国の実効支配範囲とほぼ重複するため、中華民国の通称としても
用いられています
町並み
現在も台湾の最終的な政治的地位および主権帰属をめぐる中華民国と
中華人民共和国と台湾未定論の問題で係争中です
(詳しくは「台湾問題」でネット検索すると沢山出てきます)

台湾の総面積は約35,980km²ほどで、日本の九州ぐらいの大きさです
最北東部は琉球諸島に近く、最も近い与那国島との距離は110kmもありません
台湾最大の島である台湾島は、南北の最長距離が約394km、
東西の最長距離が約144kmで、木の葉のような形をしています
島をほぼ南北に縦走する5つの山脈(中央、玉山、雪山、阿里山、海岸)が
島の総面積の半分近くを占めていて、耕作可能地は島の約30%しかありません
町並み2

経済面では、1980年代に電子工業の発展が民間中小企業にも波及し、
パソコンのマザーボードのシェアでは世界一になりました
さらに、外貨準備高世界上位に入り、1990年代はIT景気に乗り、
1997年-1998年のアジア経済危機も無事乗り越えました
日本経済との強い関連下で発展してきた中華民国経済は、
日本経済と互換性のある面が多く、技術力・工業生産力を利用し、
世界市場で優位に立てる製品を開発提供することによって、
外貨を獲得する加工貿易が基本です
反面、起業指向の考え方は違っていて、個人主義社会の為、
有能な人ほど起業を志し、それが経済に活力と柔軟性を与えていますが、
社会道徳の弱さという弱点も持っています
通貨

日本との経済関係として、台湾は旧日本領であり歴史的に関係が深く、
地理的に近く自由主義陣営の国家なので、貿易を初めとした経済的交流があります
民間貿易以外にも、台北国際金融センタービルや台湾高速鉄道の建設など、
台湾の主要公共事業も日本企業によるものが多く、台湾経済における
日本への依存は大きいものがあります
日本企業の台湾進出以外にも、衣料業関連や電子工業関連を中心に
日本進出を果たしている台湾企業も多数あります
台北国際金融センタービル

台湾の宗教は、台湾政府(中華民国)に正式に登録されているものが
9つあり、これらをまとめて九大宗教と呼ばれています

・仏教 - 信徒数:約4,856,000人
・道教 - 信徒数:約3,637,000人
・天主教(ローマ・カトリック)- 信徒数:約296,000人
・基督教(天主教以外のキリスト教)- 信徒数:約422,000人
・回教(イスラム教)- 信徒数:約50,000人
天理教 - 信徒数:約29,000人  Σ(゚д゚;) ビックリ
・理教 - 信徒数:約129,000人
・軒轅教 - 信徒数:約220,000人
・巴哈尹(バハイ)教 - 信徒数:約14,000人
回教

ざっと台湾の概要をご説明しましたが、どうだったでしょうか?
一番の驚きは、日本の天理教が政府に認められている所ですねw
観光スポット等のご紹介がまだなのですが、長くなりますので、
また次回にでも (⌒∇⌒)ノ""マタネー!!


良かったら、クリックしてください
   ↓




 

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:31:19 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/170-8f317420
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。