== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 上海 ==

上海時事2!!

昨日の続きで、上海万博のことです (;⌒▽⌒)σ
上海万博
まず日本ですが、出展する企業はほぼ決まっていろそうで、
アジア地区で唯一である民間からの出資で建てられる
「日本産業館」の設計も完了しています
日本
テーマ:「Better Life from JAPAN(日本が創るより良い暮らし)」
日本産業館の利用可能スペースは10万㎡!!(広いw)
日本産業館の代表を務める境屋太一氏によると、
日本の先端技術と審美観を十分に表現するそうで、
「日本人の細やかさとサービスの周到さを見てもらい、
日本のプロ意識を十分に発揮させたい。全ての展示品は
日本の最高レベルを代表するものとなるだろう」との事


次にイタリアのパビリオン、「イタリア館」です(そのまんまかい ヾ(ーー )ォィ)
イタリア
テーマ:「理想の都市、人間の都市」
デザインの特徴:機能的なモジュール、組み立て便利

イタリア館は敷地面積3600㎡の四角形の建物で、
高さ18m、20個のモジュールを組み合わせて作られるそうです
20はイタリアの区の数で、ミニチュアのイタリアみたいですね
外観を見るとイタリア館はいろんな形に組み合わせることができる
分裂したモザイクのようで、異なる地区の多元的な文化が調和、
共存する関係を表しているのだそうです


ネパールのパビリオン「カトマンズ館」
ネパール
テーマ:「カトマンズの物語ー都市の精神を求める:探索と思考」
デザインの特徴:異郷の魂

カトマンズの2000年以上の歴史を、建築・芸術・文化を中心とする
いくつかの輝かしい時代に分けて、建築様式の変化を通じて
都市の発展と拡大を表現するそうです
建物は、環境保護や再生可能エネルギー、環境にやさしい
建築といった面での努力を重点的に行う予定です


オーストラリアのパビリオン「インテリジェント・ソリューション」
オーストラリア
テーマ:「挑戦に打ち勝つ:都市の未来を対象とした
      オーストラリアのインテリジェント・ソリューション」
デザインの特徴:彫刻されたアーチ型の壁、赤い代赭石の外壁
(代赭(たいしゃ)石とは、鉄分を含んだ赤土の石の事です)

オーストラリアは、環境保護や都市化、グローバル化といった
人類が直面するであろう共同の挑戦の探求、及びオーストラリアの
自然を展示し、参観者に「世界で最も快適な居住地」オーストラリアが、
都市建設と自然環境の間で、どのように持続可能な発展と調和を
生み出しているかを展示するそうです


ルクセンブルグのパビリオン「ルクセンブルグ館」
ルクセンブルグ
テーマ:「小さく美しい」
デザインの特徴:「小型」の森林と砦

ルクセンブルグ館の設計者は、たった一つの巨大な石をイメージしており、
これは中国語の伝統的な「盧森堡」の影響を受けているようにも思えます
「盧森堡」の意味は「森林と砦」で、ルクセンブルグ館は周囲を緑の木で
囲まれた開放的な森林に例えられています


イギリスのパビリオン「アイデアの館」
イギリス
テーマ:「アイデアの館」
デザインの特徴:光るランチボックス

このデザインを見た時には、「え?何これ?」と思えましたが、
この館は簡潔で魅力的な建築モデルになる(予定)だそうで、
最大の特徴は建築外部の様々な方向に伸びた大量の「触覚」、
この触覚の先端には小さなカラーのライトが付いて、
組み合わせると様々な図案や色を表現できるそうです
触覚が風にそよいで揺れると、パビリオンが様々な神秘的な
光沢と色彩に包まれるみたいですね
同時にパビリオン表面には情報や画像といった形式で
内部の情況を展示することができ、外部の参観者も
パビリオン内部の様々なイベントや状況をを見れるそうです
しかもイギリス館はずっと同じではなく、万博開催の6カ月の間に
様々な姿を参観者に見せてくれるそうなので、楽しみですね


会場
ただひとつ残念なのは、アメリカがまだ出展を決めていません
話によると、アメリカの法律では税金を使ってアメリカの出展を
援助することができないそうで、経済危機に陥っている
現アメリカには、そのほかに資金源がない様子です
上海万博開催者側からの話では、経済危機で出展規模再考を
迫られた国が他にも多いそうです
中国としては今後、過去の万博主催国と同様に、関連国に
積極的な金融サポートを提供していく計画を進めていて、
現在米国館のために場所を空けているが、米国が
来なくなった時のための対応策も用意してあるそうです

最後に時事ですが、上海浦東空港で建設中の大型格納庫が、昨日30日に
天井部分にあたる鉄骨構造の引き上げ作業に成功したそうです
浦東空港
この格納庫が完成すれば、エア・バスA380型機を2機同時に
整備・点検することも可能だそうで、上海万博に向けて
いろんな所で頑張っています 
(ちなみにこの屋根の重さ、数千トンあるとか・・・)


それでは、今日もこの辺で ヾ(* ̄▽ ̄*)Byeヾ(* ̄▽ ̄*)Bye



クリックよろしくです
   ↓



┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:31:52 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/186-c2eacfe6
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。