== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 山東省 ==

曲阜市!!

今日は曲阜市のご紹介になります \(・ω・。)
曲阜市
「曲阜市」は、山東省済寧市に位置する県級市です
曲阜市と聞いても解らない人は多いと思いますが、
ここは春秋時代の魯国の故地であり、中国政府の
「国家歴史文化名城」(歴史都市)の称号が真先に
あたえられた市でもあります

孔子像
それよりなにより、ここはあの『孔子』の生誕の地なのです
知らない人はいないと思いますが、ちょっとだけ
姓は「子」、氏は「孔」、字は仲尼(ちゅうじ)
『儒家(儒教)』の始祖とされ、73歳で亡くなるまで
その思想の為に心力を注いだ偉い人
漢代には司馬遷がその功績を王に値すると評価して
『史記』の中に「孔子世家」(世家は諸侯王家の歴史)を、
またその弟子たちの伝記として「仲尼弟子列伝」を立てています
儒教では「素王」(そおう、無位の王の意)とばれる事も多いです

孔子
孔子の儒教は、それまでのシャーマニズムのような原始儒教を
体系化し、一つの道徳・思想に昇華させました
その根本義は「仁」であり、仁が様々な場面において貫徹される
ことにより、道徳が保たれると説いています
しかし、その根底には中国伝統の祖先崇拝があるため、
儒教は仁という人道の側面と、礼という家父長制を軸とする
身分制度の双方を持つことになりました

「孔子」とは尊称になります(子は先生という意味)
ヨーロッパではラテン語化された"Confucius"
(孔夫子の音訳、夫子は先生への尊称)の名で
広く知られています

話を元に戻して、ここ曲阜市には孔子の縁のある『三孔』があり、
ユネスコ世界遺産(文化遺産)にも1994年に登録されています
三孔とは、『孔廟』、『孔府』、『孔林』の3建造物の総称です

『孔廟』
孔廟
孔子の神霊を祭る霊所で、中国最大の孔子廟でもあります
中国歴代の皇帝達によって増築・補修された結果、
宮殿のような壮大な建築群となり、「紫禁城」・「岱廟」と並ぶ
中国三大宮廷建築の一つと呼ばれています
元々は孔子の家があった場所だと言われています
(家の方は、死去後に孔廟を建てる為撤去されました)
毎年孔子の生誕日(9月28日)には、孔廟前で祭典が
開かれ、孔子を祭る舞踊や音楽が披露されています

『孔府』
孔府
孔府は、孔子の直系子孫とその家族が住んだ邸宅です
孔子を祭祀する孔廟東側に位置していて、歴代王朝の
保護を受けていた孔子直系子孫(孔家)が居住していました
中国有数の規模を誇る邸宅でしたが、孔家一族は
中華人民共和国建国後に台湾に移住したので、
現在では観光地として一般公開されています
(孔家は代々皇帝から爵位を与えられていました)

『孔林』
孔林
孔林は、孔子とその一族の墓所になります
老木の広がる墓域には、十万を超える孔子の子孫たちの
墓碑が散在し、孔家墓地としては世界最大規模のものです
1万本以上のカシワやマツなどの古い木々が生えていて、
墓所というよりも森のような印象を与えています

上にも書いた毎年9月28日に行われる祭典には、
日本からの参拝者も多いそうです
ツアーもある様なので、一度参加してみてはいかがですか?
それでは今日もこの辺で (*≧ω≦)ノ~~~再見!!



良かったら、クリックしてください

   ↓






┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:4 ━ Trackback:0 ━ 22:50:29 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

いつも閲覧ありがとうございます。
 いつも閲覧ありがとうございます。
勝手ながら貴方のブログを私のブログ
にリンク設定させていただきました。
もし不都合がありましたら、削除します
のでご連絡ください。
 これからもよろしくお願いします。
訪問リストから遊びにきました
いつもお立ち寄りありがとうv-230
リンクさせてくださいね よろしくね
此方こそ、 いつも閲覧ありがとうございます。
私の方こそ、勝手にリンクさせて頂いております!
これからも宜しくお願い致します!
有難うございます!
こちらもリンクさせて下さいね!
今後とも宜しくお願い致します!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/207-b2682b03
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。