== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 上海 ==

残りあと一年!!

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?(笑)(´∀`∩
蘇州
日本も暑いと思いますが、中国も暑くて蘇州では11日には
真夏日となり、最高気温が36.3℃を記録しました ( ̄▽ ̄;A
蘇州での気象記録50年来の5月の気温として最高気温だそうです

万博会場図
さて、上海万博まであと一年を切りました!!
市内整備、会場整備もどんどん進んでおり、各会場も
完成に向けて着々と工事が進んでいます
入場券の方も販売枚数が100万枚を突破し、
(販売初日で18万枚売り上げ)
市内の地下鉄整備や杭州-上海間を38分で結ぶ鉄道の
着工など、万博に向けての受け入れ態勢も万全になってきています

上海
世界万博が発展途上国で催されるのは上海万博が
初めてになるそうで、万博組織では、力を合わせて
万博を実現したいという社会各界の心からの願いを
尊重するため、万博中国館を唯一の受け入れ先として
寄付の受け付けをしているそうですが、今までに
「上海煙草(集団)公司」から2億元や香港の実業家
「李嘉誠」氏傘下の長江集団と和記黄埔との連名での
寄付金1億元など、沢山の寄付が集まってきているそうで、
中国一丸となって成功に向けて頑張っています

上海万博中国館は、半年間の万博開催が終わると、中国による
万博開催を示す歴史的記念物として永久保存されるそうです
興味がある方は、下記サイトで特集が組まれていますので、
クリックしてみてください(大丈夫です、日本語です(笑))

 ↓↓↓↓↓

中国2010年上海万博会


他にちょっと面白い時事がありましたので、載っけちゃいます

「中国人女性はなぜ外国人男性が好きで、中国人男性は嫌いなのか?」
結婚式
20年前に大学の友人が
「もともと少ない女子大生が、外国人留学生に奪われていく」と嘆きました
十数年前、再婚相手を探しに上海へやってきた高齢の日本人男性に、
若い女性が200人も花嫁候補に名乗り出ました
一年前、上海で美人作家が出版した小説の内容は、
いかにしてドイツ人男性の愛人になったかというものでした
中国人女性は一体どうしてしまったのか?
よく考えると、当然のことのようにも思える
「人は高きに登り、水は低きに流れる」というように、
若い女性がより良い暮らしを求めるのは当然の事です
だが理由はそれだけではなく、中国は男性至上主義の国である
女性の地位はまだ低く、男性は女性の心などわかろうとしません
欧米では「レディーファースト」であり、また外国人男性がおしゃれで
清潔感にあふれているのに対し、中国人男性はダサくて不潔なイメージが強い
これは中国人男性が傲慢である表れともいえます
結婚式
しかもベッドの上でも同様に傲慢であるため、女性を満足させることができない
これでは女性たちが外国人に目を向けるのも当然だ
だが最も重要なことは、中国がもっと経済的に発達し、真の民主国家になることだ
そうすれば中国人女性が誰と結婚しようと本人の自由だし、
ただ外国で暮らしたいという理由で外国人と結婚する中国人女性も減るだろう

う~ん、昔の日本を見ているみたいで耳が痛いですが、
日本であまりモテなくても、中国ではモテる!?どうです^^


「中国人男性はなぜ外国女性と離婚する割合が高いのか?」
玄武湖公園での一時
外国人女性と結婚する中国人男性のうち半数は離婚に至るというが、
その原因は一体何なのか? 中国人男性と離婚した経験を持つある
外国人女性が、自らの体験を元に10カ条にまとめています

1、考え方が保守的すぎる
  -実は外国人女性との結婚に抵抗がある

2、何を考えているのか良く分からない
  -愛情表現が下手

3、ロマンティックな演出が出来ない
  -肩を抱いたり手をつないだりしてくれない

4、全てが妻より勝っていないと気が済まない
  -プライドが高すぎる

5、「ありがとう」を言わない
  -中国人家庭ではそれが普通らしいが、外国では単なる礼儀知らず

6、食事の時の音が大きすぎる
  -あのクチャクチャ、ズルズルが耐えられない

7、セックスの前戯がおざなり
  -自分だけ気持ち良くなって終わり

8、結婚すると必ず太る
  -あれほど美しかった肉体は瞬く間に消え去った

9、男尊女卑の考えが強い
  -妻の意見には全てノー、話し合う余地なし

10、結婚後は妻を女として見ない
  -家事は良くやってくれるが、たまには2人で出かけたい

こちらもどうでしょう?
身に覚えのある方は、注意しておいた方がいいかもしれませんよw


最後に、あの香港大使でもある成竜が、
今度は「成都パンダ大使」に選ばれたそうです
パンダ大使
震災後の成都の復興業務への貢献と、
同氏のパンダへの思いいれに鑑み、
成都市対外文化交流協会「成都観光協会」は
成竜氏を「成都パンダ大使」に任命しました
命名
成竜氏は同時に2匹のパンダの里親となり、
「成成」と「竜竜」と名づけたそうです

それでは、この辺で ~~~ヾ(*'▽'*)o マタネー♪



良かったら、クリックしてください


   ↓






┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:18:15 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/210-aa1d7876
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。