== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 江蘇省 ==

古都の華やかさ「蘇州」!!

以前、旅日記は書いてるのですが、今日は蘇州市のご紹介です ( 'Θ')ノ
蘇州市
「蘇州市」は江蘇省の東南部に位置する地級市で、
上海から日帰りで遊びに行ける都市として、
「杭州市」と並んで人気の観光地となっています
蘇州市地圏

長江の南側、長江デルタの中心部の太湖の東岸に位置し、
東北側には、「上海蟹」の産地として名高い陽澄湖があります
上海市に隣接しているという地の利もあり、
古くから省の経済的中心として栄えてきました
北京と杭州を結ぶ「京杭大運河」が通っているなど水運も発達し、
北部の太倉、常熟、張家港の長江沿いの地域には、
水運を生かせる大規模工場が作られています
運河による水運が生活に溶け込んでいることから、旧市街地及び
周辺の水郷地帯を含めて、「東洋のヴェニス」と呼ばれています
ヴェニス?

上海からの交通手段としては、前回紹介した中国高速鉄道『CRH』
の他、上海を起点に蘇州市街を通って西に延びる312国道と、
常熟市街を通る204国道が幹線道路として使われています


さて、蘇州の見所といえば、一番に挙げられるのが、
世界文化遺産級の庭園『蘇州古典園林』で、
市内だけでも数ヵ所存在しています
拙政園
中でも『拙政園』と『留園』は、その規模も風格も
明清代の中国庭園を代表する庭園となっていて、
建築と自然の融合による景観美はさすがです
多くの庭園には茶館等の休憩所が併設されており、
緑茶または特産のジャスミン茶を片手に、
のんびり過ごす人々も大勢います
留園

また、高価な大湖石をふんだんに使っている、
奇岩庭園として有名な『獅子林』には、
一旦入ると迷路のような築山もあり、
「よくぞここまで!!」という驚きと同時に、
ついつい遊べる楽しさもあります
獅子林


その他にも、 春秋時代の呉の国王が埋葬された「虎丘」や、
(虎丘塔は今は少し傾いているので、中国のピサの斜塔と称されます)
唐代に建立された名刹「寒山寺」、「北寺塔」等
古い遺跡建造物 も多数存在しています
中国の斜塔


新しいスポットとしては、市中心の歩行者天国「観前街」から
東に少し行った所にある『平江路』です
平江路
石畳の小さな通りなのですが、従来の古い民家を改築し、
プチホテルやカフェ、アートギャラリーなど、話題の場所が
ここ2年ほどで続々登場し、地元の若者のみならず、
情報通の外国人観光客からも注目されています


あっちこっち観光地を廻っていると、お腹が減ってくるのが人の性
李公堤国際風情商業水街
市街の東に位置する「金鶏湖」の、南湖畔にある
『李公堤国際風情商業水街』は、2006年末にオープンした
レストラン街で、各国料理のレストランが軒を連ねています
ディナータイム
ディナータイムになると、各店のライトアップが湖畔を美しく彩り、
昼間とはまた違った風情を醸し出します
周辺にはリゾートホテルやアウトレットモールもあり、
今後も楽しみなスポットの一つです

蘇州料理は、江蘇料理の流れを組み、
味付け等上海料理にかなり近い物があります
また、太湖でとれた新鮮な海老・蟹・魚などの
食材が豊富です(蘇州麺も有名です)
蘇州麺

いかがでしたか?
上海から直ぐですので、日帰りで十分楽しんでこれます
休みの際は、ぜひ行ってみてくださいね
それでは、今日もここまで
(*≧ω≦)ノ~~~再見!!





良かったら、クリックしてください

   ↓




┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:54:07 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/217-cf109263
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。