== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 山西省 ==

五台山!!

今日はやっと五台山のご紹介です ヾ(・(x)-。)
五台山

『五台山』は、中国山西省東北部の忻州市五台県にある
古来からの霊山で、仏教では「文殊菩薩」の聖地として、
古くから信仰を集めています
(ちなみに高知市にある「五台山」は、ここと地形が
 似ている事から、これに肖って「行基」が命名しました)
五台山位置

標高3,058mの高地で、旧字表記では「五臺山」と書きます
(別名は、「清涼山」と呼ばれています)
山名の由来は、【東台 望海峰】・【西台 挂月峰】・ 【南台 錦綉峰】
・【北台 葉頭峰】・【中台 翠岩峰】の五つの主要な峰によって
構成されている所から来ていて、その歴史は北魏まで遡ります

山内には、北魏の時期に「大浮図寺」と呼ばれる寺が建立され、
それ以後も多数の山岳寺院が建立され、最も繁栄した時期には、
300以上の寺が林立していたといわれています
現在でも、台内に39ヶ寺、台外に8ヶ寺で、合計47ヵ寺の寺院があります

五台山風景
日本からも平安・鎌倉時代の入唐僧や入宋僧の多くが、
天台山と共に率先してこの山を訪れました
その中でも、五台山を訪れた2人目の日本人「円仁」は
知っておられる方も多いのではないでしょうか?
(1人目は、最澄とともに入唐しましたが、
 帰国せず五台山で客死した霊仙三蔵です)

また、チベット仏教の教徒の尊崇も集めており、
中国内地では、漢伝仏教とチベット仏教との
唯一の共通の聖地となっています


それでは、主な参拝できる廟宇を簡単にご紹介します

・菩薩頂
菩薩頂
菩薩頂は台懐鎮の霊鷲峰上に位置しています
五台山の「十大黄廟(ラマ廟)」の最初の廟でもあり、その建築物は
雄大で金と青に輝いていて、遠くから眺めるとポタラ宮殿を彷彿させる
ことから、ラマ宮とも呼ばれています
菩薩頂とは満州族語の呼び名で「文殊菩薩が住むところ」という意味です
記録によれば北魏の孝文帝時代に建立され、当初は「大文殊院」という名でした
唐代になって文殊菩薩がここに霊験を現し、その真の容姿を露にしたことから
真容院に改名されたといいます
菩薩頂は清朝皇室の廟宇となり、康煕帝は5回、乾隆帝は6回ここを参詣しています
山門前の碑楼も4柱、7楼の形式に造られていますが、これは五台山だけの
ことであり、全国範囲でも多くは見られない様式だそうです


・五爺廟
五爺廟
五台山に訪れる観光客の中で、五爺廟に線香をあげない人はいないと
言われるほど、五台山の中でも最も霊験あらなかな寺院の一つです
信徒は全国に広がっており、日本からの観光客も必ず訪れます
五爺とは、かって乾隆帝が悪天候に見舞われた際に
馬車を加護して功を立てたと言われています
五爺廟は万仏閣とも呼ばれていますが、敷地面積はわずか2000㎡しかなく、
もともとは塔院寺山門の東の属廟だった所です
そのため五爺廟には山門も牌楼もなく、楼には20ほどの部屋しかありません
それでも依然として五台山で名を馳せており、信者は後を絶たず
線香やロウソクが最も絶えない寺院の一つです


・仏光寺
仏光寺
五台山の多くの寺院が線香とロウソクが途絶えることはなく、
人で賑わっているのに対し、この仏光寺は一束の野のユリの
花のように片隅でひっそりとしている寺院でした
北魏の孝文帝は当時、五台山を訪れ南台の山頂に登った際に、
光芒が雲の合間に沸き起こり、孝文帝は文殊菩薩の仏光だと考え、
そこで光芒が出現したところに仏光寺を建立したと記録にあります
仏光寺の文物はいずれも国宝級であることから「アジアの仏の光」とも
呼ばれていて、中でも「東大殿」にいたっては、全国に現存する
極めて少ない木造建築の一つであり、国宝と呼ばれます
なお、中国には唐代の木造建築は殆ど現存しておらず、仏光寺は
その数少ない1つで、彫塑、壁画、題字と共に「四大絶品」と言われています


・顕通寺
顕通寺
記録によれば、顕通寺は漢代の明帝永平年間に建立され、
当初の名は「大孚霊鷲寺」と呼ばれていました
清の康煕26年(1687年)に大顕通寺に改名されました
五台山の「五大禅処」「十大青廟」の一つで、五台山の寺院の中で
規模が最大、歴史が最古であることから「祖寺」とも呼ばれています
(敷地面積は4万3700㎡、部屋は大小合わせて400を超えています)
今日の五台山仏教協会も、ここに設置されています
最も驚かされるのが、ここ顕通寺には全国でも非常に珍しい
千の腕と千の鉢を持つ「千釈迦文殊像」があります
(千手観音ではありません)


・殊像寺
殊像寺
殊勝寺は顕通寺、塔院寺、菩薩頂、羅睺寺と並んで
「五台山の五大禅処」と称されており、高さが10mもある
殊勝寺の文殊菩薩は非常に有名です
また、牌楼の前の下に、冬でも凍らないといわれる「般若泉」があり、
五台山の喇嘛寺が仏に供する「浄水」や「ダライ・ラマ」や
参拝に訪れた各皇帝も、この水を必ず飲んだそうです
(康煕帝が造らせたとされる茶亭跡が今も残っているます)
遠方から来た参拝者も飲むだけでなく、この水で眼を洗い、
家族や親友、兄弟の為に持ち帰ったそうです


その他にも「円照寺」「広宗寺」「碧山寺」「龍泉寺」「黛螺頂」
「慈福寺」「集福寺」「羅睺寺」「塔院寺」他、沢山の寺院等が
ありますが、長くなりますので紹介はここまでです
龍泉寺

最後に、今年ユネスコ世界遺産に登録された五台山ですが、
中国は世界文化遺産と世界自然文化遺産の複合遺産として
していましたが、世界文化遺産のほうだけが登録されました
尚、今回(中国ではないですが)2件目の世界遺産抹消が決まりました
ドイツのドレスデンにあるのエルベ渓谷なのですが、渓谷の中心部を
横切る橋の建設に着手したことによる景観の変化が要因だそうで
中国もせっかくこれだけの世界遺産があるのですから
是非気をつけて、後世に引き継いで行って欲しいですね
それでは、また
(●ω●)ノ “Tschüs!(チュース)”

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:37:52 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/248-e15f9e84
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。