== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 新疆ウイグル自治区 ==

民族の壁!!

(政府は騒動鎮火をうたっていますが)
ニュースはいまだウイグル暴動の事件で持ちきりです

暴動現場
日本でも結構報道はされている見たいですが、
さすが日本人!!対岸の火事のようですね(半分嫌味です)
Yahooニュースの海外ニュースアクセスランキングによると
事件の起こった6日のランキングは、
1位「ローマのレストラン、日本人観光客への「ぼったくり」で閉鎖」
2位「中国の動画共有サイトでは海賊版が見放題!
   日本の業界団体が対策に乗り出す―中国紙」
3位「【中国ブログ】中国人の印象が悪い現実とその理由(2)」
         ・
         ・
ウルムチ騒乱関連は5位以下でした(最高位で5位)
ほんと日本人が巻き込まれていなければ無関心ですね(笑)


経緯
暴動の内容・経緯については、皆さんもニュースで
見られていると思いますので詳しくは書きませんが、
今言われている中で一番有力なのが6月に起きた
工場での喧嘩が事の発端と言われています
ですが、このときの報道にももんだいがあったようで
「6.26」事件は典型的な社会治安事件であるのに対し、
海外のマスコミなどはより大げさに発表した為、
よって真相を知らない一般市民を扇動し、デモ行進させ、
民族の団結を深刻に破壊したという意見も市長から出ています


武装警官隊訓練中
ただ、一連の報道を見て、今回も中国政府の偏った考え方に疑問をもちます
どのTV報道もウィグル民族が漢民族にたいして暴力を振るっている
という内容の報道ばかりで、第三者の視点から見ても
「ウィグル人は悪いやつらだ」という内容ばかりです
ネット掲示板などでも、ウィグル=悪説でもりあがり、ちょっとでも
庇護すると「お前はウィグル人か!!」とたたかれています
また、中国政府(新疆ウイグル自治区ウルムチ市政府)は
夜間外出禁止令を解き、暴動は収まったとして、外国メディアの
取材も受け入れ初めていますが、実際に現地に行った記者によると
いまだ完全に収まった兆しは見られず、何処にいても誰かに
監視されているようだと話しています
その上、海外の中国大使館でもデモ(暴動)が起こるなど、
まだまだ根底からの解決には程遠い様子
いや、今の中国の考え方では、解決は出来ないかも

平和を願って
<子供達が平和を願って、手形で国旗を書きました>
日本でも(まだ一部は残っているようですが)民族の壁は、
根深い物ですし、ましてチベットの一件もありますので
まだまだこれから一騒動あるかもしれません
「漢族が偉い」とか「中国は漢民族の国」という
くだらない考え方をせずに(特に政府!!)、
同じ亜細亜の人間なのですから、仲良くできればいいのですけどね
皆さんも仲良く!!
(・ω・)V The world be peaceful!



┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:54:24 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/252-c17f34be
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。