== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

はや1年が過ぎました!!

早いもので、ブログを始めて1年以上経ちました ヽ(^ω^ )
杭州湾海上大橋
1年前と言えば、世界最長の海上橋「杭州湾海上大橋」が
2008年5月1日に開通して、リポートしていましたが、その後は?


まずは、おさらい(笑)
2002年 『杭州湾大橋プロジェクト』の概要決定
杭州湾大橋は、杭州湾を跨ぎ、浙江省の嘉興市と寧波市を直接結ぶ
6車線の道路橋で、完成すると全長36kmの世界最長の海上橋梁となります
プロジェクトの総事業費は160億人民元で、建設工期予定は2003年から
2007年までの5年間で、北の主航路は支間448m、35,000t級、
南の副航路)は支間228m、3,000t級の船舶が航行可能としています
地図
2003年 工事の認可が下りる
2004年6月 8日 起工式を挙行(工事着工)
2007年6月30日 無事貫通、
2008年5月 1日 開通


工事中風景
この橋の完成によって上海から寧波までの距離が400kmから120km程度に
まで短縮され、移動の所要時間はわずか2時間になりました
通行費は普通乗用車1台につき80元(約1120円)です
大橋建設に掛かった総投資額は118億人民元(当時換算で約1750億円)で
そのうち65%が政府、残り35%は浙江省の民間企業17社からの投資です
ちなみに、この金額が高いか安いかについてですが、
日本の「瀬戸大橋」は全長が13.1キロ 総工事費は113380億円、
東京の「アクアライン」が全長15.1キロ 総工費144090億円掛かっています
1キロ橋を作るのに950億も掛かる計算になりますよね!
で、「杭州湾袴海大橋」は1750億円と、日本国内の海上に掛かる橋の
20分の1以下のコストで出来上がっています、さすがは中国w


で、いまの「杭州湾袴海大橋」ですが、特に変わりはありません(アレ?)
ドライブイン
両側のドライブイン(パーキングエリア?)の整備は殆ど終わり、
飲食店の店舗なども並んでいるようですが、中央付近に建設中の
大橋海中展望台『大鹏展翅』(2009年末までに完成予定)の方が、
まだ完成してない為、橋の途中での休憩地点がありません(素通り)
この『大鹏展翅』は建設をはじめて14ヶ月経ちますが、このほど
主体部分が完成して、何とか年内完成に間に合いそうな様子です
主体部完成

あと注意事項ですが、皆さんは基本的に中国に行かれても
自分で車を運転する事はないと思いますが、この橋の上でも
結構事故が多く、また自己中的な中国人も多いです
くれぐれも↓のような事はしないで下さい><
馬鹿しないで下さい
↓のような結果になっても知りませんよw
後ろからドン


最後に、この橋は海上橋では世界一ですが、橋としては世界2位になります
世界最長の橋は、アメリカのポンチャートレイン湖にかかる
「ポンチャートレイン湖コーズウェイ」(全長38.4キロ)です
第3位は中国の洋山深水港と上海市とを結ぶ「東海大橋」(全長32.5キロ)で、
この杭州湾袴海大橋ができるまでは世界2位の橋でした
ポンチャートレイン湖コーズウェイ
Lake Pontchartrain Causeway

それでは、今日もこれまで
( ・ω・)ノまたね~♪

┃ テーマ:ブログ ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:4 ━ Trackback:0 ━ 14:39:03 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

Uo・ェ・oU/゜・:*【祝一年】*:・゜\Uo・ェ・oU
これからも 楽しみにしていますです♪
大鹏展翅も完成したら リポートしてきてくださいね
確かに~景色がすごくよさそうですから 事故もありそうですよねw くれぐれもご安全に!(゜∇^d)
masoさんへ
有難う御座います!渡ってみると海と言っても物凄く浅いのに驚かされます!深い所は真ん中辺りだけでした。大事業なのに早く出来たな~って疑問が解けました。話は変わりますが、やはり動画は見えませんでした。日本側が、ブロックしてる様です!残念!また、masoさんは、カエル様がお好きみたいですが、此方でもよく玉(ぎょく)等で作ったカエル(大きいカエル)の置物が災難除けとして信じられてるみたいで大事にされていますよ!ご参考までに!   ではでは!
ももたろうさん いつもご訪問ありがとうございます。

それにしても中国の復興振りは凄いですね。
今回のような不況時の対応は、共産国家の方が、国のプランを強引にすすめることができるので合理的かもしれません。

今回、自由主義というか、市場原理主義は、決して良い面ばかりではなく、良いときも悪いときも行き過ぎる傾向があることがはっきりしたと思っています。

自由な部分と規制が必要な部分のバランスが重要かもしれません。

中国はその辺をうまくやってますね。勿論陰もありますが。日本ははたして対応していけるんでしょうか?

ただ、中国の運転マナーはかなり悪そうですね(汗)
Re: タイトルなし
こちらこそ、御訪問&コメントありがとうございます。

そうですね、政府が牛耳ってるって言えば言葉が悪くなりますが、
政府が全てを独断で行える点は評価できるかと思います。

ですが、逆に雁字搦め及び政府無関心の2通りに偏る事が多く、
政府としては対外(海外)的に体裁を図るばかりで、
地方までちゃんと管理できていないのが現状です

自由主義と共産主義、どちらも一長一短ですので
両方の良い所だけを使う事ができたら、良いんですけどね

中国の運転マナーは、本当に酷いです(笑)
またいつでもお越しくださいね





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/253-45fe2bde
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。