== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== その他 ==

たまには故郷を!!

当ブログは(一応)中国専用なのですが(笑)、せっかく一時帰国
してますので、たまには故郷のご紹介をします ヽ(^0^)ノ

風景
(  ̄ヘ ̄)L おひかえなすって!おひかえなすって!

早速のお控え、有難うござんす
向かいまする上さんとはお初にござんす
手前、生国は伊豫國、名はももたろうと申す
しがないかけだしもんにてござんす
行く末、お見知りおかれましてお取り立ての程
お願い申し上げるでござんす
道後温泉

と、まあ時世(?)の挨拶は置いときまして、
私は生まれも育ちも、島国「伊予之二名島(四国)」の
伊予国(愛媛)で、今は松山市に住所を置いています
前置きが長くなりましたが、今日は松山のアピールをしますw


松山市といえば、愛媛県の県庁所在地として中心的な市です
人口約51万5千人、面積は429k㎡と上海の閔行区と同じぐらいです
かってに対比w
全国的に有名なのが、やはり【道後温泉】ですよね
道後温泉は日本三古湯の一つで、「にきたつ」(煮える湯の津の意)
という名で、万葉集巻一に出てきます
(伊予国という名前は、湯国(ゆのくに)が転じたという説もあります)
道後温泉本館は別名「坊ちゃん湯」とも言われ、1994年に
国の重要文化財(文化施設)としてしていされました
道後温泉本館
日本国内でもひときわ古い、3000年もの歴史を持つといわれていて、
(冠山から、約3000年前の縄文中期の土器・石鏃が出土している)
神話の昔はもちろん、史実上の記録に登場する温泉として見ても、
日本最古級の歴史を持つ道後温泉の逸話をちょっとご紹介w

・白鷺伝説
白鷺伝説
昔、足を痛めた白鷺が岩の間から流れ出る湯に浸していたところ、
傷は癒えて、飛び立って行くのを見て、村人が手を浸すと温かく、
温泉であり、効能を確認したという伝説です
道後温泉には、その白鷺が舞い降りた跡が残ったものといわれている
鷺石があり、市内電車の駅前の放生園の一角に据えられています
白鷺は道後温泉のシンボルの一つです
鷺石

・伊予国風土記逸文
神話の時代、大国主命と少彦名命が出雲の国から伊予の国へと旅を
していたところ、長旅の疲れからか少彦名命が急病に苦しみました
大国主命は小彦名命を手のひらに載せて温泉に浸し温めたところ、
たちまち元気を取り戻し、喜んだ少彦名命は石の上で踊りだしたといいます
この模様を模して、湯釜の正面には二人の神様が彫り込まれています

・皇族専用浴室(又新殿)
又新殿
596年に厩戸皇子(聖徳太子)が病気療養のため道後温泉に
滞在したことが伊予国風土記逸文に記されています
皇子は伊佐爾波の岡に登り、風景と湯を絶賛し、記念に
碑文を遺したとされていますが、その現物は発見されていません
これをはじめとして、日本書紀や伊佐爾波神社の社伝によると、
景行天皇・仲哀天皇・神功皇后・舒明天皇・斉明天皇・
中大兄皇子(後の天智天皇)・大海人王子(後の天武天皇)など
多くの皇族方が行幸したとされています

・文豪「夏目漱石」
我輩は猫・・・?
漱石が松山中学の英語教師として赴任したのは、本館の完成した
翌年のことですが、漱石はその建築に感嘆し、手紙や、 後の小説
『坊っちゃん』の中で「温泉だけは立派だ」と絶賛しています
実際に、頻繁に通っていたそうで、手紙によれば、8銭の入浴料で
「湯に入れば頭まで石鹸で洗って」もらうことができ、
また3階に上れば「茶を飲み、菓子を食う」ことができたようです
(小説には「住田」の温泉として登場しています)


市内を観光するのに便利なのが路面電車の「坊っちゃん列車」
坊っちゃん列車
坊っちゃん列車は、非電化・軽便鉄道時代の伊予鉄道に在籍した
蒸気機関車(SL)および、そのSLが牽引していた列車のことで、
小説「坊っちゃん」の中で、軽便鉄道時代の伊予鉄道が
「マッチ箱のような汽車」として登場しており、四国・松山の
中学校に赴任する主人公の坊っちゃんがこれに乗ったことから、
坊っちゃん列車と呼ばれるようになりました
現在復元運行している列車は、蒸気機関車(SL)ではなく
ディーゼル機関ですが、その風貌は当時のままです
走行中も良いですが、市駅での人力による方向転換作業も見物です
(松山の路面電車は、全国でも数少ない「平面交差」になっています)

もうひとつ便利なのが「マドンナバス」
マドンナバス
日曜・祝日のみの運行ですが、乗車1回200円で
市内各所をぐるりと廻ってくれます

長くなってしまいましたので、続きはまた明日のブログで
それでは (^ω^)ノ See you next day!!


┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:4 ━ Trackback:0 ━ 19:32:48 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

素敵なところ☆
こんにちは!
初コメントさせていただきます^^
ももたろうさんの故郷は愛媛なんですね!
写真を拝見しましたが歴史もあり、とても素敵なところですね。

私の友達は愛媛出身なのですが出会った当初、
なんともかわいらしい方言で話していたのを覚えています。
こんぴよさんへ
何時もご訪問有難うございます!
1週間程、帰ってます。帰る前の蘇州の事件、聞く所によると私の知り合いの会社の従業員が
起こしたらしく、その工場も当局に閉鎖させられていて、反日運動も起こってるらしいのですが
大丈夫ですか?それと、そちらは、とにかく暑いでしょ~!身体に気を付けて中国語のお勉強
頑張って下さいね!
はじめまして。 少し前から読ませていただいていました。 とても素敵なブログですね! 今回は故郷のお話なのですね。 夏目漱石の小説 好きなものですから、思わず見入ってしまいました。 よいところですね。

リンクフリーとありましたので、リンクさせていただいちゃいました。 また次回の記事も楽しみにしています。
シャイドリーマーさんへ
リンク有難うございます!貴女のブログも気になって訪問させて頂いてます!
今後も楽しみにしていますのでどうぞ宜しくお願いしますね!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/257-8171d8c1
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。