== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 山東省 ==

青島!!

「おお!あれに見えるが、ターナー島か!!」 <(゚ー゚*)
ターナー島
って、これは我が故郷愛媛の「青嶋(本名:四十島)」でしたw
(わからない人は、小説「坊っちゃん」を読んで下さい)


しょっぱなからボケた所で、今日も「青島市」のご紹介になります
昨日も書きましたけど、ドイツの支配下が長かった為、いまでも
街のあちこちにドイツ風の建物が残っていて美しい景観を
醸し出しています(さすがに中心部はビルが多いですけどw)

(とりあえずビール関連は最後にしてw)
観光スポットに良く入っている所を、簡単に紹介しますね

天主教堂
「天主教堂」はカトリック教の教会です(1932年着工-1934年完成)
青島では、ドイツの統治と同時にキリスト教各派の布教活動が始まりました
天主教は1898年に布教活動を始め、1925年には市内の各所に教堂が
出来るまで発展し、1932年にドイツのカトリック教会からの寄付を元に、
今も残る天主教堂が建てられました
場所は中山路の東側にあり、青島地域で最大のゴシック建築とまります
現在は改装(修繕)工事の為閉鎖していますが、今月中には終わる予定です
(大人料金:6元 こども料金:学生3元)


基督教堂
「基督教会(基督教堂)」はプロテスタントになります
プロテスタントの初代総督の保護の下、1910年に建てられました
場所は江蘇路で、青島迎賓館と総督府跡の中間付近にになります
城と勾配のある屋根を持ち、まるでドイツの古城を思わせる様な、
表面が複雑に構成された美しい建築物です
(大人料金:7元 こども料金:学生4元)


迎賓館
「迎賓館」は、1905年にドイツ総督官邸として建造されました
1930年代から当時の国民党政府要人がよく宿泊したので、
迎賓館と呼ばれるようになりました
高さ30m、建築面積4,080㎡の建物は、100万マルクを費やして
建てられていますが、建設させた総督本人は、
お金を使いすぎで、首になったそうです
以前は一般観光客も宿泊できたそうですが、現在は青島市の
重点文物保護単位として保護され宿泊することはできません
(入場料10元)


桟橋
「青島桟橋(践橋)」は、青島のシンボルとして有名な所です
あの青島啤酒のロゴマークにも使われているくらいです
桟橋の先端に「回瀾閣」という建物があり、1931年に造られました


花石楼
「八大関」は1930年代に建設された別荘地区で、2002年に
中国国家文化財に指定されています
この地域にある8本の道に、中国8箇所の関所の名前が付けられたので、
八大関と呼ばれるようになったと言われています
中でも代表的な建物は「花石楼」で、ここは以前ドイツ総督の別荘でした
1940年に「蒋介石」が泊まったことで有名です


青島の町並みを眺めるなら、青島テレビ塔の展望台も悪くないのですが、
ここはガラスが汚いので、曇って見えます(今は掃除してあるのかな?)
「小魚山公園 」の「覧潮閣」(三層八角構造)から観るか、
「信号山(別称:五龍山)」の展望台から眺めるのがいいと思います
(信号山も屋内の方は汚いので、屋外の方でw)


崂山
ちょっと郊外になりますが、「崂(ラオ)山」も有名です
東側と南側を海に囲まれた道教の聖山で、
山中には数多くの道教建築が点在しています
山全体が黒色花崗岩でできていて、り奇岩怪石が多く、
秦の始皇帝、前漢の武帝、斉の景公などともゆかりが深い所です
清らかな湧水が湧いていて、これは「青島啤酒」の原料水でもあります
市街地からのアクセスが至便なため、カジュアルな登山にキャンプに、
またふもとでは海水浴と、気軽に訪れることができます


青島啤酒博物館(工場)
さあ、最後になりましたが、「青島啤酒博物館」
ここはその名の通り、啤酒(ビール)の博物館で、
青島啤酒の創業地工場に設立さています
工程
内部には昔のビール作りの工程や器具、樽などが展示されています
青島ではビールを買ってもって帰る際にビニール袋に入れて
帰っていたそうで、ちょっとビックリです
酒の量り売りと同じですけど、ビニール袋って・・・w
最後にお待ちかねの出来立てを試飲できます
濾過前のビールはいつも飲んでいる物よりも味が濃厚で、
コクがあり美味しいです(濾過前ですのでアルコール度は高めです)

飲みすぎ注意
1Fには、青島ビール飲み放題バーや、青島ビールグッズを売っていたり、
バーの隣の撮影スタジオで撮影すれば、オリジナルの顔写真ラベルの
青島ビールを作る事が出来たりと、楽しみが満載です
(未成年や飲めない方には・・・><)

ビール通り
また、この博物館前の通りは、通称「啤酒通り」と呼ばれていて、
夜には多くの店が屋外で営業しにぎわっています


どうですか? 青島は良い所ですよ
私も書いているうちに、飲みたくなってきましたw
あ、青島では8月の第2週から、毎年恒例の
「青島ビール祭」が始まってます
2009青島国際祭
16日間程行われるこのお祭りでは、世界各国の
ビール会社も協賛・出展して盛り上がります
これから中国観光に行かれる方いるなら、
観光コースに入れると、いいと思いますよ
それでは、今日もこの辺で
(・ω・)ノ 飲みすぎに注意!!

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 19:58:50 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

 こんばんは。

中国のビール工場の内部なんて興味深いですね~。

 日本ではサントリーとキリンが合併されるなど、すごい事になっています。

 又、前日の日記ではボイラーの様に暑い所があるとの事。島田シンスケもびっくりですね☆
さえぼ 様&カンコ 様
さえぼ 様&カンコ 様どちらが本当?
三浦Zボイラーも松山が本社ですよ~~!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/271-a592c5d6
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。