== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 北京 ==

北京!!

さすがは北京、良くも悪くも近代化が進んでますね
北京の町並み
コメントにも書いて貰ってたように、北京五輪のせいで古き良き建物などは
無くなってますが、その分利便性はあがってるような気がします
空港もほぼ24時間、国内・外に便がありますしw
いつぞやの写真(笑)


せっかくなので(廻れてませんが)北京の観光スポットを紹介します

まずは有名な「天安門」
天安門
元は(今も?)世界遺産「故宮(紫禁城)」の正門です
楼上で毛沢東が中華人民共和国の建国宣言を行ったり、
中華人民共和国の国章にもその姿が描かれるなど、
中華人民共和国の象徴とされています
ここの管理はすごく、少し前も毛沢東の写真が燃やされる
事件がありましたが、一晩の内に元通りになっていました


「故宮(紫禁城)」は、明清朝の旧王宮である歴史的建造物です
紫禁城
世界遺産の文化遺産として、ユネスコに登録されています
面積は 725,000m?も あり、世界最大の宮殿の遺構になります
紫禁城
現在は、博物館(故宮博物院)として使われています
入場料は一般40元(4月から10月は60元)になりますが、
中に別料金の所があります
(珍宝館、景山公園、天安門の楼上など)


「景山公園」は紫禁城の北側にある人工の山を中心とした公園です
景山公園
明・清代の皇帝の庭園となった山で、紫禁城建設の際に
元の宮殿であった延春閣の跡地に、堀を掘った時の残土で
五つの峰を形成する形に作られました
景山公園
紫禁城に邪気が入ることを防ぐために、紫禁城の真北に
作られたと言われていて、これは「背山面水」という
風水の考え方からきています


「万里の長城」、これはもう何度も書いてますので
説明は要らないですよね(笑)
万里の長城
年々老朽化が進み、観光(登れる)出来る範囲が
狭くなってはきてますが、偉大なる人類の遺産ですから
できれば、これからもずっと在り続けて欲しいですね


「周口店の北京原人遺跡」は、文化遺産としてユネスコの世界遺産に
登録されている、京原人の骨や遺物の発掘現場です
周口店の北京原人遺跡
周口店遺跡とは、250,000年前から400,000年前に住んでいた
と思われる北京原人の遺跡で、遺跡からは歯の化石や
完全な頭骨などが発見されました
(1941年に頭蓋骨は紛失したままですが)


「明・清王朝の皇帝墓群」
明の十三陵
こちらも世界遺産に登録されている、中国の古代王朝「明」と「清」、
ならびに清の前身「後金」の25人の皇帝の陵墓群のことです
ちなみに『陵墓群』という事なので、北京には明の13人の皇帝の陵墓
しかなく、それ以外の分は 湖北・河北・江蘇・遼寧に散らばっていて、
これらを全部ひっくるめて明・清王朝の皇帝墓群と呼びます
(2000年に登録後、何度か追加登録されています)


「天壇」
天壇
元々は天地壇と呼ばれていましたが、1534年に天壇と地壇に
分離され、天壇と呼ばれるようになった、明清代の皇帝が天に対して
祭祀(五穀豊穣や雨乞い)を行った宗教的な祭壇です
直径32m、高さ38m、25本の柱に支えられる祭壇で、
現存する中では最大の祭壇になります
木造で宝頂には金メッキ、屋根は瑠璃瓦葺きの三層になっており、
明の時代には上から青、黄、緑となっていましたが、
1751年にすべて青色に変えられました
1889年落雷の為欠損していますが、1906年に再建されました
ちなみに、地壇は東城区の安定門外にあり、地の神に対して
祭祀を行った宗教的な祭壇となります

地壇
<天壇と地壇>
1.天壇は紫禁城の南東に造られていますが、地壇は紫禁城の
 北東に造られており、これは古代中国の天南地北説からきています
2.天壇は円形の建物であるのに対して、地壇は方形の形をしています
 これは「方(四角)は地を表す」の言葉に従っていて、
 中国の天円地方の宇宙観を体現しているとも言えます
3.「天は陽、地は陰とみなす」という陰陽思想に従い、 天壇の石塊や、
 階段、柱などはこぞって奇数(陽数)で構成されています
 一方地壇は全て偶数(陰数)で構成されています

あ、勿論天壇も世界遺産に登録されています


「頤和園」は、元北京の皇帝の庭園で今は公園になっています
頤和園
その歴史は古く、1153年に金朝の「海陵王」が、頤和園内の香山、
玉泉山に金山行宮を設置したのから始まります
その後も正徳帝や万暦帝、天啓帝と避暑地として整備され、
乾隆帝の頃に頤和園の前身「清諸ハ園」が造られました(1764年)
一度は消失しましたが、日清戦争の頃、庭園は再建され頤和園と改称し、
離宮とされた西太后の避暑地として利用しました
1953年に頤和園は公園となり、一般開放されました
1998年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録しています


こうしてみてみると、北京には6つの世界遺産があります
定番をご紹介しましたが、この他にも北京動物園や
広済寺、雍和宮(チベット仏教の寺院)、白雲観(道教の寺院)、
天寧寺、碧雲寺などの寺院、変わった所しては、
書・画骨董や文房具の町「琉璃廠(リウリーチャン)」、
下町情緒あふれる庶民の町「大柵欄(ターチャーラン)」、
大道芸人の町天橋(ティエンチアオ)」などもあります
琉璃廠
北京も広いですし、1日で廻りきるのは難しいかもしれませんが、
北京に訪れた際には、ぜに廻ってみてはいかがでしょうか?


あ、私ですが、仕事が予定より早く片付いたのですが、
上海の方に仕事を残してましたので、結局観光もせぬまま、
昨日の夜中の便で上海に帰りました
今は上海の自宅です (≧△≦)

それでは、今日もここまで
(’ω’)ノバイチャ♪

北京土産にいかがっすか?w

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:6 ━ Trackback:0 ━ 16:00:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

意外と・・・
北京には2,3度しか行った事がないので、見たことないものが色々あります。
天津には見所が殆どないですが、北京は意外とありますね。
浪漫飛行 様
コメント有難う御座います!
見所はあるんですが....................何処へ行くにも交通渋滞!!
市内の道路中央にある鉄柵を何とかしないと、ず~とず~と左折が出来ないので
当然の結果である!何とか改善出来ないものでしょうかね~!


















北京は昨年の夏、オリンピック開催前に行きました。
タクシーがなかなか拾えなくて苦労しました。
でも歴史のある都市なので世界遺産など観光名所は多いですね。もう一度行きたいです。
mr.slim 様
コメント有難う御座います!
春、秋なら宜しいかと...............夏は暑すぎでした!
また行かれるのであれば、21世紀飯店前に(蔵善)と云う日本料理店があり、オーナー兼料理長の小林さんがいらっしゃいますから是非いらして見て下さい!北京20年ですから何でもご存知ですよ~!
綺麗!
北京もすごく素敵なところですね~
天安門広場と万里の長城くらいしかしらなくてお恥ずかしい…
中国は広いから、全然雰囲気違いますよね~
こんぴよ 様
コメント有難う御座います!
天安門広場はすぐ近くなんですけど後の観光地は遠くて..
また、仕事で今月末にも訪れる予定です!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/275-a02c7f04
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。