== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 江西省 ==

陶磁器の街 景徳鎮市!!

今日は、景徳鎮市のご紹介です ~~旦_(^▽^*)
景徳鎮市
なんでも鑑定団でもたまに出てきますが、中国江西省景徳鎮市は、
昔から陶磁器の有名な所です

景徳鎮市
総面積5,248km²、人口約44万人と小さい市ですが、史籍の記録
によると、景徳鎮の陶器の歴史は、漢の頃には始まっており、
宋代には「假玉器」と呼ばれる青白磁が出来ており、
その模様はきめ細かく、色合い・光沢も巣晴らしい物で、
国内宮廷だけでなく、欧州、イスラム圏など海外諸国にも
広く輸出されました(chinaの語源にもなったそうです)

陶器
一度は衰退していましたが、中華人民共和国成立後、
生産手段の社会化と科学技術の広範な応用により、
古い手製の磁器業の生産管理を近代化させる方向で発展し、
景徳鎮の陶磁器は再び息を吹き返しました
景徳鎮の磁器は、その特有な芸術の魅力で、
国内外問わず多くの人々の称賛を受けています

明代の作品
また、広東省佛山、湖北省漢口、河南省朱仙鎮とあわせて、
「中国4大名鎮」と呼ばれています



「景徳鎮御窯遺跡博物館」
景徳鎮御窯遺跡博物館
景徳鎮御窯遺跡博物館は、御窯厰遺跡の中にあります
御窯厰は、明清の時代に宮廷のご用達の窯として、
明光武二年(1369年)に作られました
清の乾隆二年の浮梁県景徳鎮厰署には、
「この窯は、里仁の都にある珠山の南側に、陶(磁器)を作る為に、
明光武二年に建設した」と記載されています
1643年の明王朝滅亡後、現在の御窯厰(前の名前は解らず)に
名称が代わり、1911年の辛亥革命が起こるまでの間、技術・技巧など
精錬されながら6世紀に渡る長い間生産され続けられてきました
2004年には、貴重文化遺産などが大量に発掘され、
省級文物保護に指定されました
景徳鎮御窯遺跡博物館
博物館には発掘品だけでなく、陶磁器の歴史を知る上での
貴重な資料が展示してあり、展示された陶磁器は、
この上なく精巧で美しい作品ばかりです



「浮梁古県衙」
浮梁古県衙
市街の東北部にあり、国家AAAA級の観光地区に指定されています
唐元十二年(817年)に建てられ、江南の第1役所として使われてきました
1987年には国の重要文化保護財を受けています
敷地面積は6.8k㎡、5つの建物と一つの塔で構成されています
2002年に資料館及び、茶陶器博覧園として一般解放されました

・古県衙:唐元十二年に造られた、江南で唯一の封建時代の役所

・千年紅塔:仏名「大圣宝塔」といい、961年に建てられました
        塔の高さは40.47mで六角形の9階構造になっています
        この塔からの夕日は、昌江8景の一つになっています

・歴史文化長廊:長さが312mもあるこの回廊(長廊)は、
           床前面が染付け磁器のタイル貼りになっています
           全部で216枚のタイルには、磁器の文化やお茶の文化、
           1300年余りの間の珍しいニュース等が記載されていて、
           歴史を感じ見る事ができます

・城門楼:入り口にあたる城門の高さは15.6m、城壁は8mあります
      どーんと聳え立つ城門の美しい景観は、雄大で壮観です
城門楼と歴史文化長廊




「景徳鎮陶磁器館(景镇陶瓷馆)」
景徳鎮陶磁器館
「陶磁器の都」と言われる景徳鎮の、1千年にも及ぶ
歴史的な陶磁器の数々が展示されています
特有の陳列方法で、一つの部屋に歴代の陶磁器が集められており、
磁器の悠久の歴史を一目で解る様なイメージで展示してあります
景徳鎮陶磁器館



「明清园」
明清園
景徳鎮の景徳鎮国際陶芸センター内にあります
景徳鎮の古代の町並みを再現してある園内には、
沢山の工芸美術形の作品が展示してあります



「景徳鎮民窯博物館」
景徳鎮民窯博物館
景徳鎮民窯博物館は、全国的にも有名な湖田古窯遺跡内にあります
(湖田古窯遺跡は国家級文物保護を受けています)
40数万㎡もある遺跡の下には、五代から明まで(西暦907年~西暦1644年)の
陶磁器の歴物が埋まっていて、陶磁器の技術史の上で重要な物となっています
博物館には、湖田古窯のそれぞれの年代での発掘物が陳列してある他、
貴重な文化財や考古の標本などが展示してあり、湖田古窯の歴史を知る上で
貴重な物となっています
景徳鎮民窯博物館
また、一部では「陶磁器の聖地」とも呼ばれているそうで、陶磁器の
歴史学研究者や陶磁器愛好者など、沢山の観光客で賑わっています



「洪岩仙境」
洪岩仙境
楽平市から東北に38km行った所にある洞窟です
ここは中生代に形成した石灰岩の鐘乳洞で、ゆうに1億年あまりの
歳月が経っています
全長1620mあり、総面積約8万㎡メートの穴の中には、
鍾乳石が天井から下まで伸びており、ライトアップされた鍾乳石群は、
幻想的な景観を醸し出します



「玉田湖風景区」
玉田湖風景区
玉田湖は、市内から東南19kmの位置にあります
ここはぐるりを山に囲まれ、山水は綺麗で、ここには毎年越冬する為
野生のオシドリの群れが沢山訪れます
魚釣りやモーターボートなどのレジャーも盛んで、
市民のちょっとした憩いの場になっています



中国の陶磁器の生産地としてはかなり有名な所なので、
知っておられる方も多いと思いましたが、いかがでしたか?
観光地の殆どが陶磁器関係(さすが陶磁器の街)ですが、
古美術とかに興味のある方なら、一度行ってみるのも良いかもw
それでは、今日もこの辺で
( ◎-◎)_旦 良い仕事してますねぇ

すっぽり

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 18:55:09 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

うわ~行ってみたいな~・・とは思うんですが・・
もう少し衛生面が良くならないと私には無理かな~と言う所なんですよね~。
さすがに歴史有る国で良い所沢山有るのにね・・。
パパなんか何処に行っても大丈夫なのに・・
お腹と・・神経が弱すぎる私です・・。
mimi 様
ご訪問&コメント有難う御座います!mimi 様も充分、神経を使う事してらっしゃるじゃないですか~!(笑)私には無理!確かにトイレには気を使いますが、観光で来られるのでしたら全然問題有りませんよ~是非、お出掛け下さいね!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/284-d3a7edfb
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。