== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 青海省 ==

しょっぱい湖 青海湖!!

今日は、青海省のご紹介です (^▽^)/
青海湖(ナムツォ)
青海省は中国西部にある省の一つで、
省都は以前も紹介した「西寧市」になります
青海省位置
全人口の半分は漢族ですが、残りの半数がチベット族や回族、
トゥ族・サラール族・モンゴル族などの少数民族が住まう土地です
省名の由来は、省内にある中国最大の湖「青海湖」
(チベット名:ツォティショギャルモ、モンゴル名:フフノール)
からきています

青海省
この省の領域の大部分は、チベット人自身による「アムド地方」に属し、
アムド地方の西部から中央部を占めています
東南部に位置する玉樹(キクド)の一帯のみ、カム地方に属し、この地や
周辺のモンゴル系住人を「デート・モンゴル(高地モンゴル)」と呼びます
2005年に省長に就任した「宋秀岩」は、中国で20年ぶりの女性省長になりました


青海湖(ナムツォ)
この地にある「青海湖」周辺は、中国でも避暑地として人気のスポットです
高原特有のカラリとしたさわやかな空気に青い空、
標高3196mの青海湖は、四方を緑の山に囲まれ、
茫漠と広がる草の海の中に落とされた一片の翡翠のごとく、
紺碧の波を陽光に煌めかせていて、とても神秘的です
白雲のような羊の群れを横目に草原を馬で駆け、夜は満点の星空を
見上げながらテントに眠れば、気分は遊牧民そのもの

馬に乗って
青海湖は、周囲360km、面積4583k㎡もあり、中国最大の塩湖になります
船での島めぐりも楽しめ、中でも「鳥島」と呼ばれる島では160種、
10万羽の野鳥を鑑賞することができます

野鳥の群れ
その他にも、チベット族の遊牧民が住む土地柄ですので、
羊肉のケバブ(あぶり肉)やヨーグルト、裸麦を原料とした
濁り地酒「青稞酒」などエキゾチックな美味の宝庫でもあります


青海省
ですが、最近の温暖化問題は、この青海省にも押し寄せてきています
チベット高原(青海省)にある万年雪(永久雪)の山々には、
氷河期からの氷があるのですが、年々それが溶け出しています
1961年から2008年の間に、チベット自治区の平均気温は
10年で0.32℃の割合で上昇しており、今年7月の平均気温は
1951年以来最高を記録しました
このままでは30年以内に、氷河は完全に消失すると予想されています
溶けるだけなら、景観だけで他に問題ないようにも思われますが、
実際その溶水による洪水のおそれ、その後の河川の減少による
水不足が起こる等、色々な問題が懸念されています


悪い話だけではありません(温暖化とは関係ないですが)
チベット高原では、絶滅危機の野生動物が
増加傾向にあるとの報告がありました
チルー
08年末から、測量、遠隔検出、水文学、地質、気象、環境などの
専門家調査チームが、黄河、長江、メコン川の源流域で
40日あまりにわたる総合的な調査を行った結果、
青海省ゴロク・チベット族自治州マトェ・ゾン(瑪多県)に
生息するチルーは4万頭以上で、10年前と比べ1万5000頭増加、
またキャンは3万頭以上で2000頭増加、バーラルは7000頭以上で
4800頭以上増加している事が解りました
その他の野生動物や野性鳥類も増加が顕著だといいます

キャン
黄河、長江、メコン川は、すべてチベット高原中腹の青海南部高原に
その源流があり、この一帯は現在中国や世界でも稀な絶滅危機に
ある大型動物の分布が集中している地域の一つとなっています


どうですか? 
残暑の中、高原で涼しい風を受けながら、馬に乗ってのんびりと・・・
モンゴルとはまた違った感じで、楽しめそうですね
機会があれば、ぜひ行ってみてください
但し、夏場でも寒いくらいなので、対策は十分に(笑)
それでは、この辺で
(^人^) ナマステ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 13:47:29 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

おはようございます。
衆院選は、民主党の圧勝と
台風11号が関東に上陸の恐れがある週明けです。

長く続く不況や年金、老人介護、子育てや教育などなど
問題山積みの日本をどう立て直してくれるのか
期待と不安が入り混じります。
でも、青海省のお写真を拝見していると、
その雄大さに不安なんて吹き飛ぶ思いです。

ところで、西安の女性はどんなタイプの方が多いのでしょうか?

今週も頑張って行きましょう!
ウイット 様
コメント有難う御座います!今、北京から戻ったばかりで結果は今知りました!政権交代でも、民主党は、個々は凄い人材が居るのだけどあくまで寄せ集め所帯今後纏まって行くのでしょうか?空中分解しなければよいのですが...........!中国は何処も見所一杯です!私が、西安を訪れた頃は、はっきり言って田舎の少女的な女性ばかりでしたが、今ではそう大連の女の子的な子が多く、体格が大きい人も多いようですよ~!また今では、此方のTVの美人コンテスト等にもよく西安の女性が出てくる様になりましたね~!やっぱり、ハルピン、重慶、成都辺りは外せません!ムッチャ可愛い、それともう1箇所注目は、内モンゴルの女性ですね~!最近のミスコン代表は、殆ど内モンゴル出身ですから!参考までに!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/286-62fcb367
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。