== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 寧夏回族自治区 ==

寧夏回族自治区

今日は寧夏回族自治区のご紹介です \(^▽^ )
寧夏回族自治区
寧夏回族自治区は、中国の中央辺りに位置する自治区です
首府は銀川市で、他の自治区に比べ総面積66,000km²、
総人口600万人とかなり小さな自治区になります
(ウィグル自治区の25分の一ほどの大きさです)
地図

この自治区はその名の通り、「回族」の自治区となりますが、
回族はイスラム教徒で長年の混血のため、外見上は漢族と
見分けがつかないほどですが、起源は元代に中国に入ってきた
トルコ人・ペルシャ人・アラブ人などの西域民族だと言われています
この回族が自治区人口の約三分の一を占め、残りは漢族となっています

その歴史は、秦の時代に属地「北地郡」として書物に登場しています
宋代には「タングート民族」が勢力を拡大してここに『西夏王国』を建国しました
西夏の都は現・銀川にあり、シルクロードを押さえて強盛を誇っていましたが、
北方のモンゴルに滅ぼされました
中華民国成立後には「甘粛省寧夏道」とされていましたが、1929年に
「寧夏省」に新設、中華人民共和国成立後は「甘粛省寧夏地区」になり、
1958年に省級の「寧夏回族自治区」が設置され、現在に至っています

寧夏回族自治区
黄河が流れる寧夏平原は昔から魚や米がよく収穫され、
「天下黄河富寧夏」といわれるほど農業が盛んで、その主要な
作物は平原北部では小麦・水稲・玉米・油菜・甜菜・西瓜、
南部では麦、胡麻などになります
また、中国でも上位に位置する著名な羊の毛皮の産地で、
全国各地に出荷されています
自治区全体のインターネット化は遅れており、
自治区政府の公式サイトは、今の所存在していません

寧夏回族自治区
観光としては、寧夏回族自治区には5つの地級市がありますが、
そこそこ有名な観光地の殆どが首府の「銀川市」にあります
これは、銀川市がこの地域の中心であった為、また中国でも
砂漠化が進んでいる地域の一つなので、過去の遺跡等が
消失(風化)してしまった為と言われています


「承天寺塔」
承天寺塔
この塔は、西夏天佑垂聖元年(西暦1050年)に創られました
承天寺は明代初期に廃れていますが、塔だけがいまも現存しています


「南関清真大寺」
南関清真大寺
承天寺塔のそばにあるお寺で、イスラムモスクになっています


「固原博物館」
固原博物館
この博物館は、固原市にあります
ここはは蔵民族歴史文物を特徴とする総合的
な省級クラスの博物館になります

その他の観光地は、次回の「銀川市」にてご紹介します
では、(^・ω・^)ノ 再見♪




ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:4 ━ Trackback:0 ━ 16:37:25 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

4,5日前から拝見しています。
古い中国のことは分かるのですが、今の中国のことは全く知りません。
ももたろうさんのブログは、写真も美しく記事も分かりやすくて、勉強になります。
お礼を申し上げます。
西森憲司 様
ご訪問&コメント有難うございます!お褒めのお言葉素直に嬉しいです!自分がその昔、中国を旅しててこんな案内があればいいのにって思っていたので、自分自身が経験を含め成るだけ判りやすく作って見て貰うつもりです!今後とも宜しくお願い致します!
砂漠化
中国の砂漠化は進んでいる様ですね。
ドンドン進んで行ったら・・・
砂漠化を止めるための対策もして行かないと行けませんね。
浪漫飛行 様
コメント有難うございます!いけませんが、役人達は自分自身のお金儲けにしか興味は無いみたいですよ~!保身と面子のみ!だから、前に進めない中国!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/299-7b495e02
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。