== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

時事通信9/24!!

今日は時事通信になります \(^▽^ )
南京のスーパーにて
長い連休になりましたが、日本でも色々あったみたいですね
中国でも騒がれたのが、漫画「クレヨンしんちゃん」の作者
『臼井儀人』氏の事故死、あれは一部で大騒ぎになっています

60周年
中国で連休と言えば、もう間近に迫っている「国慶節」
そう、10月1日の中国の建国記念日ですね
今年の国慶節連休は中秋節も重なり、10月1日から
10月8日までの8日間と、今までで最長の連休となります
この連休を利用して、国民2億人が国内旅行に出かけると
予想されるそうなのですが、今年の旅行先として
今最も人気があるのが北京市なのだそうです
中国版公式サイト「到到網」が合同で行ったネット調査の結果、
4515人の回答者のうち24.66%が国慶節旅行の目的地として
北京市を選択、次いで海南省三亜市、雲南省麗江市の順でした

国慶節
すでにここ数日間、北京市内の天安門広場や万里の長城の八達嶺、
北京五輪関連施設の「鳥の巣」や「水立方」などには、通常よりも
多くの観光客が訪れているそうで、北京市内の各宿泊施設も
連休期間中の宿泊予約が昨年より軒並み増加しており、旅行者の
申し込み人数が昨年比で50%増を超える旅行会社もあるそうです
調査レポートではこの人気ぶりを「北京五輪の余熱がまだ
冷めていないことと、建国60周年を北京市で迎えたいとする
国民が多いことにある」と分析しています

消霧車
もちろん、国民でさえこれですから、国が動かないわけ無く、
国慶節を必ず晴天にするために、航空機(輸送機)18機を投入し
史上最大の「消雨作戦」を準備中です
「人工消雨」は、雨雲が目的地に近づく前にヨウ化銀を打ち込み、
先に雨を降らせてしまうという技術で、北京五輪開会式など
重要なイベントで快晴を確保するために実施されてきました
さらに霧対策用に「消霧車」48両も準備されています
「消霧車」とはトラックの荷台にジェットエンジンを
備え付けたもので、10台前後で一列となって
エンジンを稼働することで、霧を吹き飛ばす車だそうです



国内旅行(観光)といえば、中国網から「欧州人から見た
人気の観光都市ベスト10」が発表されました

1位に輝いたのは、『広東省珠海市』
山と海に囲まれ、自然環境が豊かでリゾート地として人気
深センや香港にも近く、マカオに隣接していて、
最も早くに対外開放された経済特区になります
146の島を有し、中国では「百島之市」とも呼ばれています
広東省珠海市

2位は陝西省西安市
昔は長安と呼ばれていたこの市は、イタリアの探検家
マルコ・ポーロが記した著書の中に出てくるシルクロードの
出発地であり、街中いたるところに名所旧跡があります
3100年の歴史を持つ中国7大古都の1つとして有名です
西安市

3位は浙江省杭州市
こちらも7大古都の1つで、秦の時代から栄えた都で
2200年の歴史を有しています
国務院が認めた「重点風景旅游(観光)都市」と
「歴史文化名城」であり、現在は浙江省の政治、
経済、文化の中心地として繁栄しています
杭州市

4位~は、以下の通りです
「チベット自治区ラサ市」
「北京市」
「雲南省麗江市」
「雲南省昆明市」
「四川省成都市」
「河南省洛陽市」
「山東省威海市」



私達は生きていく上で、ずっと立っているのは無理で、
座ったり・寝転んだりするのは、当たり前ですよね?
中国のブログサイト「新浪博客」に面白い記事が
揚がっていましたのでご紹介します

『中国人はいつから椅子に座るようになったのか』
作者は李白という中国人ですが、中国の歴史において長い
時間をかけて起こった大きな変化について伝えています
まず椅子が伝えられたのは、西域との交易が盛んになった唐代、
この事がそれまで数千年ものあいだ定着していた「正座」の
習慣を変えてしまうことになったのだと言います
しかし中国と同じく椅子を使わなかった日本人と韓国人は、
今でも椅子に座らない習慣を保持しています
なぜ中国だけ椅子文化になり、日本や韓国はそうならなかったのか
椅子を並べる軍人

南京師範大学歴史学部の陳振教授は、唐代の大部分の時期、
中国でもまだ、椅子は身分の高い人や老人、病人、障害をもつ人など
限られた人々のために使われるに過ぎなかったといいいます
正式な席では、依然として正座するのが一般でした
しかし唐代が終わり、五代十国時代に、正座は姿を消し、
あぐらが主流になっていったとみられています
宋代初期には、正座とあぐらの習慣は依然保持されてはいたが、
椅子が身分の高い人々の間から順次普及していきました
そして北宋時代に決定的な変化が生じ、男性が椅子に座るのは
常識になりました(女性が椅子に座るのはまだご法度)
その後、南宋中期までに、女性が椅子に座るのも普通のことに
なっていったと記録されています
椅子

とはいえ、韓国はわかりませんが、今の日本も正座する若者は
そんなに居ないようにも思えますけどね
まあ確かに椅子でなく、お座敷で胡坐をかく人は多いと思いますけどw


そんな訳で、人間無事なら四本足→二本足→三本足に成っていく
訳ですから、これからも体に気を付けて生きたいですね
それじゃ、ここまで (^・ω・^)ノ またね~♪




ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 12:43:24 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

あ!しんちゃんだ~♪。
何だか久しぶりのような気が・・・
最近忙しかったり体調悪かったりしたからな~。
2枚目の写真凄く綺麗♪
mimi 様
ご訪問&コメント有難うございます!本当に残念でなりません!また1つ日本の文化が...........!これからも宜しくです!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/302-d493cc0e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。