== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

リニューアル!!

ブログのフォームチェンジしました \(^・ω・^)/
以前のフォーム
以前から使っていたフォームも愛着があったのですが、
プラグインが左一列しか使えなかったので、思い切って変更しました
(内容はリニューアルしてませんけどねw)

これから他の皆さんのように色々とパーツを増やしたいと
思うので、色々とアドバイスをお願い致しますね
できれば、鷹野冨士丸様のブログで紹介されているような
こんなの ↓↓↓

ButtonBeats.com

も載せたいんですけど・・・大きすぎてw
とりあえずブログペットでも飼ってみようかなぁ~と、思ってます


今日のブログ、これだけではなんなのでちょっと時事でも
皆さんもご存知の「インスタントラーメン(カップ麺)」
私は最近はあまり食べていませんが、以前はちょっと
小腹が空いた時などに重宝してましたw
このカップ麺の面白いブログがありましたのでご紹介します

中国ではお馴染みの・・・
程甚麼さんという人の「程視印象」というブログに
「初めてのインスタントラーメン」という記事がありました
「程さんが初めてインスタントラーメンを食べたのは1989年、
8歳の時で、北京から黒竜江省まで列車での長旅の中で、
車内での食事はインスタントラーメンだったそうです
現在も中国人の列車の旅の中では、食事は断然カップ麺が
多いそうです(さすがに飛行機では出ないですけどw)

包装には鶏のもも肉、キノコ、青菜など具材がたっぷり
載った、おいしそうな絵が描かれていますが、蓋をあけた
中身はというと面と調味料だけ・・・
「詐欺だ!」と思ったそうですが、まわりの大人達が実は肉も
キノコも砕いて調味料に入れてあると教えてくれたそうです
もっともその後、それがまったくのウソで、調味料には
一かけらの肉も入っていないことを知りましたけど
その後の記憶と言えば、中学校に上がってから夜食に
インスタントラーメンを食べるようになったこと
そのため今でもちょくちょく夜食で食べてしまう

列車での1枚
印象深いのは小学校の時、2袋の調味料が入ったインスタン
トラーメンが登場したことで、袋面を片手にした子どもが
「さくさくおいしい天方ラーメン、一番おいしい天方ラーメン」
と話すテレビCMを覚えているといいます
あの当時の味とはおそらくもうめぐりあうことはないだろう」

私も小さい頃の記憶に、カップ麺の思いでもありますが、
最近のカップ麺(特に日本の)は、考えてみれば
物凄い進化をしていますよね?
具材や麺も美味しくなっていますし、レトルトの具や
地方の有名ラーメン店の味など、物凄いです
(思えば値段も進化していますけどw)
中国でも最近のカップ麺には、味玉(レトルト?)が
入ったりしていて、昔のよりは食べやすくなっています
皆さんは、カップラーメンの想い出は何かありますか?


中国南部の湖南省あたりには、女性のみが使用・伝承する
世界唯一の文字『女書』(江永県に端を発することから、
別名「江永女書」とも呼ばれています)というのがあります
古い伝統を持つこの神秘的な文字を、中南民族大学科研
チームの手によってコンピューターに入力することが
このほどついに可能となったそうです
女書

中国の特別な女性専用文字である「女書」は、
長い間女性だけの手で広く伝えられてきました
中南民族大学の謝志民教授は数十年前、湖南省の少数民族の
唯一の「女書」継承者である「高」さんという老婦人に武漢まで
来てもらい、「女書」を書いてもらいました
謝教授は各文字を複写し、1つずつ紙に貼り、「女書」のテキスト
を組成、その後の科学技術の進歩に伴い、中南民族大学は
「少数民族文字信息(情報)処理研究室」を設立しました
謝教授のあまりにも大変な文字貼付作業を目の当たりにした彼らは、
コンピューターによる文字入力ができる入力法の開発を決めたといいます
数年間にわたる努力が実を結び、彼らはついに「女書」のフォントデータ
開発に成功、コンピュータに「女書」を入力することも可能となりました

スタッフの一人「朱」博士によると、中国の少数民族の典籍
(古い時代に書かれた貴重な書籍)は極めて数多いにもかかわらず、少数
民族文字の大部分はコンピューターへの入力手段が無いのが現状です
関連統計データによると、イ族の文字だけでも、手作業で整理した場合、
100年間という膨大な時間を要することになります
南西民族大学では、職員が少数民族文字の典籍1-2巻を整理するのに
1年かかりますが、、同学が所有している典籍は約3千巻に及ぶ量です
女書資料

今後も、その他少数民族文字の情報処理研究に力を注ぎ、
自分達が多くの少数民族文字の入力方法を軒並み開発し、
中国少数民族の「四庫全書」
(経・史・子・集の四部分類により編纂された中国最大の漢籍叢書)
を完成する日も遠くないと意気込みを示しています


最後に「中国の由緒ある避暑地を、ロシア人が占拠!?」という記事
北戴河 海の家w
総面積70k㎡、人口6万人の北戴河は、北京から車で約3時間の
北部の人たちにとって気軽に訪れることのできる避暑地の一つです
北に緑の山、南におだやかな海岸線をいだき、過ごしやすい気候風土で
あることから、清代の1890年代に英国人が別荘地として開発されました
60年前の中華人民共和国建国当初には、外国人や政府高官などの
別荘を700軒もかかえ、中国の4大別荘地区として栄えたほどです
30か所もあると言われるビーチはいずれも穏やかな遠浅の海で
海水浴に適しており、その砂のきめ細かさでも有名なのですが・・・

北戴河 海岸
今年は800万人が訪れると予想されるこの人気観光地ですが、
うちロシア人が5万人を占める見通しとなっています
全体からみる割合はそれほど多くはありませんが、外国人観光客
の中では隣国の日本人や韓国人を抜いてダントツの1位!!
7~8月のハイシーズンには、中国人よりもロシア人の方が
多く見られることも珍しくないとか
ロシア人が北戴河を好む理由に、「旅費が安い!」というのが
一番の理由のようで、相場としては10日のツアーで5000元ほど
(約6万6000円)
この中には、宿泊や食事、観光料金まで全て含まれており、
国内旅行をするよりもずっと安く上がるそうです
とくに、貧しい極東ロシアからは距離的にも近く、時間的にも
経済的にも気軽に訪れることのできるビーチリゾートだそうです
治安のよさやビザが取り易いのも人気のひとつとなっています

ロシアから
元々のきっかけは、06年の「ロシア年」
これを機に北戴河を訪れるロシア人が急増し、05年頃からは
ロシア人観光客招致のためのインフラ整備を開始しました
外国人向け宿泊施設はロシア人仕様に改装、ロシア料理の飲食店、
バーや娯楽施設も沢山増設され、現在では多くのホテルや商店など
の看板はロシア語併記が当たり前で、観光業に従事している地元民
なら片言のロシア語を話すのが常識となっています
北戴河の人々にとって、ロシア人は上海や北京にくる日本人の
ような存在になっているって事ですねw(金銭面で)


それでは、今日もこの辺で
(^・ω・^)ノ また明日~♪




ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:ブログ ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:8 ━ Trackback:0 ━ 18:43:35 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

とまどい・・・
どこを押すとコメントをかけるのか探してしまいました。

確かに中国で電車の旅をするとカップラーメンを食べます。
また、中国では観光地でもカップラーメンの販売数が多いと思います。
浪漫飛行 様
コメント有難うございます!私も探してしまいました!(笑)自分で言うのも何ですが見ずらいですね~!明日またリ二ューアルしましょうか?!以前にも書きましたがカップラーメン大国です、中国は!
ははは・・・
言い難いですが・・・
確かに見づらいと思います。

私も日本のカップラーメンは好きですが、中国製は今一好みに合いません。
浪漫飛行 様
コメント有難うございます!確かに..............!私も中国のカップラーメンは、あの臭いと言うか味と言うか苦手で、ローソンに寄って日本のカップラーメンを買い求めます!
No title
模様替え~(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ
確かに~ 背景素敵なんだけどなぁ~ですね カスタマイズでコメント欄だけいじれないのかな??(○'ω'○)ん?

カップ麺の写真の子供がすんごい可愛くって(ノ∇≦*)

女書って素敵ですね!
日本でもひらがなは女性用にできた様にやはり 優しいライン?が女性的なのね? (。--)ノ ハーイ私の自筆は実に男性的ライン?ですが ぷぷぷw
anego~!
コメント有難うございます!ちょっと不評なのでチェンジしようかと..........乞うご期待!
女書のことTVで以前紹介していました。
どうして女書というものが出来たのかということですが、TVでは研究の結果、
嫁ぎ先の劣悪な生活環境(食事を与えられない、夫の暴力)等を嘆いた内容が多かったとか。実家に当てた手紙など嫁ぎ先の誰かに見つかっても内容が判らないよう女書が代々女性の間に密かに伝わっていったとか解説していました。女性の身分が低く夫の所有物とされていたんですね。(涙
北風と旅人 様
コメント有難うございます!その通り、文句のひとつも言えない時代!可哀想過ぎですよね!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/305-25aab63c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。