== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 山東省 ==

済南市!!

新フォームはやっぱり不評でしたので、再度
rider.gif

今日は山東省済南市のご紹介です (*・_・*)ゞ 

済南市
済南市は、山東省にある副省級市の一つです
山東省の西部に位置していて、省都として省内の
通商・政治・文化の中心なのですが、どちらかというと
「青島市」の方が知名度が高く、あまり目立ちませんw

黄河
市の北側には黄河が流れており、南側には泰山へと続く
丘陵地帯と、北が低く南が高い地勢となっています
人口約569万人のそのほとんどは漢族ですが、
満族や回族の人達も居住しています

済南という名前は、もともと「済水」という川がこの地を流れて
いたので、前漢時代に済南郡が置かれたのが始まりです
済水川は、後に黄河の流れが変わった事により、
現在の黄河の下流として一体となりました
また史記によれば、三皇五帝のひとり『舜』は、
歴山(現在の千仏山)で耕作と狩猟をしていたそうで、
このため市内には舜にちなんだ地名が多く存在しています

それ以外にも、ここは黄河文明の中心の一つだったと
考えられており、1930年に市の南部にある章丘市龍山鎮から
「黒陶」が発掘されており、青銅器文化直前の龍山文化は
この地から名づけらました
現在の市街の下にある古代の都市跡は、その頃のものだそうです

済南市
商業都市として清代より栄えてきており、近代以降は日本人を含む
多くの外国人が商取引のため居住したが、中華民国の内戦中に
日本人居留民が巻き込まれる済南事件が起こっています
※済南事件とは、1928年5月3日、中国山東省の済南で、
  日本の権益確保と日本人居留民保護のために派遣されていた
  日本軍と北伐中であった蒋介石率いる国民革命軍との
  間に起きた武力衝突事件のことです
その後、日中戦争時に壊滅状態になりましたが、戦後復興され、
改革開放後は商工業都市として順調に成長してきています


観光としては、済南は西晋の頃から仏教が広まり、
多くの仏教寺院がこの地に集中し、仏教の中心の
一つとして栄えてきたので、多くの寺跡が残っています
また、雄大な黄河と湖や柳の木々の景観の美しさでも知られており、
「杜甫」ほか、数多くの詩人や文人にたたえられてきました


「趵突泉」
趵突泉
済南の三大名勝の一つで、済南72名泉の筆頭に揚げられる泉です
別名、”天下第一泉”と呼ばれており、乾隆帝のかいた
「天下第一泉」の額が飾られています
現在は泉の周辺全体が公園として整備されていて、
園内には趵突泉のほかにも、2つの泉があります
この水は地下にある鍾乳洞の裂け目から一年中噴出していて、
水質も良く、泉の水で入れたお茶は非常に香りがよいそうです

趵突泉公園
また、趵突泉公園には明清時代の伝統建築物と、宋時代の
有名な女流詩人・李清照(1084-1151年)の記念堂があります


「千佛山」
千佛山興国寺
済南市南部の歴下区にある標高230mある仏教山です
済南三大名勝の1つに例えられ、旧名を「歴山」といいます
隋の開皇年間に、岩肌に多くの磨崖仏が刻まれたことから、
千仏山と呼ばれるようになりました
麓に万仏洞や絶壁の下に唐代に創建された古刹興国寺があり、
山頂にはロープウェーで中腹まで上ることができ、山頂からは、
遠く黄河などを望むことができます
麓にある黄金の弥勒菩薩像は、日本の和歌山県会が寄贈した物です
和歌山県から寄贈


「大明湖」
大明湖
済南三大名勝最後の一つである大明湖は、老城区の東北にある
旧城内にあり、市内各地の泉からの水が流れ込む湖となっています
面積47万m²の湖を中心として公園が整備されており、
唐の大詩人、李白や杜甫が訪れたことでも有名な湖です
大明湖の建物の数々
湖畔には、「歴下亭」「鉄公祠」「小滄浪」「辛稼軒祈念祠」
「匯波楼」等の伝統的な建築物が並び、四季折々、
垂柳、白荷、紅蓮などの植物を楽しむことができます


その他にも、「神通寺」の跡地にある現存する最古の
石塔『四門塔』や「九塔寺」の跡地にある石塔『九頂塔』、
黄河文明の跡地『龍山文化の遺跡』、山東省の歴史が解る
『山東省博物館』など、沢山のスポットがあります
四門塔


それでは、今日のご紹介はここまで
(^・ω・^)ノ じゃあね~♪




ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:6 ━ Trackback:0 ━ 14:41:37 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

No title
春秋時代の斉の都であった臨淄という町は今も残っているのでしょうか。
それとも、臨淄が今の済南市なのでしょうか。いずれにしても、山東の大国、斉の国の跡には、行ってみたいものです。
稷下の学で有名な稷門は、もう無いのでしょうね、
西森憲司 様
いつもコメントありがとうございます。

臨淄といえば、太公望によって築かれた首府であり、
劉邦が息子を斉王にした土地ですね。

今は山東省の中央あたりにある淄博市の中で、
「臨淄区」という市轄区で残っています。
(淄博市は、済南市の東側です)

稷門の城門は今は残ってないようですが、
跡地と、同じく臨淄区にある「斉国歴史博物館」に
詳しい記録が残っているだけになっています

No title
ありがとうございました。
斉国歴史博物館、行ってみたいですね。
台湾と香港には仕事もあって行ったことはあるのですが、本国にはまだありません。
いつでも行けると思いつつ、今になってしまいました。
西森憲司 様
コメント有難うございます!円高の今、一度行かれてみては?
No title
お久しぶりです!
ずいぶんとフォームのイメージが変わられたんですね!!!
前の飛行機雲で遊ぶのが気に入ってたんです♪
でも今回のも素敵ですよ~!!
今日も楽しく記事を読ませていただきました♪

花湖 様
コメント有難うございます!旅行のシーズンになりましたね~!大忙しなのでは?早く泊まりに行きたいなぁ~!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/306-8257e8c5
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。