== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 浙江省 ==

上海小旅行 「桃花島」!!

中国は、大陸としての大きさゆえ内陸部にばかり目を向けがちですが、
実は上海から1泊2日程度で行ってこれる離島が結構存在します
今回はその島々をご紹介したいと思います \(^▽^)

桃花島
まず最初は、桃花島(Tao Hua Dao)
舟山諸島にあるこの島は、中国人にとってファンタスティックな
イメージ強い有名な島でになります
その理由は、金庸の武侠小説『射雕英雄伝』『神雕侠侶』に登場する
登場人物のひとり「黄薬師」の住まう島とされているからです
桃花島
島の面積は40k㎡で沖縄の宮古島の4分の1ほどしかなく、
人口も約22000人ほどの小さな島ですが、他島の島民が
「舟山諸島の中で一番遊べる島」と太鼓判を押すほど、
観光スポットが数多くあります


<黄薬師>
黄薬師
『射雕英雄伝』『神雕侠侶』に出てくる、「天下五絶」(五大武術家)の
ひとりで「東邪」の異名を持つ偏屈者
(偏屈者ゆえ「東の邪」の異名が付けられました)
但し、武術だけでなく天文、地学、算術、医薬などにも秀でている
その偏屈(気難しさ)ゆえ、ちょっとした事で弟子や使用人に
当り散らしていたが(ある弟子が武術の秘伝書を盗んだ際には、
残った弟子の全ての脚をへし折る等)、娘の黄蓉か恋をした事を境に、
穏やかな人物となっていきます
その強さは晩年になっても健在で、ずっと「東邪」の座を保ちました


<射雕英雄伝>
射雕英雄伝
中国および中華圏で著名な小説家「金庸」の武侠小説の1つで、
中国では何度もドラマ化や映画化されています
ドラマの方は、放映年代によって異なりますが、基本的に三部構成に
なっており、「鉄血丹心」「東邪西毒」「華山論剣」の流れで、
1976年~2008年、42話~59話とばらついてはいます
映画の方も(パロディを含め)6作品ほど作られていて、そのうち
日本で上映されたのは1996年の『楽園の瑕』(原題:東邪西毒)
のみになります
楽園の瑕

※パロディの『大英雄』(原題:射英雄伝之東成西就)は
  DVDレンタル屋にありますが、この作品は登場人物の名は
  射雕英雄伝と同じですが、内容は全く関係ありませんw

あらすじは長くなるので略
(気になる方は、日本語翻訳の本等が出てますので、そちらを)


<神雕侠侶>
神雕侠侶
『射雕英雄伝』の続編になります
徳間書店から出版されている日本語翻訳版の題は
なぜか『神雕剣侠』と変えられています
13世紀前半、『射雕英雄伝』から十数年後の時代設定です
あらすじは同じく略w


それでは観光スポットです

『龍珠灘』
龍珠灘
島の東側にある龍珠灘は、遊歩道が整備されているので、
曲がりくねった海岸線を気軽に散策する事ができます
爽快な潮風を浴びながら散歩を楽しむ絶好のスポットです


『海亀巡岸』
海亀巡岸
龍珠灘にあるガイドブックにも載っているスポットですが、
ただなんとなく亀の形をした岩があるだけで、
ちょっと拍子抜けかもw


『東海神珠』
東海神珠
こんな所に「ドラゴンボール」が!!
こちらも龍珠灘の遊歩道上にあるのですが、波の摩擦により、
長い年月をかけて角が取れていき、丸くなった石です
龍の口に入った球に似ている為、「龍珠(ドラゴンボール)」
と呼ばれているそうですが、何星球なのかな?(笑)


『安期峰』
安期峰
塔湾金沙ビーチ(海水浴場)近くにある「安期峰」は、
老樹や渓流が点在し、春には桃の花が咲き乱れる
絶景のスポットです
また、島で一番高い場所なので「千島第一峰」と呼ばれ、
(海抜539m)島々を見渡せる場所でもあります


さて、ここからは「黄薬師」関係の観光地になります

『黄薬師山荘』
黄薬師山荘
黄薬師が住んでいたといわれる住居を再現した物になります
ですが、実在の人ではないので、小説をもとにした建物ですw


『射雕英雄伝旅遊城』
射雕英雄伝旅遊城
こちらも小説の中の桃花島を再現した一大パークです
南宋の建築様式を忠実に再現してあり、ドラマのロケ地
としても毎回使われています


『弾指峰』
弾指峰
600年前の元朝の文学家が、その美しさを称えた奇岩で、
親指を突き出したような形をしているのでこの名が付きました
黄薬師が「弾指神通」を生み出した場所とされています
※「弾指神通」とは、曲げた指を勢い良く弾き、攻撃力を増す技で、
  イメージ的には物凄く威力の高いデコピンですw
  使い道は大きく3パターンあり、そのまま攻撃技・暗器を飛ばす・
 敵の武器を弾き飛ばすになります


実在しないはずなのに、ここまで伝説として残っているのは、
中国の奥深さを感じますね(水滸伝は元ネタがありましたから)
もし行かれる時には、小説を読んでから行かれると
また一段と楽しい旅行になると思いますので、お勧めします
それでは、今日はここまで
(^・ω・^)ノ また、明日~♪ 

一星球、め~っけ!




ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:3 ━ Trackback:0 ━ 16:44:36 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

No title
(⌒^⌒)b 広~い中国あと6個も絶対どこかに・・・!!!!
キョロ (。・_・。 ))(( 。・_・。) キョロ
きっと見つけてくださいね♪ 
anego~!様
何時も楽しいコメント有難う御座います!今度、ついに内モンゴル出身の妻との出会い~結婚に至るまでを、通常ブログと織り交ぜて書いて行きますよ~乞うご期待!!
No title
(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ 待ってました!!
な~~によりの一星玉?GET話!!!
楽しみにしてますですよん ☆⌒d(*^ー゜)





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/321-ae059830
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。