== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 上海 ==

上海小旅行「上海大観園」!!

今回は上海にある「上海大観園」のご紹介です
上海大観園
上海大観園(大观园)は、中国の古典小説『紅楼夢』の中心的な
舞台である「大観園」という大庭園を再現しようとした施設です
紅楼夢(曹雪芹)は、実際には上海と何の関係も無いそうなのですが、
改革解放の波に乗って、一大テーマパークとして造られました
上海大観園

紅楼夢』は以前ご紹介したように、曹雪芹が著者といわれる中国の
三大小説の一つで、「大観園」は主人公賈宝玉の家が、皇帝の貴妃となった
宝玉の姉・元春の帰省(省親)を迎えるにあたって巨万の富を傾けて造営したものです
小説中の大観園の諸施設は華麗を極め地上世界と隔絶したような空間であり、
実際に再現する事はほぼ不可能でが、それでも紅学家たちが集結して綿密な考証を
行ったとあって、建物の造りや配置はかなりの出来映えで再現してあり、紅楼夢の
テーマパークとしては、かなり出来の良いものになっています
大観園を再現したものには他に北京大観園がありますが、上海の方がすごいです
ドラマの撮影

大観園の場所は、上海市西南部の青浦区にある淀山湖の東岸の位置にある
「大観園風景旅遊区」の中にあります(上海市青浦区青商公路701号)
朱家角の西10kmほど(市中心部から65km程)の所ですので、大観園までは
朱家角までバスで行き、そこから「青濾専線」のバスに乗り、大観園で下車という
ルートになりますが、上海体育館南側の「上海旅行散客中心」で「大観園一日旅遊」
のセット(95元・入場チケット込)を購入した方が簡単で便利です
(大まかですが、路線代で30元、入場料60元しますのでw)
上海大観園

まず、上海大観園の正門をくぐると築山がみえます
これは中国式庭園の方法で、壁や山をもって一旦視界を遮る方法で、豫園では
壁で視界を遮っていますが、大観園は大きな庭園なので山で視界を遮っています
(北京大観園はこの山がコンクリートだそうです)
築山の向こう側には池があり、その池を囲む形で小説の舞台になった建物が
点在していて、この各建物の中にもそれぞれ庭園が造られ、大きな庭園
(敷地面積9ヘクタール)の中に、普通サイズの庭園という形です
この辺は小説に近いかも?
園内地図
・瀟湘館 林黛玉の住居
・秋爽齋  賈探春の住居
・蓼風軒  賈惜春の住居
・紫菱洲  賈迎春の住居
・怡紅院  賈宝玉の住居
・蘅蕪苑  薛宝釵の住居
・攏翠庵  妙玉の住居
・稻香村  李紈の住居
・大観楼  正門と正対する位置にある大楼閣
・その他、滴翠亭、蘆雪庭、凸碧亭、凹晶館など

どの建物もほとんどお店になっていて、売店や喫茶店になっています
売っている物も、その大半が紅楼夢には関係の無い掛け軸や置物などで、
このあたりはいかにも「中国!」って感じです
ただし、怡紅院や瀟湘館などの特に有名な建物内には、小説の登場人物の
蝋人形がおかれていて、ドラマなどのワンシーンを再現してあり、紅楼夢ファン
の人には堪らないそうです(全部のシーンが分かる人はかなりマニア?)
さて、このシーンは?

他にも、清朝時代の衣装を貸し出し(記念写真)もしていて、紅楼夢の登場人物
だけでなく、皇帝などの衣装もあり、清朝時代にタイムスリップした感じになれます
また、大観園は梅でも有名な所で、園内の「梅塢春濃」では上海地区で最も美しい
梅を観賞することができます
春の大観園

現在は、万博のために所々改装中のようですが、隣にある『上海民族文化村』にも、
大観園のチケットがあれば無料で入ることが出来ます(湖を挟んだ向かい側)
こちらも広大な敷地に中国民族の建物が原寸大で建てられており、
中国民族の当時の様子が伺えます
上海民族文化村
また、帰りに上海屈指の水上公園「東方緑舟」に寄り道してみるのも良いかも?
ここには、サバイバルゲームやドラゴンボートなどがあり、今なら人気の
「水上バルーン(水上气球)」も楽しめます
もちろん、朱家角に寄って帰るのも良いかもしれませんね
ぜひ、一度遊びに言ってみてください

それでは、今日もこの辺で
(^・ω・^)ノ またね~♪



ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:3 ━ Trackback:0 ━ 14:17:48 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

No title
こんにちは
上海は意外と見る所があるものなんですね。
私はずっと前には上海には出張ベースで2日ゲルに一度くらい入っていたのですが、毎回行くところが同じなので、てっきり観光をするところが少ない街だなと思っていましたので豫園に行く事通っていました。出張でいっても街全体は分からないのもですね。
ごーさん 様
コメントありがとうございます

上海の観光は、どの観光会社も豫園・東方明珠・上海動物園
(後は上海万博)というパターンばっかりで、そのイメージの方が
強いのかもしれませんが、朱家角や田子坊、博物館など
その他にもいろいろ観光スポットはあります。
これからもご紹介していきますので、楽しみにしてください

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/340-a929fefe
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。