== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 江蘇省 ==

上海小旅行「太湖」!!

今日は水上の天然絵巻と言われる「太湖」のご紹介です (^▽^)/
太湖
たった一艘の船、それが人々にとっての家であり、足だった
外部と交わることなく、営まれてきた船上生活
800年もの間、湖を制した7本マストの大型帆船
彼らにとって船と漁、それが日々のすべてだった
そして、最後のマスト船が第一線を退いた・・・
今なおほとりには、その趣を色濃く残した暮らしが存在している
「太湖」-それは人と自然が共存する悠久の湖である

太湖(たいこ)は、江蘇省南部と浙江省北部の境界にある大きな湖で、
その景観の美しさで知られ、国家重点風景名勝区に指定されています
古くは「震沢」・「五湖」とも呼ばれ、中国で3番目に大きい淡水湖です
大小の島が48島、峰が48ヶ所存在し、そのほとりには名山や
名園が連なり、大自然が生んだ「天然絵巻」と呼ばれるほど、
その風景には壮大で美しいものがあります
太湖

太湖の沿岸地域や湖上の島々は呉越文化の発祥の地といわれ、
大量の文化財や遺跡が残っています
主な名跡地だけでも、春秋戦国時代の城跡や隋の大運河、
唐の宝帯橋、宋の紫金庵、元の天地書屋、明の揚弯一条街、
宜興三洞、無錫三山、蘇州の洞庭山など枚挙にいとまがないです
各時代に生きた人びとの知恵と、大自然の傑作が凝縮されている
といっても良いような気がします
太湖

太湖とそのほとりが美しさを増す季節は春・秋で、春の息吹も
さることながら、秋には紅葉狩りや蟹狩り、みかん狩りなど、
豊穣な湖畔地域ならではのレジャーが味わえます
蘇州側の沿岸までなら、上海から2時間半という距離で、
ちょっとした小旅行に持って来いの地域です


「太湖」
太湖
今はちょうど蟹の収穫期を迎えており、それ以外にも
桂魚や白魚などの淡水魚が大漁に揚がります
船が次々と漁にくり出していく風景は壮観の一言です
湖のほとりでも黄金色に色づいた蜜柑園から甘い香りが
漂い、「実りの秋」が実感できます
観光客向けの漁民体験は、子供連れの家族にも大人気です


「木涜」
木涜
太湖に臨む美しい水郷の町です
2500年前、呉の王が絶世の美女「西施」のために、この地に
宮廷を建てたと言われ、明・清代には庭園付きの私邸が
30ヶ所以上あり、栄華を極めました
現在一般公開されているのは、「厳家花園」・「虹飲山房」・
「霊岩山館」・「古松園」・「榜眼府邸」等の名邸です


「漫山島」
漫山島
太湖の南東に浮かぶ島で、太湖で三番目に大きい島です
生態系がほぼ手つかずの状態で残されており、200戸あまりの農家が
漁をしたり、畑を改造した池で蟹を養殖したりして生活をしています
光福観光エリアの一つで、汚染の無いその美しさが
観光客を魅了しています


「蔵書羊肉」
全羊席
明・清代に生まれ、江南一帯にその名が知られる
ようになった「全羊席(羊宴席)」
羊秘伝のレシピを習得したシェフは、「紅焼」「脆皮」
「爆炒」「焼烤」などさまざまな調理法で、4050品の
羊料理を作ることが出来るといわれています
この羊料理も、クセのない香ばしさと柔らかい食感が
増す秋ごろが旬なのだそうです


「太湖蟹」
太湖蟹
太湖蟹(大閘蟹)は身がやわらかで油がのった太湖産の
上海蟹で、9月がメス、10月以降はオスが食べごろです
その他にも「白魚(カワヒラ)」・「白蝦(海老)」・
「銀魚(シラウオ)」等、湖の幸がいっぱいです
太湖名産


これから冬になりますが、天気のいい暖かい日にでも
一度お出かけしてはいかがでしょうか?
それでは、また (^・ω・^)ノ



ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ



┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:10 ━ Trackback:0 ━ 13:48:20 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

No title
こんにちは
太湖で船で島に渡った覚えはあるのですが、どんな島かは覚えはありません、印象は大きな海のようといった感じでした。
太湖蟹ってあったんですか、美味しそうです。
No title
こんばんは。
上海蟹はミソが最高ですよね。
でも甲殻類はムクのがへたくそなので出来るだけ避けています。
PS. Lead More が見えなくて、コメントするのみさまよいました。
老眼が進行しています。(爆)
憧れの上海
1度も行った事がないです。
綺麗な景色と美しい女性の多い場所と聞いています。
是非、行って見たいです。
No title
そういえば2005年に無錫に遊びに行ったときに、太湖観光しました。ローカルの1日コースのバス一人100元だったような?渚公園で無錫旅情の石碑を見て、観光船に乗ってなんかの島に渡ってイミテーションの仏像みたり、真珠の店や、急須の店で買い物を強要されそうになったりで、怪しさ満点の太湖観光をしました。
今になると懐かしいですがねぇ。
ごーさん様
コメント有難うございます!そこそこイケますよ~!これからもどうぞ宜しく!
わんばぁだん 様
コメント有難うございます!私も、同じで身を取るのが億劫であまり食しません!それと、確かに目に来ますよね~最近特に酷いです、私も!これからも、宜しくです!
浪漫飛行 様
コメント有難うございます!1度は訪れるべき所です、是非いらして下さい!これからも宜しくです!
特大寺じょん 様
コメント有難うございます!現地のバスツアーですか?朝は早いし気忙しかったでしょう?でもいい経験をなさいました!おみあげ屋等は、私たちの先輩方が変な癖(日本人=金持ち)をつけているから仕方ありませんね~!これからも宜しくです!
もも
一番上の写真とても綺麗ですね。何時までもみていたいです。写真の取り方かな、それともこんな風景を今でも見られるのでしょうか。

私もまだ観光では行ったことはなく、通過しただけでしたので、太湖の良さをしりません脇は通りましたが。

太湖産の上海蟹はリーズナブルな値段だと聞きます。上海蟹の産地では2番手なのでしょうか。どこ産でも大して味に違いがあるようには思えないのですが。

遅れましたが、我がブログにコメントありがとうございました。
愛如潮水 様
こちらこそ、いつもコメントありがとうございます

今も変わらずの蟹漁船&蟹漁ですので、今でも見られると思います
太湖蟹は記事に書いてるように、養殖の盛んなところの蟹ですので、
もちろんリーズナブル(笑)
ですが、これが出荷される上海では、上海蟹というブランドに
かわり、お値段もちょ~っと高めになりますw
やはり、ブランド名の威力はすごいですよね
現地付近(太湖の近く)で食べるのが、一番お安いです





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/341-ffb93b2f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。