== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 甘粛省 ==

張掖市!!

今日は張掖(ちょうえき)市です (^▽^)/
張掖市

張掖市は、甘粛省にある地級市で、地図を見てもらえば
判るように、甘粛省の一番細い部分で、武威市と酒泉市
をつなぐ様な変わった形の市です
地図
市名の以来は、「張国の臂掖、西域を通るを以て(张国臂掖,以通西域)」
から来ており、河西回廊の中ほどに位置するこの市の歴史は古く、
漢代に霍去病将軍が匈奴を破った後、シルクロード上の要衝として
繁栄しており、水が多く土が肥えていた為、産物も豊富に取れ、
「金の張掖」とまで言われていました
1986年12月に中華人民共和国国務院の公布で、
国家歴史文化名城第二陣38都市のうちの一つに選ばれています
市域内には砂漠、ゴビ、草原、原始林など多様な自然景観があります
ゴビ

<市データ>
総面積:40,874km²
総人口:約129万人
民族:漢族・回族・ユグル族・チベット族など26の民族が暮らしています

河西走廊
※河西回廊(または河西走廊)とは、東西は烏鞘嶺から玉門関まで、
  南北は南山と北山の間にある、長さ約900km、幅数kmから近100kmと
  不規則な形をした平地の総称です
  回廊の形をしていて黄河の西側にある為、河西回廊と呼ばれます
  漢の武帝が河西を開闢し、武威、張掖、酒泉、敦煌の四郡を列して以来、
  内陸の新疆に連なる重要な通路であり、シルクロードの一部分として、
  古代中国と西方世界の政治・経済・文化的交流を進める為の
  重要な国際通路として使われました


「張液大仏寺」
大仏寺
張掖市の南部にある西夏時代に創建された甘粛省最大の西夏建築です
現存する建築物は「大仏殿」「蔵経閣」「土塔」の三つで、
「大仏殿」の内部には中国で屋内に安置されている寝仏像の中で、
中国最大の釈迦牟尼の寝仏像があります
寝仏像の後ろには迦葉、阿難等釈迦の十大弟子の像があり、
仏殿内の南北両側には十八羅漢像が立っています
「蔵経閣」の中には明代の経典が6千巻あまり収められており、
金や銀で書かれた経文の保存状態もよく、歴史的文化遺産として
とても貴重な物となっています


「馬蹄寺」
馬蹄寺
馬蹄寺は市内から65km離れている粛南裕固族自治県にあり、石窟芸術、
祁連山風光と裕固族風情を示す観光名勝として知られています
石窟は「勝果寺」「普光寺」「千佛洞」「金塔寺」「上・中・下観音洞」から
構成され、500余りの摩崖佛塔窟龕がある千佛洞が特に有名です
この石窟は北涼(397年から439年)の頃から造られ始めており、
伝説に出てくる天馬がここに蹄の跡を残したということから
この名が付きました


「万寿寺木塔」
万寿寺木塔
木塔寺(元は万寿寺)にある、木造部分に釘を一本も使っていない、
高さ33m、八角形九層の木塔です
張掖市の県府南街にあり、今は張掖中学校の校庭の一部になっています
寺や塔は南北朝の北周時代かさらにもっと早い時代に建てられ、
隋、唐、明、清代と何度も修復が繰り返されてきました
(現在の万寿木塔は1925年に再建された物です)
木塔寺の中は現在張掖市の民俗博物館になっています


「鎮遠楼」
鎮遠楼
張掖市の中心にあたる、東西南北の四つの大通りの
交わる位置にある、河西走廊に現存する最大の鼓楼です
明の正徳2年(1507年)に周りを煉瓦で固めた基礎の上に建てられ、
基礎の幅は32m、高さは9m、基礎から鼓楼のてっぺんまでの高さは
30mあまりあり、この楼は三層の木造塔形で、彫刻や絵で飾られ、
反り返った屋根を持つのが特徴です
楼の東西南北にはそれぞれ扁額が掛かっていて、
東は「金城春雨」、西は「玉関暁月」、南は「祁連晴雪」、北は「居延古牧」
鼓楼の南東の角には唐代に鋳造され高さ1.3m重さ600kgもある鐘が
掛かっており、昔は時を告げたり急を知らせるために使われていました
鐘には飛天や朱雀、玄武、白虎、青龍が描かれています


「山丹軍馬場」
山丹軍馬場
山丹軍馬場は、市内から東に行った祁連草原にあります
古くは起源前2世紀ごろ、匈奴がモンゴル方面から南下し、
この地に住んでいた月氏を西方に追いやり、この地を支配しました
匈奴はこの地をこよなく愛し、「天の山」、「天山}と呼んで崇めました
武帝の時代、匈奴との戦いに勝利した漢は、この地で軍馬の生産を
はじめ、軍馬場は真の時代まで続きました
そして現在は人民解放軍の山丹軍馬場になっています
(注:ここは軍の管轄地なので、施設等の写真撮影は禁じられています)

「黒水国遺跡」
黒水国遺跡
張掖市街から北西へ15kmほど行った、黒水河のほとりで見つかった
遺跡群で、その規模は10k㎡もあり、漢代の墳墓が密集し、陶壺や
古銭などが大量に出土していて、砦や村の遺跡も発見されました


張掖市天山風景
その他にも先程書いた砂漠や原始林等もあり、
自然的景観地も多数存在しています
天馬の生産地としても有名な所ですので
機会があればぜひ訪れてみてください
それでは、(^・ω・^)ノまたね~♪




ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 11:37:17 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

綺麗!!
いつもながら綺麗な写真ですね。
心が洗われます。
浪漫飛行 様
何時もコメント有難うございます!これからもどうぞ宜しく!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/348-ee85a70e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。