== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 陜西省 ==

西安市!!その3

今日は西安市の続きです(^▽^)ノ
西安市

・゜゜・。\(^∇^*)鬼はぁ~そと!(*^∇^)/・゜゜・。福はぁ~うち!
2010年の恵方は西南西ですか・・・( ̄~; ̄)モグモグ


前回、お寺だけで終わってしまいましたので、今回はそれ他の所になります

「小雁塔」(しょうがんとう)
小雁塔
は大雁塔だったので、まずは小雁塔です
西安市内の南門から約3kmの所に建っていて、長安のほぼ中心に位置します
高さ43.3mの塔で、大雁塔と比べて小さいことからこの名がつきました
小雁塔の正式名称は、『薦福寺小雁塔』と言います
薦福寺は唐の文明元年(684年)に創建され、当初は献福寺と呼ばれていて、
唐高宗の逝去後百日に、宗室皇族が高宗の冥福を祈って建てられました
小雁塔は景龍年間(707~710年)に修築されています
美しく、彫刻も素晴らしく、慈恩寺の勇壮な大雁塔とともに光り輝く
唐代の美しい建築芸術遺産となっています
小雁塔
慈恩寺と玄奘(三蔵法師)に強いつながりがあったように、薦福寺には
唐代のもう一人の高僧「義浄」と深い関係があります
義浄もインドへ留学し、695年にサンスクリット語の経典400部を持ち帰国しました
長安へ帰ってから、薦福寺で翻訳作業を仕切り、経典56部、230巻を共訳し、
玄奘以後、仏教学上最大の功績を残した人物です
義浄法師は、インドから持ち帰った佛教経典を保存するために、
朝廷に薦福寺塔の修築費用の援助を求めた際、皇帝「李顕」はきわめて
小心者で、皇后がすべての実権を握っていました
皇后は義浄の話を聞き、后宮・側室・宮女らに呼びかけて、
寄付金を募り、塔の修築を行ったそうです
小雁塔
また、小雁塔には長い年月の間に「神合」といわれる歴史的な出来事がありました
1487年の長安に震度6クラスの大地震が発生し、その際に塔のまん中に1本の
大きな亀裂が入ったのですが、34年後の1521年、再び大地震に見舞われ、
今度は一晩にしてその亀裂がふさがったといいます
人々はこれを不思議に思い、この出来事を「神合」と呼んでいました
1555年9月に「王鶴」という役人が故郷へ帰る途中、小雁塔に投宿し、その時
この不思議な「神合」の話を聞いて驚き、その内容を塔北側の入口の横木に刻みました
時は過ぎて、建国後に小雁塔の修復作業が行われる事になり、その際にこの出来事は
「神合」ではなく「人合」であることが判明したそうです
当時の大工は西安の地質状況を考えて、塔の基礎部分を土を固めた半円状にして、
揺れを分散させていた為、小雁塔は起き上がりこぼしのように倒れることなく、
70回以上の地震にも耐えられたのだそうです
昔の匠の高度な技術は凄まじい物ですね


「西安事変旧址」(せいあんじへんきゅうし)
西安事変旧址
西安事変に関する史跡の総称で、張学良・楊虎城両将軍の住居であった「止園」や
張学良の公館・司令部として使われた「新城黄楼」、および事変発動や
その解決の舞台となった「高桂滋公館」、「西京招待所」などが含まれます
西安事変旧址
西安事変:1936年12月に起きた国民党軍内のクーデター
     当時西安で共産軍と対峙していた張学良と楊虎城の2人の将軍が、
     視察に訪れた国民党総統・蒋介石に対し「即時休戦・共同抗日」を
     懇願したが拒否され、止むを得ずクーデターを起こし蒋介石を
     監禁し、世界中に衝撃を与えました
     その後共産党の周恩来とともに蒋介石を説得し、国民党と
     共産党は内戦を終結し、共同して日本軍に当たることに
     (第二次国共合作)
     事変の当事者である両将軍は首都南京に戻った所を蒋介石に
     逮捕され、楊虎城は抗日戦争中に家族とともに殺害され、
     張学良は国民党が台湾に渡った後も50年以上に渡り軟禁生活を
     余儀なくされることとなりました


「古城壁」(古城墙)
古城壁
西安城壁は、中国の古代城壁の中で最も完全な状態で残っている城壁で、
世界に現存する古城壁の中でも、最大規模で保存状態も良い物です
現在は城壁にそって、その外側には環城公園が造られ、
西安市民の早朝運動に最適な場所となっています
古城壁
この城壁は、明の洪武年間(1370-1378年)に朱元璋が、「天下の山川は、
秦中が険固と号される」と考え、都督の濮英の主宰の下、唐代の旧皇城の
基礎を基にして再建されたもので(当時、建城ブームが起こっていたそうです)
周囲の長さは13912m、高さ12m、底部の幅は18m、頂上の幅は15m、
厚みがあり、頑丈な造りになっており、上には12m毎に櫓が置かれています
城壁の東西南北の城門には、それぞれ 正楼・箭楼・閘楼の三重の門が造られ、
城壁の外側には垜墻が5984ヵ所作られ、垜口から矢を射ることや展望することが
できるようになっており、城壁の周りは広くて深い堀が掘ってあり、
城門の所には吊橋がかけられています


「鐘楼」(しょうろう)
鐘楼
西安の街の中央を東西南北にのびる大通りの中心にあり、高さ36m、四方35.5m、
面積約1377.4㎡、土台の高さは8mある独特の風格をもつ建造物です
その昔、時を告げるために明の洪武十七年(1384年)に広済街に
造られましたが、1582年に今の所に移されました
塔の上にはかつて大きな鐘が吊るされていて、鐘は毎朝70回撞かれ、その鐘の
終了後に東西南北にある四つの城門がそれぞれ開けられたと言われています
現在は、録音された鐘楼の鐘の音で、毎朝市民に時刻を告げています
鐘楼
鐘楼は外から見れば華麗な三階建てですが、実は軒が三層で建築は二層です
1953年7月から1954年6月にかけて全面的な大修理が行われ、1996年9月には、
有名な女性建築家「張錦秋」の設計で、鐘鼓楼広場が建設されました
現在の鐘鼓楼は壮麗さを増し、唐代の趣と現代の息吹を同時に感じられる
西安市民の憩いの場、そして旅行者が西安を知る最適のスポットとなっています


「鼓楼」(ころう)
鼓楼
鐘楼が朝を告げるのに対して、こちらは夕刻を告げる太鼓江楼でした
西大街路北、北院門と交差する場所にあり、広場を隔てて東の鐘楼と相対しています
鼓楼は鐘楼より4年早い西暦1380年に建てられました
昔は大きな太鼓が設置してあり、夕方になると太鼓を叩いて時刻を知らせるので、
鐘楼の「晨鐘」とに対して「暮鼓」と呼ばれ、鼓を打つ楼で「鼓楼」になりました
鼓楼は長方形で、高さは土台を含めて33m、面積は1204.3㎡、土台は青レンガを
積み上げたもので、高さ7.7m、幅52.6m、楼の北側にはアーチ上の入口があります


これで西安市内編の前半を終わりますが、どうでしょう?
まだ「兵馬俑」とか出てきてないのに、こんなに見るところがあるんですよ
(兵馬俑は郊外になりますので(笑))
それほど西安(長安)は見所のある街だったという事ですね(今も昔も)
明日は後半編にはいりま~す (^・ω・^)ノまたね~
安瑞甜
・・・今週で終わるかな?(笑)






ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:6 ━ Trackback:0 ━ 11:30:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

お疲れ様です。
何百年の前に、今で言う免震構造で
建てていたなんて、小雁塔の大工さんは凄いですね~

ところで、黒竜江省の牡丹江市はどんなところですか?
ウイット 様
コメント有難うございます!
本当に素晴らしい所ですよ~!
私が行った頃は道も悪く移動に時間が掛かりましたが今は道も整備され
スムーズに観光出来る様です!黒竜江省の牡丹江市は、私も残念ながら訪問をしていません!こちらの出身の女の子達の友人は沢山いるのですが、聞くと何~~んも無い田舎との答えで行きそびれている所です!でも、女の子は本当に綺麗だし性格もいい子ばかりですよ~~!詳しくはこちらをどうぞ!!http://momotaroublog.blog39.fc2.com/blog-entry-281.html#more
朱元璋
インターネットで朱元璋の動画を見ていたので、とても興味深く見させていただきました。後、大漢風でもこの場所が軸になっていました。中国サイトの動画なので、漢字の字幕を読みながらなんとか物語を把握しながら見ています。
こんにちは。
牡丹江市の情報、ありがとうございました。
綺麗なところですね。

これで、サービスGET!かな(笑
SAMARQAND 様
コメント有難うございます!
朱元璋は、ツタヤでも日本語のをレンタルしているみたいですよ~!
大漢風も、同じくあるみたいなので是非見られてみては?
ウイット 様
コメント有難うございます!
やっぱりですか~?少なくともここの出身の私の知り合いは可愛くて気立ても良いですよ!
多分、ウイット 様のお気に入りの方もそうだと思います!頑張って下さいね!(笑)





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/404-78e511b3
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。