== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 広西壮族自治区 ==

柳州市!!

今日は桂林市のお隣、柳州市のご紹介です (^▽^)/
柳州市

柳州市は言わずと知れた、広西チワン族自治区に位置する地級市です
前111年に前漢が潭中県を設置したのが始まりで、
天宝元年には唐朝により竜城郡と改名されています
819年に「柳宗元」がこの地の刺史として生涯を終えたため
柳柳州ともよばれるようになりました

地図
柳州市は「柳州白蓮空港」や鉄道、高速道路なども整っており、
総人口も約370万人と、市内は近代化の都市になっていますが、
どうしてもお隣の桂林市の方が観光スポットも多く、人気も高い為、
観光と言う面ではあまりぱっとはしません(柳州市の方には申し訳ないですが)
そんな訳ですので、ご紹介はここまで・・・おしまい

と、言うわけにも行きませんので、観光スポットをいくつかご紹介します(笑)


「東門城楼」(とうもんじょうろう)
東門城楼
東門城楼は城中区曙光東路、文惠大橋の北側にあります
柳州市にある名所旧跡の中では比較的保存状態がよく、
明代1381年に建てられ、修復が繰り返されてきました
城楼は表側に5部屋、奥に3部屋、彫刻の施された梁が走り、
瓦葺の屋根が重なる造りになっていて、屋根の背の部分には
玉を取り合う大亀、両端には龍の口が施されています
城門の上には二階建ての譙楼があり、衝立には美しい彫刻が施されています
城楼は通年観光客に開放されていて、上に登って遠くを眺めれば、
緑の川が帯のように流れ、青々とした奇峰が連なる景観を眺めれます


「龍潭公園」(りゅうたんこうえん)
龍潭公園
市中心から3kmのところにある面積544ヘクタールの公園です
カルスト地形の自然景観と、中国南方少数民族の文化、
更に亜熱帯溶岩植物の景観が一体となった大規模観光地です
公園は建設計画時から、広西及び南方少数民族の多種多様な
民族建筑、風物風俗を中心として設計され、少数民族の風情特色と
自然景観が一体に溶け合うように工夫が凝らされており、
壮郷・瑶山・苗岭・侗寨傣村等の各少数民族の生活習慣が作り上げた
独特の村の様子が様々な場所に展開し、「鼓楼」「龍潭風雨橋」「木楼民居」
「軽松山房」等の建築物による侗寨の一大壮観を呈しています

龍潭公園
また、公園には青々とした木々が茂り、一湖(鏡湖)・二譚(龍潭、雷潭)・
四谷地の間にそびえ立ち、臥虎山、美女峰、孔雀山等、二十四の様々な形の峰が、
ちょうど壁のように周りを囲んでいます
雷龍二潭の水温は18℃-22℃と年中ほぼ変わらず、毎年真冬になると
水蒸気が立ちのぼり、霧を巻くことから、「双潭煙雨」と呼ばれます
また雷・龍の二山は、水を挟んで対峙し、雷・龍の二神がここで
雷雨を司ったという言い伝えから、「龍雷勝境」とも呼ばれています
他にも、臥虎山は「龙潭虎跃」、牧童山は「牧童横笛」、仰狮山は「青狮戯珠」、
美女峰は「美女照鏡」等、園内の峰の絶景には、その形や言い伝えから、
それぞれに名前がついています



「三江侗郷」(さんこうどんごう)
三江侗郷
柳州市内から車で北へ200km行った所にある、湖南・贵州・広西の
三省に隣接した、川に面した「三江侗郷」には、民族色豊かな
木造民家が完全な形で残されており、伝統的な民間文化と
神秘的な色彩が、今も残っています
低い山と丘陵が地形の大半を占める三江県は、雲貴高原の雪峰山、
越城岭、苗岭山脈から伸びる一帯で、くねくねと起伏に富んだ
緑の山々が続いており、ここで生活する大半はトン族で、
県の人口の約55%を占めています
三江侗郷
トン族独特の風雨橋と鼓楼は、精巧な造りと壮大な景観が素晴らしく、
中でも最も大きく代表的なのが、程陽風雨橋と馬胖鼓楼になります
これらの独特な建築と周囲の美しい自然の田園風景が作り出す
光景は、まるで1枚の絵のようです


「程陽風雨橋」(ていようふううきょう)
程陽風雨橋
柳州三江県城古宜鎮の北20kmのところにあり、
別名永済橋、盤龍橋とも呼ばれています
広西チワン族自治区に数多く見られる風雨橋の中で
最も有名なもので、国の重要文化財になっています
全長64.4m、幅3.4m、高さ10.6mある森の渓流に掛かるこの大橋は、
1916年に造られたもので、川の中には5つの大きな石の橋脚があり、
橋板は杉出出来ています
驚くことに、この橋には釘が一本も使われておらず、大小の木材に
溝を掘り、その溝にはめ込むことで繋ぎ合わせられており、
トン族の巧みな建築技術には敬服させられます
橋の上には欄干と屋根、5箇所の多角形のあずまやがあり、
独特の趣を醸し出しています


最後に、これで柳州市のご紹介は終わりますが、
先日の桂林のご紹介を「中国大紀行DVD 第2巻 伝説と神秘の大自然」から


それでは(^・ω・^)ノまた来週でござる

美人?(トン族)



ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:6 ━ Trackback:0 ━ 10:40:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

No title
少数民族の人たちって、暮らしは貧しいけれど、心は豊かなんだな~って、昨年、雲南を旅していて思いました。色々と助けてもらったりしましたから・・・。
mr.slim 様
今晩はー!
そうですね、持成しの心は特別熱いですから!
それはそうと、ニュースです!今夜内モンゴル包頭上空にて未確認
飛行物体が合計3機2時間に渡って飛び回りました!オレンジ色の
光を放ちながら、近くで飛行機も飛んでると云うのに、ある時は1
機ある時は2機と編隊で飛んでみたりシュッと消えて全然違う方角
から現れたりと凄かったです!勿論ビデオは回してましたが小さく
写っているのですが動きは本物です!報告まででした!興奮した!
三月のごあいさつ
■ももたろう様。
いつもお世話になっております。
日本へのお帰りは、いつ頃なのでしょうか。
また楽しい記事で「蒙を啓いて」ください。
いよいよ三月になります。
二月は「逃げ足」が早かったですね。
三月も、よろしくお願いいたします。
寒かった二月はじめから中旬にかけての頃が
信じられないような温かい昨今です。
新人の出てくる時期でもあります。
若さに期待いたしましょう。
では、また。
桂林への道
桂林に行く時に通過する街ですね。
桂林と共に私には懐かしい街並みです。
sohya 様
丁寧な挨拶ありがとうございます。
ちょっとPCが使えない地域に居りましたので
ご挨拶が遅くなりました。

本当ですね、1・2・3月はあっという間に過ぎてしまいます
それも年々・・・年のせいかな(笑)
これからも、宜しくお願い致します。

あ、日本へは今週末帰国予定です(^^)
浪漫飛行 様
いつもご訪問ありがとうございます

懐かしい?
もう少し奥に入った所の町並みでしょうか(笑)
いえ、冗談です^^

私もゆっくりと回って見たいのですが、なにぶん時間が無く、
ご紹介しても寂しい思いをしております





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/424-65a46978
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。