== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 広西壮族自治区 ==

南寧市!!

明かりを点けましょ ぼんぼりに~♪
今日は楽しい、ひまなつり ♪(*゚ー゚)_/|___¶

ひなま~つり

と、紹介に行く前に

祝 30000Hit!!
(。・ ▽・)/・:*:・°★.。・:*:・°☆.。・:*:・°★ ありがとう!

これからも宜しくお願いします <(_ _)>


今日は南寧市のご紹介です ネェネェヾ(・_・;)南寧ってなんねい?(寒)
南寧市は、広西チワン族自治区の首府にあたる都市です
古くは「邕(ヨウ)」と呼ばれていましたが、近年は
緑化が進んでいることから「緑城」と言われています
南寧市

この地の始まりは、318年に東晋が郁林郡から晋興郡を分置し、
晋興県を設置したことから始まります
その後、唐代に邕州が設置され(これが今日の南寧の簡称の起源)、
元代に邕州路が南寧路に改められた事により、南寧の名が誕生しました
日中戦争では二度日本軍に占領されており、1949年12月4日人民解放軍が
南寧に入城し、1950年1月23日南寧市人民政府が正式に成立しました
同年2月8日広西省人民政府が成立すると南寧を省都とし、その後、
幾度かの変遷を経て、1992年6月15日には国務院の决定により
南寧市は対外開放都市となり、現在に至ります
(開放都市となった事で日本からの企業も数社開発区に進出しています)
地図

この南寧市は以前当ブログでも何度か出てきており、ひとつは6/29の
「パジャマで枕投げ・パーティー」、もう一つは7/1の「クレイジー・レース」、
また飲酒運転の統計と、結構新しい物に取り組んでいる市です
(もしくは、紡績関係の多い街?(笑))

<市データ>
総面積 22,112km²
総人口 約650万人



「広西チワン族自治区博物館」(こうせいちわんぞくぢちくはくぶつかん)
広西博物館
観光スポットとして真っ先に挙がるのが、南寧市民族大道にある
面積1.29万㎡の広西チワン族自治区博物館(広西博物館)です
1954年に建設され、1978年に陳列棟が新たに増築されており、1Fの
「広西古代銅鼓展示場」には、広西で発見された610余りの銅鼓のうち344が
展示されており、現在全国で銅鼓収蔵数が最も多く、種類もそろった博物館です
世界最大の銅鼓や全国各地にある銅鼓の原記録資料も展示されています
広西博物館
銅鼓とは、中国南方古代少数民族の珍しい芸術品で、古代南方社会の
政治・経済・文化を研究する上で重要な実物資料となっています
広西博物館
2Fの「広西民俗展示」では、広西のチワン・ヤオ・ミャオ・トン・ムーラオ・
マオナン・回・キン・イ・スイ・コーラオ族等、11の少数民族の特色ある服飾や
綿織物、ロウケツ染め・刺繍・クロスステッチ・建築、祝日を祝う様子を
写した写真や模型等が紹介されています



「広西民族文物苑」(こうせいみんぞくぶんぶつえん)
広西民族文物苑
同じく南寧市民族大道にある屋外博物館です
広西博物館の民族民俗文物室内展示の延長になっており、敷地面積は
2.4万㎡もあり、入り口の門の表は、巨大な銅鼓になっています
銅鼓とは中国の古代青銅文化の傑作で、2700年余りの歴史を誇っていて、
銅錫で鋳造された独特の楽器として、古代チワン族の民族舞踊や祭り、
戦争の際に、興を添える道具として使われてきました
また、貴族や長の財力や権力の象徴でもあり、古い書物にも
「銅鼓を二、三もてば、即ち王と称す」と書かれていて、
その位の高さがうかがえます
広西民族文物苑
広西は古代銅鼓の生産使用の重要地域で、全国で出土している
1400余りの銅鼓の中でも、広西県元靖鎮水に沈んでいた
「雲雷纹大銅鼓」が最大で、現在のところ世界でも最大の銅鼓です
この銅鼓は直径165cm、高67.5cm、重さ約600kgで銅鼓の王と言われています
また、ここでは民族衣装や住居展示の他、各民族の独特の風味の料理を
味わうことができ、広西各民族の传统文化を紹介する窓口となっています



「伊嶺岩鍾乳洞」
伊嶺岩鍾乳洞
南寧の中心から北へ約25km行ったところにある鍾乳洞です
見学できるのは全長1kmの部分で、面積は1100㎡あり、
よその鍾乳洞と同じく、中はライトアップされています
また、鍾乳洞の入り口には猿が集まっており、人になれているので
いたずらや食べ物の催促をしてくる為、注意が必要です
他にも蝶も多群生していて、蝶の標本がたくさん展示されています



「青秀山風景区」
青秀山風景区
青秀山風景区は広西チワン壮族自治区の三大風景区の一つで、
南寧市中心部から南東へ約5km行った、邕江沿岸に広がっている
宋代以来の景勝の地になります(国家4A級観光地)
青秀山風景区
山へは2人乗りのロープウェイで登ることができ、「鳳凰頭」
という名の展望台から山全体を見渡すことができます
そこから少し歩いたところに、西王母の像が建っていて、
そのそばには高さ約50mの青山タワーが建っています
最上部からは南寧の町一望でき、壮観です
青秀山風景区
(ゴルフ場もあるでよ)



「広西薬用植物園」
広西薬用植物園
南寧市の東部にある、中国最大の漢方薬草園植物園です
開園は1959年で、その敷地面積は約200万㎡もあります
ここには、約三千種もの薬用植物が集められ栽培されており、
李時珍の書いた『本草綱目』に紹介されている薬草より
1000種も多いことでも有名です
広西薬用植物園
もともとは観光用ではなく、研究用に作られた施設でしたが、
2000年に広西観光業の副主席「袁鳳蘭」がここを見学した際、
園内の景観の美しさ、そして自然な造りに感動し、その上
珍しい草花などは勉学の面でも役立つと判断し、ここを
観光地として一般開放することを計画しました
それにより園内は整備され、運動や散歩、はては魚釣りなど
整えられ、南寧市の1つの新しい景勝地になった訳です



「龍虎山」
龍虎山
龍虎山自然保護区は広西隆安県の南側35kmにある保護区です
(南寧市内からは西に83km)
総面積はの21k㎡もあり、そのうち天然林が約200ヘクタール(97.2%)にも及びます
保護区は1980年に作られ、1987年に自治区級の自然保護区に認定されました
ここにはカルストの地区の貴重な薬用植物及び、カルストの景観の植物の
1145種類が生息しており、動物も国家級保護動物のアカゲザルの他、
ニシキヘビやセンザンコウなど、貴重な生物も沢山います
龍虎山
中でもサル達は群れで観光客を迎えてくれて、ある意味、龍虎山のマスコット的
存在となっており、半野生(人から餌を貰う為)のその数、何と2500匹以上だそうです
いつも橋のたもとあたりで客を迎えていて、サル達は活発で可愛くて、
人になれている為一緒に記念写真に写ってくれます



「九曲湾温泉」
九曲湾温泉
九曲湾温泉リゾートセンターは、広西首府南寧市三塘鎮にあり、
市の中心部から北東に12kmと交通の便に優れている温泉です
九曲湾温泉
センター内には200種類を越える亜熱帯植物(ヤシ等)が植えられており、
浴槽の数も露天浴槽17種、室内24種と数が多く、なかには岩盤浴やアロエ等の
薬用風呂、変わり物としてビール風呂やコーヒー風呂、炭風呂なんかもあります
また、この41個の浴槽に1000人同時に入浴できる(と言い切っている)事からも
この九曲湾温泉の広さが伺えます
九曲湾温泉
もちろん中国の温泉なので水着着用なのですが、チワン族では水着などを
つけての入浴は「聖なる温泉を汚(けが)す」としてタブーとされており、
老若男女とも、日本の一般的な温泉と同様、裸で入る習慣があるそうです


<チワン族について>
チワン族
チワン族とは、古代から中国南部の原住民族であった百越の一種で、
秦漢時代から中華王朝の支配下にあった民族です
明代には少数民族首長の世襲支配を認める土司制度が行われていて、
勇猛なチワン族の兵士は「狼兵」と呼ばれ、瓦氏夫人に率いられた
田州狼兵が倭寇鎮圧に動員されたこともあります
中華人民共和国成立後は僮族に統一されたが、僮には「わらべ」、
「しもべ」などの差別的な意味があるため、1965年に壮族と改称されました
ただし、日本では漢字を使わず、チワン族と呼んでいます
漢族との接触の歴史が長いため、漢語も十分に浸透しており、
そのため、黄、陸、莫、僮などの漢字姓を名乗る人が多いです
チワン族の婚礼衣装
古来より歌舞を好み、歌垣の風習やチワン語による壮劇が伝わっています
また精巧な銅鼓による民族音楽が広く行われ、工芸品としては五色の糸で
美しく刺繍を施した「壮錦」が有名で、現在も生産されています
服飾は男女とも黒色を正式の礼装とし、食文化としては米食中心であるが、
一部には犬肉食の風習や檳榔の実を噛む習慣があるようです
伝統的に来客を好み、見知らぬ客でも厚くもてなす暖かい民族です

【布洛陀の像】
布洛陀
布洛陀とは、少数民族のチワン族の始祖として崇められている神です
チワン族は元々自然崇拝の民であり、始祖神布洛陀は天地を創造し、
万物を創造し、秩序・倫理を制定したとされています
「布洛陀」は壮(チワン)語の音訳で、「布」とはとても威信の老人の尊称、
「洛」とはすべてを知る(知識)、「陀」とはあらゆる物を作り出せる(創造)
の意味となり、古来「布洛陀」とは族長もしくは長老を指していました
現在、「布洛陀」は中国非物質文化遺産の名録の1つになっています



最後は民族紹介となりましたが、南寧市のご紹介はここまでです
それでは (^・ω・^)ノまたね~

九曲湾温泉ギャル?



ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:4 ━ Trackback:0 ━ 10:00:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

No title
3万hitおめでとうございます。
写真を見ていると青秀山風景区行ってみたいという気になってきますね。ロープウエイで山に登りゴルフを楽しんでその次は・・・・・やっぱり温泉に入りたいです(笑)
ごーさん 様
ありがとうございます

自然が豊かで、市自体もその自然と調和しながらの開発を
進めていますし、チワン族の人たちも人情味あふれていて
とても良い所だと思います
温泉は、タイミングがよければ「混浴」に出会えるかも?です
(結構写真撮影とかもあって、NO水着のギャルとか入ってるみたいなので)
No title
こんにちは。
いつもご訪問ありがとうございますー。

漢方薬草園植物園なんてところがあるんですね!驚きましたー

30000HITおめでとうございます。
こちらこそこれからもよろしくお願いいたしますー。
ちゃてれ様
此方こそ何時も有難うございます!
今後とも宜しくお願い致します!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/428-ebb18668
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。