== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 上海 ==

上海情報!!

今日は目前に迫ってきている上海万博情報です (^▽^)ノ
灯篭祭り
上海万博まであと1ヶ月半を切りました(あと43日)
上海市内の虹橋国際空港の拡大や地下鉄工事などの建設工事は
ほぼ終わり、多くのトンネルや高速道路も完成してきています
それと同時に、上海の環境保護の分野でも進展があり、汚染物質の排出量が
大幅に削減されたため、2009年の空気のクリーン度は91.5%まで達成、
水資源も改善、緑化率は38.1%となってきています
(半分以上、中国の見栄と意地で行ってるだけでしょうが(笑))
虹橋空港

上海万博のアシスタントも今月中に最終選考会が行われ、最終的に選ばれた
人たちはトレーニングを受け、万博会場のイベントや式典での業務を担います
一度は出展できないとも言われた「アメリカ館」も無事竣工を終えたようで、
計画予算の6100万元も何とか工面できたようです
上海万博(正式名:上海世界博覧会)の試運営も4月20日からスタート予定で、
4月20日から25日まで5回(5日)行われ、毎日延べ5万人から50万人が参加
参加者は、可能な限り、実際の開幕後可能と思われる条件下で、
手配および業務選択を進める予定で、参加者のほとんどは、万博園区の
建設担当者と出展者ですが、そのほか上海各界の代表や長江デルタ地域代表、
一般市民も参加して行われるそうです
選考会

万博の注目点と言えば、もちろん各国の展示物「パビリオン」ですが、
それ以外にも会場内は交通手段のゼロ排出(低炭素の理念)が実現されるそうで、
水素エネルギー車、スーパーキャパシティ電気自動車、電気自動車などが、
人々の移動をサポートすることになっています
また、イベント的な要素として『万博パスポート』が用意されています
これは、平たく言えば温泉街のスタンプラリー帳ですが(笑)、
標準版3色、カートン版、コレクション版の5種類用意されており、
各パビリオンで記念スタンプを押せるようになっています
記念スタンプはこのパスポートにのみ押印してもらえるようなので、
行かれる方はぜひ購入をお勧めします(別に万博の回し者ではないですよ)
パスポート


それえは、各国パビリオンの紹介を少し
「アメリカ館」
ゾーン案内型タイプのようで、館内は4つのゾーンに分かれ、
来館者はまず迎賓ゾーンに入り、ここでスタッフの歓迎を受けます
続いて映像展示ゾーンに入り、アメリカ社会に貢献した人物を紹介する
ビデオを見る事になり、オバマ大統領やNBAのコービー選手をはじめ、
各界の一般のアメリカ市民やアメリカ籍の華人も紹介されています
撮影中


来館者が次に足を踏み入れるのは最も特色のあるゾーンで、高さ20mの
「円筒」のなかに、5つのスクリーンが直立している映画館になっています
放映されるのは『ガーデン』という映画で、アメリカの一人の少女の激情と
決心が隣近所の人々を啓発し、楽観、革新と協力精神に導かれて、壊れそうな
都市を幻のような美しい景色に変えていくというストーリーになっており、
風と雨など4D効果によって、驚かせる感情と視覚体験の感じを与える映画で、
現在ハリウッドのスタジオで製作中だそうです

最後のゾーンでは、「持続可能な発展、団結、健康、科学技術、中国系民族の
アメリカでの成功」などを中心に、アメリカ館の「困難に挑戦していく」
というテーマで展示されます
また、アメリカ館の外壁の右側には滝を、左側にはマルチメディアディスプレイ
を設置し、入り口は緑でいっぱいに、さらに環境の理念を体現するために、
屋上にはエコガーデンを設けるそうです



「イギリス館」
完成予想図
数万個の種子がある「種の聖殿」であり、縮小した都市をイメージした
この屋上のない「開放式の都市公園」の愛称が決まりました
中国の人々から募集したそうで、「タンポポ(蒲公英)」だそうです
在上海イギリス総領事Carma Elliot OBE女史によると、
「タンポポには美しさの意味があり、未来への願いを示し、イギリスの
名前と同じで、『英』という字がある」と喜んでおられました
種子が詰まってます
同館は屋上のない開放式公園に設計され、外部には60000枚以上の
繊細で透明なアクリルポールが挿されます
来館者は「エコ都市」「アウトドア都市」「種の聖殿」と「溢れる活力」の
展示を見た後、「開放式公園」に入る流れになっています


「ベトナム館」
ベトナム
ベトナム館は万博エリアのAゾーンに位置し、面積は1000㎡あります
2010年は、ベトナムの首都のハノイの1000周年記念の年だそうで、
ハノイは昔、タンロンと呼ばれていたこともあり、ベトナム館のテーマは、
「ハノイーータンロン1000周年」になりました
ベトナムは2003年、国際展覧局の一員となっており、ベトナム政府の依頼で、
ベトナム文化体育観光省はベトナムを代表し、上海万博に参加しました
なお、ベトナムは2005年の愛知万博や2008年のサラゴサ万博にも参加しています


「タイ館」
タイ
工事も最終段階に入っているタイ館のテーマは
「タイ人・持続可能のライフスタイル」だそうで、
4月20日から試運営に参加することになっています
タイは万博の出展によって、自然景観が豊かで、
活力溢れるビジネス都市のイメージを目指しており、
この良いイメージは、特に経済の不景気の時期に、
より多くの観光客のタイ来訪に役立つと見ています
Thai
タイ館は敷地面積が3177㎡で、独特な建築と芸術表現で、
唯一のタイを描き出します
タイ館の屋上には、中国とタイの友好の鐘があり、
中国とタイが国交樹立35周年の友好関係を象徴しており、
館内には三つの展示エリアに別れ、360度の水の幕、
ハイテクのシミュレーション技術などによって、
千百年来のタイ人のライフスタイルを展示するようです


「アフリカ連合館」
アフリカ
説明は以前してますので省略しますが、目玉でもある外壁の絵画
は既に完成しており、もう一つの目玉「アフリカの隈取り」も
完成間近で、今月中に全完成し、来月初めに試運転の予定だそうです
xxアフリカの隈取り


「チェコ館」
チェコ
同館は万博会場Cゾーンにあり、敷地面積は2000㎡になっています
パビリオンの外観は、チェコ首都・プラハの古い町の景色で、
1千万個のゴム製のアイスホッケーのボールからなり、
「チェコはアイスホッケー強いぞー!(高成績)」を象徴しています
チェコ館に入ると、マルチメディアホールがあり、チェコの文化、芸術、
デザインなどを展示する予定で、万博会期中に20点以上のチェコの
芸術品が展示されます
注目なのが、Jan Nepomuck彫刻の下の青銅浮彫で、これはプラハで
展示された際に、幸せを得ようと1日に1千万人の現地市民と観光客が
撫でに来たほどの青銅浮彫で、今回は史上初めて、チェコ以外の所で、
愉しんで撫でることができるようです
また、館内には「Czechia」というレストランがあり、
チェコ作家Magdalena Dobromila Rettigová氏が書いた
伝奇的なレシピに従って料理が作られる予定です


「石油館」
石油館
石油館は「中国石油」「中国石化」「中国海洋石油」の3社が共同で設立しています
石油館はテーマが「石油、都市の夢を延長」で、敷地面積が4000㎡投資額は約3億元!!
同館のマスコットは「オイルベビー」と名付けられ、造型は「油の滴」と
「石油と天然ガスのパイプライン」を原型にし、色彩は金色をメインで作られています
名前の「オイル」は「石油と天然ガス」から、「ベビー」は「成長と希望」を
意味として名付けら、石油資源を得ることは簡単なことではないが、中国石油、
石油化学工業の活力、成長と前進するイメージを示しています


「陝西館」
陝西館
陝西館のテーマは「人文長安の旅」だそうです
陝西省というと、兵馬俑や黄土高原のイメージですが、上海万博では
盛唐の文化と秦嶺の自然の展示に重きを置き、「人文の陝西、山水の陝西」
という新しいイメージを打ち出す予定です
パビリオンは長安の宮殿をイメージて造られ、どっしりと構える宮殿の
両側には角楼が配置され、宮殿と角楼はアーチ型の橋によって繋げられます
宮殿の後方は、秦嶺山脈を背景に園林の風景が造られ、
緑地や回廊が設けられた休憩スペースになるそうです 

陝西館
館内では、「千年の帝都」「千載の文華」「千里の秦嶺」「千人の英姿」の
4つの展示内容のほか、合陽の操り人形、鳳翔の年画、華県の影絵芝居など、
陝西省各地の民間芸術のライブパフォーマンスも行われます

また見所なのが、展示メインは今からおよそ1300年も前の唐朝の物語ですが、
その展示方法には最先端の現代技術を駆使していて、約600㎡の展示エリアの
正面には「玄宗皇帝」と「楊貴妃」のロボットが設置されます
玄宗皇帝と楊貴妃は笑顔で来館者を迎え、来館者のために「長恨歌」を
諳んじてくれて、一緒に写真撮影等できるようです
西安の今と昔、そして未来の都市計画と人文景観が、壮大な長安建築と
宮殿、そして現代都市と融合し、「昔日の皇帝の住処、今日の人民の住処」
という新しい陝西省の魅力を見て欲しいようです


「寧夏館」
寧夏館
寧夏館のテーマは「天賦の寧夏、融合の都市」です
西北部の黄河沿いに位置する寧夏は、滔々と流れる黄河によって潤され、
古来より「辺境の江南」と称されてきました
そこで寧夏館は、黄河の水を「魂」、黄河沿岸都市の発展を「骨格」、
経済・科学技術・文化を「血肉」として、都市の発展と
人々の生活の変化を展示するそうです

寧夏館
古人類の遺跡、石窟芸術、ペルシャ銀壺、金メッキの銅牛などが、
四方を囲む映像装置によって映し出され、寧夏の千年の伝奇が
生き生きと紹介されます
また、VIPルームやビデオホールでは、回族の家にいるかのように、
盖碗(ふたと茶托つきの茶碗)でお茶を飲み、揚げ菓子をつまみながら、
特色のある歌や踊りを観賞することができます 

そのほか、9月25日~29日に開催される「寧夏ウィーク」では、
回族の特色と地域の特色を結びつけて創作した歌や踊りのショーの披露や、
回族の文化芸術及び服飾を展示するパレードが行われる予定です


オランダ
これらの他にも沢山のパビリオンがありますので、
どう考えても1日で回りきるのは無理ですね(笑)
これら以外で私がちょっと気になっているのは、上海企業連合館
通称「ルービック・キューブ」で、入り口置かれる予定の最先端産業用
ロボットの説明が、「このロボットは自動音声識別機能や視覚識別機能を持ち、
来館者とのインタラクティブな交流を通して六面体パズルを作り上げていく」
とあるのですが、対話しながら【ルービック・キューブ】をやるのでしょうか?
現時点では世界で最も高度な技術を使った最大の「人工知能ロボット」らしく、
高さは5m、重さは1.3トンもあるそうなのですが・・・
あと、同館にある休憩ゾーンに設置される「ロボットのレストラン」も
見てみたい展示物?の一つですね
スタッフがいくつかボタンを押すだけで、ロボットはてきぱきと
材料を合わせ、調味料を加え、炒めるといった一連の動作を行い、
一流シェフ顔負けの料理を完成させるそうなのですが、
どんな物かはまだ解かりませんが、一般化したら主婦は楽かも(笑)

何はともあれ、後1ヵ月半ですから本当に楽しみです
それでは、今日もここまでにします
(^・ω・^)ノまた来週~♪

メガテン




ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:12 ━ Trackback:0 ━ 15:00:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

こんにちは。
上海万博へは、ももたろうさんご夫妻も
お出掛けになる予定ですか?



上海(裏)情報は、ないのでしょうか?(笑
ウイット 様
今日は~!
多分、行くと思います!チケットは幾らでも
手に入りますから!裏情報とはどのジャンルでですか?
No title
上海万博あと一ヶ月半ですか・・、早いですね。私もぜひ行って見たいと思っていますが一日では回りきれないですね。
仕事を絡ませるとどうやっても取れる時間は1日かなと・・せこいことを考えています。
ご~さん様
今日は~!
旅行だと大変でしょうね~!
凄い人、人、人だろうし待ち時間等も含めると難しいかもですね!
No title
桃太郎さんは、毎日中国に在住されているのでしょうか・!ジャーナリストさんでしょうか。!大変興味がありmす。!これkらも、みてい期待貴重なブログと思っています。是非私のブログはくだらないですけど、いい面を見てくださり、中国に、発信してくだされば光栄でございます。中国は、魅力のある国です。!3☆
荒野鷹虎 様
今日は~!
コメント有難う御座います!
全くの素人ですよ!世に言いたい事は多々ありますが...!
以前は在住でしたが、妻子をビザ収得の為日本に連れて帰っている為
今は、行ったり来たりの2重生活です!私も同じAB型ですしリンクも同じ方々
みたいですのでお互い頑張って行きましょうね!今後共宜しくです!
万博中は混むので上海には近寄れませんね
■ももたろう様。
もうお昼を回りましたが、万博にまつわる記事有難うございます。
それにしても万博中は混むので上海には近寄れませんね。
一番最後の写真のアメリカ(?)兵たちの女の人の下半身を見る顔の放心ぶりは笑っちゃいますね。みんな口を開けて。。。。。
では、また。
sohya 様
今晩は~!
コメント有難う御座います!
今日聞いた話だと、何か年内一杯やるみたいですよ~!
出足が、アメリカ舘等遅れる見込みらしいので......!
No title
優しいももたろうさんが お料理ロボットお土産に買ってきてくれるの待ってます(≧m≦)
こちらではロボット?がチャーハン作ってるラーメン屋さんってのがあるんですよw
いい仕事してまっせww ああ 欲しい~
いよいよ 上海は賑やかさ増して~な事でしょうね^^万博内現地リポートも楽しみにしていますよん♪
anego~!様
コメント有難う御座います!
見ましたよ~そのニュースは!でもanegoの手料理には
誰も適いませんよ~~~!手間と愛情が大切ですよね!
No title
ももたろうさん
上海万博、楽しみですね!
先日、四川の帰りに半年ぶりに上海に立ち寄ったのですが、道路、地下鉄など、ほぼ整ったようですね。ただ、タクシーが値上がりしてたのは痛いです・・・(笑)
mr.slim 様
コメント有難う御座います!
お会い出来たら良かったですね~!
今度来る時は是非!!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/442-4a8c0d6d
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。