== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

時事通信 4/20!!

今日は時事通信です (^△^)>
アヒルの大名行列
目前に迫ってきた上海万博(あと11日!!)
会場の準備もほとんど終え、開幕を待つばかりとテストが行われている
状況ですが、やはり光ある所には影があるようで、上海万博をネタに
詐欺が行われていたようで、16日に実刑判決が出ました
上海万博会場

詐欺罪で裁判を受けたのは、日本人男性「粟津篤哉」被告と
共犯の中国人「張鳴」被告です
調べによると、2008年、粟津は万博運営企業顧問を自称し、日本企業向けに
優遇価格で万博会場の商業地販売権を取得できると持ちかけました
その後、粟津は運転手として雇っていた張鳴を万博運営企業の主任に仕立て上げ、
東京に出向き、140万$(約1億3000万円)で商業地4000㎡の販売権を売却する
契約を交わし、うち6000万円を前金として受け取りました
共犯の張鳴には5万元(約67万8000円)の報酬が与えられています
上海万博会場

裁判所は詐欺容疑を認め、粟津被告に懲役12年、
罰金40万元(約542万円)、国外退去の刑を命じました
共犯の張鳴被告には懲役4年、罰金2万元(約27万円)、
犯行による所得の没収が言い渡されています
悪い事ですが、6000万も騙して、張さんには68万ぽっちですか・・・
何かかわいそうですね(財産没収されてますし)



続きましても日本人がらみです
陝西省で違法な地図を作成していたとして、日本人が逮捕されました
許可された測量現場
逮捕されたのは30歳の日本人男性(名前は伏せてあります)で、
現地市民の通報により違法測量が発覚しました
男性は測量と地図製作関連の工具を保有していたほか、所有するノートPCに
25万分の1、10万分の1の地図数十点が保存されていました
中国では精細な地図は国家機密に属するもので、製作・販売は違法行為にあたり、
法律を説明された日本人男性は自らの罪を認め、謝罪文を書いたそうです
許可された測量現場

近年、中国ではたびたび違法測量の外国人が逮捕されており、2007年には
新疆ウイグル自治区を測量していた日本人4人が逮捕されています
また違法に測量する中国企業も多く、同ウイグルの事件の時には
合計1万4200枚もの違法に制作された地図が押収されました
でも、精巧な地図を作っただけで捕まるとは、大変な国ですね(笑)
あ、そういえば北朝鮮なんかもそうですよね



今度も日本人ですが、良い方の時事です
前回の会場様子
北京市では5年に1度、5月1日のメーデーに合わせて「北京市労働模範」が
選抜されており、今年はちょうどその年にあたるのですが、
その中に建国60年で初めて日本人が選ばれています
「労働模範」とは社会主義建設事業において卓越した成績を残した
労働者のことで、全労働者の模範的存在になります
通常は「労模」(ラオモー)と略して呼ばれているのですが、
今年から外国籍の労働者も候補に入れるようになりました
条件は北京で3年以上働いていること、組織の推薦があること、
報告会や講演会などに参加したことがあることなどだそうです
前回の会場様子

北京の外国人労働者は10万人を超えていますが、今年は5人が候補に選ばれ、
そのうち日本人とフランス人の2人が「労模」に選ばれました
日本人は製薬会社、フランス人は病院にそれぞれ勤務しているそうです
こういう良い事なら、ドンドン時事にして欲しいですね(笑)



続きましては、世にも奇妙な話を2つほど
4月10日未明、広東省増城市中新鎮官塘村に住む郭景家さんの自宅に
500匹以上もの毒蛇が放り込まれるという事件が起きました
マムシがうじゃうじゃ
この事件で無数の毒蛇があちらこちらにいるという恐ろしい状況に、
官塘村では眠れない日々が続いており、12日には中新郷から蛇捕獲の名人
数十人が派遣され、翌13日も村民は完全武装でヘビ退治に明け暮れました
これまでに500匹以上ものマムシが捕獲、退治されているそうです

とったぞお.~!!
これほどの毒蛇がいきなり現れるとは地震など天災の予兆ではないかと
噂されていたが、思わぬ真相が明らかとなりました
12日の夜に郭さんの叔父ら2人が逮捕され、実は郭さんの奥さんは村政府の
一人っ子政策推進の担当者で、2人は彼女と出産問題をめぐってもめ事と
なったため、腹いせにマムシ数十kgを購入し、郭さん宅に放したそうです
それにしても死者・けが人は出なかったとはいえ、数十kgのマムシなんて、
無駄な出費だったとは思いますけどね
また、この蛇はどう料理(処分)するんでしょうね



もう一つは物の値段のお話
現在「Made in China」の文字は世界中にあふれており、日本でもお世話に
なった事の無い人なんていませんよね? (100均とか全部そうですし)
価格の安さが魅力の「メイド・イン・チャイナ」ですが、同ブランドの
同製品でも、中国国内より海外で買う方が安いという現象がおきています
メイド・イン・チャイナ

中国人観光客が海外へ旅行に行き、「中国で買うよりも安い」と思って
手に取る商品には、しばしば「Made in China」の文字が・・・
たとえば、コーチのバッグですが、中国では2000元(約2万7500円)で販売
されている商品が、米国のアウトレットではその半値以下
米アップル社製の人気スマートフォン「iPhone」にしても、
中国ではおよそ4000元(約5万5000円)という高値ですが、
米国ではわずか200ドル(約1万8500円)余りで販売されており、
価格に大きな開きがあります(もちろん、ずれも中国製)
メイド・イン・チャイナ

同じ製品でも中国国内のほうが高額の価格設定となる原因の1つとして、
輸入品に対する関税の高さがあようです
さらに、国内外で価格が逆転するこうした現象の背景には、
国内の流通ルートが未整備であったり、取引の信用性から多くのメーカーが
海外企業との取引を優先したり、一部企業が市場を独占して暴利を
むさぼっている現状があったりと、複数の要素が絡み合っている状態です
それにしても同じ製品でこれだけ価格にひらきがあると、中国国内で
買わずに海外で買おうとする消費者が増えるのも当然のこととなり、
経済構造転換期を迎え、内需拡大を図る中国社会にとって、
この現象は大きなマイナスになるのは明確なことです



「Made in China」と言えば、やっぱり「山寨」
先ほどのブランド品については海外より国内の方が高いのですが
山寨製品については、やっぱり国内の方が安いようです

山寨(コピー)iPad
4月3日に米アップル社の新型多機能携帯情報端末「iPad」(アイパッド)が
米国で先行発売され飛ぶような売れ行きを見せています
供給が追いつかない(どうもタッチディスプレイの供給不足?)可能性もあり、
アメリカ国外(日本も含め)での発売が約1か月延期されるようです

山寨(コピー)iPad
しかしそんな中、「もうひとつのiPad」がジワジワと売れ行きを伸ばしています
中国で生産された「山寨(コピー)iPad」なのですが、世界の大手企業のガジェット
(電子機器)が多く生産される「世界の工場」広東省深セン市で誕生したこの模造製品、
1台あたり2500元(約3万4000円)で市場に出回っているといいます
ブランド製品の機能はほぼそのままに、意匠やロゴデザインを微妙に変更し
別製品として売り出す「山寨」製品、携帯電話やノートPCなど例を挙げると
きりがないが、実用性としては“ご本家”に遜色ないものがほとんどのため、
一向にすたれる気配もないのが現状です
このほど発売された山寨iPad、正規製品より売れる可能性が・・・



記事を書いているうちに、また新しい時事があがってました
「2010年はあなたを待っている」
2004年に公募され、上海万博のテーマソングとして使用されていた
ジャッキー・チェン、アンディ・ラウなどビッグスターが歌う
万博ソング「2010年はあなたを待っている(日本名)」ですが、
日本の歌手「岡本真夜」さんのヒット曲「そのままの君でいて」(1997年発売)の
盗作ではないかという疑惑が出ていたのは皆さんもご存知でしょうか?
Youtubeなどでは、両方の曲を交互に流し検証できるようにしている動画などが
あがっており、中国国内でも「誰が聞いても盗作だ!」として話題に
なっていましたが、この件に動きがありました


上海万博事務局はこの件に関して、盗作問題を調査すると発表、
「2010年はあなたを待っている」の利用を一時中止していましたが、
19日、岡本真夜さんの所属事務所は、万博事務局から公式PRソングとして
使用したいとの申請があったことを発表しました
岡本さんは「世界中が注目するイベントである上海万博に協力する機会を頂き、
とてもすてきなお話で光栄です」とコメントし快諾したそうです
具体的な使用形態などについては今後、協議するようですが


ところが20日早朝時点、中国のマスメディアには関連報道が全然出ておらず、
Twitterでは、共同通信のニュースをソースとして、正式な使用申請という形で
決着が図られたことを喜ぶ声がある一方で、「本当のニュースなのか。
いたずらによる誤報ではないか」と疑う声も上がっているようです
何はともあれ、日本の歌が上海万博の正式な歌として使用されることは、
喜ばしいことですね (^▽^)



最後は、おなじみです(笑)
モデルで女優のジェニファー・ツェー(謝婷婷)が、エステサロンの
ポスターでビキニ姿を披露しました
ジェニファー・ツェー
ジェニファーは、兄は人気俳優ニコラス・ツェー(謝霆鋒)、
父は俳優のパトリック・ツェー(謝賢)、そして母はミス香港出身で
元女優のデボラ・ライ(狄波拉)と、華やかな芸能一家の出身で、
派手な異性関係が常に注目され、ニコラスのお騒がせ妹として有名でしたが、
昨年モデルデビューを果たし、今年は女優としても飛躍が期待されています


もう一人!!
香港の人気モデルJessica C.による、ワコールの新ポスターが発表されました
Jessica C.
Jessica C.は昨年、コピー機のCMを契機に香港で人気が爆発したモデルで、
スリムボディにミスマッチな豊乳ぶりから、危険な「警鐘胸」として
話題を集めており、その美乳ぶりを買われて、ワコール社のバストアップブラ
「Magic Up bra」のイメキャラに抜擢され、新ポスターでは真紅の布に包まれ、
豊かなバストラインを惜しみなく披露しています
イメキャラをきっかけに「Magic Up bra」愛用者という彼女は、
「背中のムダ肉もバストにしてくれて、すごく効率がいい」と満足顔で、
さらに「警鐘胸」への視線集中については、
「私の健康的なお色気を見てほしい」と自信たっぷりに語ったそうです


それでは、本日の時事を終わります
ナレーターはいつもどおり、ももたろう!でした
(^・ω・^)ノ~~ ごきげんよう

Jessica C.



ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:48:59 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/465-44b76b19
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。