== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

5月5日は○○○の日!?

今日は雑学で「端午の節句」です ∑∵∈◎]~| こいのぼり♪
鯉のぼり
柱の傷はシロアリの~・・・、じゃ無かった、おととしの~(笑)
そう、今日はGW最終日の通称「こどもの日」、端午の節句についてです


みなさんは端午の節句について、どのくらい知っておられるでしょうか?
こいのぼりや鎧兜、粽などが一般的イメージであり、どちらかと言うと
男の子のお祝いのイメージがありますが、元々は女の子(女性)のお祝いなのです
鎧兜

端午の節句は、中国・朝鮮・日本などで5月5日に行われる年中行事の一つで
「五月節供」や「重五」ともいわれています
端は初めという意味で、端午とは月の初めの午(うま)の日を表します
中国では5月が午の月にあたり、5日をも午の日というので、
5を重ねて5月5日を節日としました

中国の古書物『荊楚歳時記』によれば、この日には薬草をとりよもぎ(蓬)で作った
人形を門にかけて毒気を祓い、菖蒲酒を飲み、また五色の絹糸で「日月星辰」、
鳥獣をかたどった「続命縷」という腕かけを作ったとされています
これは災厄を除き病魔を避けるためと言われ、その起源譚として楚の「屈原」が
「汨羅」に身を投じて死んだのがこの日で、その霊を慰め祀るため、
この日には粽をつくって水に投じたそうです
屈原

日本でも端午には、菖蒲・蓬など香りの強い植物に魔除けの力があると信じ、
これらを身に着けたり屋根に挿す風習が奈良時代以前よりあります
(『続日本紀』など奈良朝の記録にでています)
この日は古くから宮中では騎射、走馬の行事が行われていたようで、
そうした伝統は賀茂競馬などによって今日に伝えられています
民間でもこの日の行事には練武や競技の類が多く、印地打ち(石合戦)や
凧揚げ・綱引き・競馬・競漕などが盛んに行われていました

冑
では、何故日本では端午=こどもの日(男の子)となったのでしょうか?
その辺りの根源は、どうやら鎌倉以降にあるようです
古来よりおこなわれていた宮廷での端午の行事は、時が鎌倉時代の
武家政治ヘと移り変わってゆくにつれ、だんだんと廃れてきました
しかし、武士のあいだでは尚武(武をたっとぶ)の気風が強く、「菖蒲」と「尚武」を
かけて、端午の節句を尚武の節日として盛んに祝うようになっていきます
江戸時代の頃には、5月5日は徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が、
式服で江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じるようになりました
また、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印や幟を立てて祝いました

こうして、日本では中国から伝わった薬草を摘む日→男の子誕生の祝いへと
変化して行き、やがてこの風習は武士だけでなく、広く一般の人々にまで広まり、
はじめは、玄関前に幟や吹き流しを立てていたものが、やがて厚紙で作った兜や人形、
また紙や布に書いた武者絵なども飾るようになっていきました
現在でも、端午の節句のお飾りは地方によってさまざまです。鎧や兜、武者人形、
馬や虎・若武者の人形、鯉のぼりや旗のデザインもそれぞれの個性があります
鎧兜


では、何故鯉幟(こいのぼり)なのでしょうか?
これは皆さんも知っておられるかと思いますが、中国の故事の一つ、
中国の正史、二十四史の後漢書に出てくる話で、黄河の急流にある「竜門」と
呼ばれる滝を多くの魚が登ろうと試みたが鯉のみが登り切り、竜になることが
できたことにちなんで「鯉の滝登り」が立身出世の象徴となりました
端午の日、武士の家庭では、虫干しをかねて先祖伝来の鎧や兜を奥座敷に、
玄関には旗指物(のぼり)を飾り、家長が子供達に訓示を垂れるという
行事で、現在のようなこいのぼりではありませんでした
鯉魚跳龍門

ではどんな経由で今の形になったんでしょうか?
やはりそのルーツは江戸っ子にあったようです
昔の言葉に「江戸っ子は皐月の鯉の吹流し」と言うのがあります
当時、武家の者だけで行われていたこの風習ですが、その一方で、大きな
経済力を身につけながらも社会的には低く見られていた商人の家庭では、
武士に対抗して豪華な武具の模造品を作らせ、のぼりの代わりに
五色の吹流しを美々しく飾る風習が生まれてきました
さらに、吹流しを飾るだけでは芸がないと考えたのか、一部の家庭で
「竜門」の故事にちなんで、吹流しに鯉の絵を描くようになり、
現在の魚型のこいのぼりは、これから派生したものなのだそうです
WIKIより

(余談話ですが、鯉には髭がありそれが竜に似ているからと何処かで聞いた
 事があり、鯉の髭を竜の髭として偽って売っていた業者がいたと言うお話を
 耳にした事があるのですが、髭なら鯰にもありますよね?何故、鯉?)
これが、鯉だ!!


話は最初に戻りますが、この五月節供の民俗伝承(風習)には、
むしろ女性に関するものが多く伝わっています
この日を「女の家」「女の屋根」などと呼び、『女性がいばれる日』とする
伝承が中部地方や四国などにはあり、近松門左衛門の『女殺油地獄』などにも
そうした記事が出てきます
また北陸から近畿、山陰にかけて、菖蒲や蓬を束ねた棒で女性の尻を叩いて回る
行事があり、その他の地方ではそれで地面をたたく風習が数多く見られます
これらは、男性が戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって、田植えの前に
穢れを祓い身を清める儀式を行う『五月忌み(さつきいみ)』という風習から
来た物で、これが中国から伝わった端午と当初は結び付けられていました
すなわち、端午は元々女性の節句だったのです
宮中では菖蒲を髪飾りにした人々が武徳殿に集い、天皇から薬玉を賜っていました
かつての貴族社会では薬玉を作りお互いに贈りあう習慣もあったそうです
※『五月忌み(さつきいみ)』とは、5月という田植月にあたり、早乙女となるべき
 女性の忌み籠りや、またその身体と大地の不浄を祓う儀礼だったようです

こうして日本の端午の節供には、季節がら悪疫を除こうとする儀礼がみられると
ともに、田植をめぐる農耕儀礼的な色彩も濃厚でした
そうした基盤のうえにおよそ鎌倉~江戸時代には男子の節供へ、
また第二次世界大戦後は子供の日の祝日へというふうに展開してきました


最後に童謡にあるように「ちまき食べ食べ・・・」のちまきですが、
ちまきを食べるのは、先程の屈原の命日の慰霊のお話です

柏餅
柏餅を食べる風習は日本独自のもので、柏は新芽が出るまで古い葉が
落ちないことから「家系が絶えない」縁起物として東日本から
全国区へと広まっていったのですが、関西(中国・四国から西)では
柏の木は自生しておらず、元々端午の節句にはちまきを用いるため、
サルトリイバラ科(サンキライ)の葉を使った物が、柏餅と呼ばれています
現在は柏の葉を使った物も売られていますが、未だに柏餅と言えば
サルトリイバラ科の葉に上新粉の餅を二つに折り、間に餡をはさんで
作った和菓子の事をそう呼んでいます
柏餅(偽)

中国語圏では、現在も屈原を助けるために船を出した故事にちなみ、
龍船節として手漕舟(ドラゴンボート)の競漕が行われています
(以前紹介してますね)
ヨモギ(蓬、中国語:艾または艾蒿)の束を魔よけとして
戸口に飾る風習も、今も広く行なわれています
ドラゴンボート


結論として、桃の節句の時に何故祝日でないのか?と言うのがありましたが、
5月5日は男女関係なくお祝いの日ですので、ご安心下さい(何を?)
でも、GW最終日ですので、お父さん・お母さんにとっては
疲れがピークの日かもしれません(笑)
それこそ菖蒲湯にでも浸かって、体を休め、ご自愛下さいね
それでは (^・ω・^)ノまたね~
鯉のぼり

あ、ちなみに中国では旧暦ですので(わかっているとは思いますが(笑))


端午には関係ないですが、鯉(魚)と言えば人魚!!
但し、心臓の弱い方はクリックをしないで下さい
人魚 人魚 人魚 人魚 人魚 人魚 人魚 人魚



ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:7 ━ Trackback:0 ━ 10:00:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

No title
(*^・ェ・)ノ コンチャ♪
ももたろう家でも元気なこいのぼりが泳ぐことでしょうね~(゜∇^d)
うちでは 今年は是非その「女性がいばれる日」バージョンのこどもの日したいと思います(^0^ゞ  ぷぷぷw

右から2番目の人魚www確かに逆バージョンな人魚ですねwww 怖い~ (≧m≦)
No title
ああそうでした・・5月5日は子供の日だったですね。私の子供が大きいのでまったく頭になかったです。
それにしてもでっかい鯉・・驚きました。
anego~!様
(*^・ェ・)ノ コンチャ♪
コメント有難うございます!
5月4日は、私の半世紀の誕生日でして高知の方まで出掛けますが
anegoはGW何処かお出かけですか?もし、出掛けるのであればお気をつけて!
五月のごあいさつ
■ももたろう様。
いよいよ新緑の五月になります。
ゴールデン・ウィークですが、人ごみを見るだけですので、老人は出かけません。
この連休が過ぎてから、どこかに出ることになります。
「五月病」に罹っていた頃がなつかしいです。
端午の節句に関する「薀蓄」拝見しました。
節句の来歴は中国由来のものと承知していますが、現代中国でもお祝いするのですね。
いよいよ上海万博が始まりますね。
日本の万博の超混雑の苦しさを知っていますので、観覧は専らデレビでいたします。
今月も、よろしく。 では、また。
sohya 様
ご丁寧なご挨拶有難うございます!
こちらこそどうぞ宜しくお願い致します!
こどもの日
こどもの日と言うぐらいですから、男女関係ないのかと思ってました。
じゃあ、男の子のお祝いはどこへ・・・
3月3日のひな祭りとの関係は・・・
疑問は尽きません。

P.S.
心臓は強くないですが、見てしまいました。
若干、変なのもありましたが、基本、人魚は綺麗ですね。
浪漫飛行様
コメント有難うございます!
中国では毎年6月1日が子供の日となっております!






        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/473-de82813e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。