== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

時事通信

今日は時事通信です (^▽^)>ポリポリ
GME6+8 美.夏水礼
それではまいりましょう
昔は日本でも良くあった力の弱い物がこき使われる「パシリ」
(あまり良いことではないですが・・・)
中国では、「パシリ」を小遣い稼ぎにしている人たちがいます
パシリ

最近、中国の大学には「[足包]腿族」(パシリ族)と呼ばれる学生が出現している
そうで、大学生オタクの出現に伴い、外に出るのが面倒臭いという人々が急増
そうしたやる気ない同級生のために食事を買ってきたり、通販の荷物を
受け取ったりと雑用をすることでお金をもらう仕事となっています
杭州市の大学生・張さんもパシリ族の1人で、
「食事を1回買ってくると1元(約13円)もらいます。もうかる時はもうかりますよ。
先週の土曜日は 40人分の食事を買ってきましたから。バイトよりも割がいいです」
と笑っていました
1か月の稼ぎは500元(約6560円)程度ですが、張さんの生活費がほぼまかなえるそうです
パシリ

大学生の多くはパシリ族の出現を歓迎しているようで、大学4年生の劉さんは賛成派
「一挙両得でしょう。仕事を頼む学生にとっては便利だし、パシリ族をやる
貧乏な学生にとっては自分を鍛える機会であり、お金を稼ぐ機会でもある」
とコメントしていました
一方、浙江メディア学院の李霊格教授は否定的で、パシリ族出現の背景には
格差など社会・経済・市場の発展があると指摘し、
「大学生が社会の影響を受けるのは避けられないことです。しかし高等教育は
知識人に対する公平と平等の体現なのです。大学の同級生の間で貧富の格差が
はっきりと現れてしまう。これは不公平です」と批判しています
浙江財経学院の金戈教授は
「市場経済的には正しいですが、学校にはふさわしくありません」
と話し、学生間で金銭的な上下関係が生じることは誤りだと批判、
大学はパシリ族を取り締まるべきだとコメントしました

なんか、パシリと言うより、子供のお駄賃目当てのお使いのようですね(笑)



広東省婦女聯合会の楊建珍副主席によると、広東省の「困境児童」が
昨年末に11万2200人に達したことが明らかになりました

「困境児童」とは、その地域での最低生活水準にある貧困家庭に生まれ、
かつ単親家庭である家の子供、孤児、出稼ぎなどで両親不在の家で暮らす
「留守児童」、服役中の未成年犯罪者、路上生活者の子供たちを意味します
困境児童

昨年末の調査結果では、広東省の貧困家庭児童は120万600人、孤児は3万9600人で、
物乞いや路上生活で保護された児童はのべ1万人を超えました
未成年犯罪者は8666人、服役中の未成年者は1万4200人に達しています
4万人近い孤児のうち、政府の保護施設に収容されている児童はわずかに6千人ほどです

困境児童
困境児童の多くは保護者の監督を得られないためにけがをしたり、水難事故、
交通事故、拉致誘拐、性犯罪などの被害に遭いやすいのが現状です
また、多くが貧困を理由に差別を受けた経験があるため、ケンカや暴言、
喫煙などの不良行為で自分を守ろうとする傾向が強いといいます(不良?)
さらに、物乞いや路上生活を送る子供たちの79%が犯罪組織の下で働いた経験があり、
「こうした子供たちの安全を守ることが最優先課題だ」と楊副主席は述べています

俗に言う「ストリートチルドレン」、やはり中国は光と影の差が酷いですね



こちらは中級~お金持ちの子供かな?
日本でもそうですが、、かつては「両親は子どもにとって最良の教師」と
言われた関係が逆転しようとしています
中国の子どもの多くはインターネットの利用法や情報収集能力において、
親の世代よりも優れており、「子どもが親を教育する」という時代が
訪れつつあるようです
子供が先生

先日、中国青年報社会調査センターが世論調査サイトと大手ポータルサイトを
通じて、1750人を対象に行った調査では、家庭で親子の立場が逆転する現象について、
「よく見られる」「比較的よく見られる」を合わせた回答数が56.5%にのぼりました
「あまり見られない」と回答したのは、わずか25.1%だったといいます
調査によれば、63.3%の回答者が困った際の相談相手として「同年代の友人」を選び、
「両親」(46.2%)を大きく上まわりました
親子間でコミュニケーションが減少しているだけでなく、“時代遅れ”の親を煙たがり、
もはや頼りの存在としていない子どもたちの姿が浮かびます
湖北省家庭教育研究会の周運清副会長は、
「現在は家庭教育も親子双方が成長するインタラクティブの時代なのかもしれない。
しかし、これは両親世代の旧態依然としたしつけ方式も原因。子どもたちは古臭い
親の説教よりも、メディアから入手した情報を頼る傾向がある」
と指摘しました

子供が先生
しかし、その一方で45.2%の人が「家庭での教育は今まで以上に重要になってくる」、
44.8%が「今も昔も同様に重要だ」と答えており、家庭における躾を重視する人が
圧倒的多数を占めているのも現状のようです
そのしつけ内容として重要視された項目は、「正しい人生観や価値観」が84%、
「物事への対処能力」が67.4%、「モラル」が63.9%、
「独立心」60.4%などがのぼっていました

でも実際子供の方が詳しいって事ありますよね? 電気関係(特にパソコンとか)等に
じきに「お父さん(お母さん)は触るな!!」って言われる時が来るんですかね(笑)



続きましては、食のお話を2つほど
北京のとあるスーパーでは、生鮮食料品売り場に生きたワニが展示されているそうです
最終的には解体ショーを行い、ワニ肉を販売するといいます
わに

問題のワニは体長2mほどのもので、四肢を縛られ口を固定され、
サメとともに生鮮食料品売り場に並べられていました
ワニのまわりには黒山の人だかりができており、販売スタッフは
小刻みに動く腹部を指さし、「ほら、まだ生きているんです」と説明していました

さめ
スーパーの担当者によると、展示後予約が殺到し、ワニ肉はあっという間に
売り切れたそうで、23日にも店内で解体し部位ごとに予約者に販売したそうです
「残酷だ」との批判もありますが、スーパー側は「ワニもサメも養殖物であり、
野生動物ではない」と反論。仕入れ先は認可を受けており、問題はないようです

日本では、スーパー店頭で動物の解体ショーなんてまずありえませんが、
さすがは中国!と言ったところですかね
あ、でも鮪(魚)や鮟鱇の解体ショーは行われていますよね?
アレってどうなんでしょう? 魚は良くて動物は駄目ってどうなの?
(結局は美味しいって食べてしまう人ばかりでしょうけど(笑))



長沙晩報によると、思想家として歴史的にも有名な「孔子」は、あの時代に
73歳という長寿をまっとうした人物としても有名です
春秋戦国時代という医療条件の劣る時代にこのような長寿となった原因は、
その食生活にあるといわれています
しょうが

孔子は食すべきではないものとして、古くなったものや腐敗したもの、
変色したもの、悪臭のするもの、調理の適切でないもの、季節外れのもの、
切り方の適切でないもの、味つけが適切でないもの、適切な醤がないもの、
市販の酒や干肉という8つを挙げています
つまりは、食材の新鮮さと適当な調理法を重視するということです
さらに、「旬の食材」に込められた栄養価にも注目し、漢方医学の見地からも、
旬の食材というものは気が満ちていて味がよく、自然のエネルギーを
存分に摂取できるものと考えられています
また、「肉は主食より多く摂ってはならない」、
「酒は飲んでも良いが、酔うほど飲んではいけない」ともしており、
食事にはかなり気をつかっていたことがわかります

しょうが
そのほか、注目されるのは「毎食、少量の生姜を」と説いており、
民間の言い伝えでも「冬の大根、夏の生姜で医者要らず」とも言われ、
漢方でも生姜は身体を温め、体内の毒素を排出するなどの効果が高いと
言われており、食生活に気をつけ、適度に生姜を食べ続けることで、
孔子は長生きしたというのが結論のようです

皆さんも食生活には十二分にご注意を!! 後に響きますよ(笑)



最後は体の不思議を
普段から「地図が読めない」などと揶揄される女性ですが、
実は「道案内」は男性より得意であることが、
米セントジョセフ大学の研究によって明らかになりました
万博の誘導員

研究チームはガソリンスタンドに給油にやって来た地元の客60人(男女各30人)に、
近くの観光名所までの行き方を答えてもらうというテストを行い、
その結果、正確に道案内できた女性は約4分の1に達し、男性より3%も上でした
目的地までの距離を正確に答えられた人も、女性は半数に上ったが、
男性は3分の1にとどり、反対に、答えに詰まり無言になる時間が
長かった人の数は、男性が女性の2倍も多かったそうです

万博の誘導員
研究チームを率いた同大学のジェニファー・エワルド教授は
「男性は距離で答える人が女性より多かったが、それが間違っている確率も高かった」
と指摘し、男性は距離や東西南北で案内したがるが、
女性は店やレストランなど目印を示す場合が多かったそうです
これは、狩猟採集時代の名残で、男性は遠くへ狩りに行く際、太陽の位置や
方向感覚に頼ったが、家を守る女性は身近な目印が自らの居場所を
確認するポイントだったと考えられており、研究成果は語用論の国際学術誌
「Journal of Pragmatics」に掲載されました

意外にも意外ですよね?
でも、どちらかと言うと男達より女性の方が、店や物を覚える能力が
高いような気がしますね(スーパーの安売りやブランド品とか(笑))
逆に男はザッパ買い(値段気にせずに)する傾向が強いような・・・
昔の「男は狩りをし、女は家を守る」の頃の事が、
遺伝子レベルで染み付いているのかもしれませんね(例外はいますが(笑))



それでは、今日の時事はここまでです
また次回お会いしましょう
(・ω・)ノさよなら・さよなら・さよなら

ジャオ・イーシュエン




ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:6 ━ Trackback:0 ━ 11:36:16 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

こんにちは。
我が娘の通う公立小学校でも、1年生は
月に2回パソコンの授業があります。
その第1回目が明日で、娘は楽しみにしています。

そうゆう時代なんですね~
ウクレレパパ様
コメント有難うございます!
いったい日本はどうなってるんでしょうかね~ゆとり教育なんて言ってる間に
中国の子供達に追い越されてしまっているのが現実でレベルも格段上です!うちの子は
中国で育てようかと考えている位ですから!
ワニ肉
一度だけ食べた事があります。
海鮮料理屋にありました。
ワニって海鮮??
浪漫飛行様
コメント有難うございます!
凄~~?!私はそ~言うのは全くダメです!
川にいるのだから海鮮では無いのでは......?!
面白かった!!
はじめまして
お訪ねいただきまして
ありがとうございます
楽しく拝見いたしました
奥深い話、そうですか近場なら女性に
遠いところはだbん制に聞くのが
いいんですね。

またお訪ねください
meikira 様
ご訪問&コメント有難うございます!
これからもどうぞ宜しくお願い致します!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/489-36271c3f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。