== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

時事通信 7/9!!

いやあ、暑いですね (・ω・;A)アセアセ…
今日は簡易更新ですが、時事になります

彼女はマイナー!?
日本でもちょっとした噂になった中国UFO事件について、
色々皆さんが書かれていますが、便乗して私も(笑)

事の次第は七夕の夜(7月7日午後8時40分頃<現地時間>)になります
浙江省杭州市の杭州蕭山国際空港で同空港に着陸しようとしていた
飛行機の乗組員が上空に正体不明の飛行物体を発見、
すぐに管制に報告し、大騒ぎに!!
空港はその後、約1時間にわたり封鎖され、到着便は近くの寧波や
無錫の空港に一時着陸し、便は3~4時間遅れの事態となりました
記事

空港当局によれば、飛行機の乗組員のほか、付近の住民もこの飛行物体を
目撃しており、また、当局はレーダーなどを使い、この飛行物体の足取りを
つかもうとしたが、確認できなかったようです
飛行物体が目撃された詳しい位置については公表されていません
なお、この飛行物体の正体について、関係者の間では
「自家用飛行機」の可能性が高いと指摘されています
同空港がある浙江省は富裕層が多く、自家用飛行機の所有率も高い為だそうです
これまでにも正体不明の飛行物体が目撃されることは度々あったようです

中国のその時のニュースです(中国サイトで勿論中国語です)
杭州机??不明?行物

その他、6日の晩には新疆ウイグル自治区でも、白い光の尾を引く
円形の飛行物体を多数の市民が目撃する等、中国での未確認...の
目撃事件は後を絶ちません(写真では解かりづらいですが(笑))
ウィグル写真

また、今年の2月には、日本人がUFO撮影してました
(Youtubeに動画がありましたので、_□(. .。)ペタペタ )

(※2・3と続いています)

まあ、中国サイトにあるUFO関係の写真(というか未確認関係の物)は
ほぼ9割以上がニセモノ(でっち上げ)ですから、あまり信用できない
所も多いですが、皆さんはどう思われるでしょうか?
あ、ちなみに以前、私(達)がUFOと間違えた物ですが、
中国式熱気球「孔明灯」と言うそうです ↓これ
中国の儀式の一つ「孔明灯」



UFOの話だけでは何なので、またまた食品問題を
2008年、中国でおこった粉ミルク事件は、まだ皆さんの記憶に
新しいと思いますが、6月25日に甘粛省品質技術監督局がおこなった
粉ミルクのメラミン濃度検査の結果、3つのサンプルから基準値の
数十倍から500倍という高濃度のメラミンがまた検出されました
粉ミルク売り場

問題製品は青海省の東垣乳品工場が製造したもので、
同社製品は江蘇省、浙江省などで主に販売されています
甘粛省からの報告を受け、青海省当局は問題の粉ミルク
38トンを押収しました
捜査の結果、メラミンは河北省から購入した原料38トンに含まれていた
ことが判明、原料のメラミン濃度は基準値の500倍を超えているそうです
また、6月22日には吉林省でもメラミン汚染粉ミルクが発見されています
こちらの製造元は黒竜江省大慶市の企業でした
当局は問題製品の回収を実施し、今月9日より吉林省の
乳製品メーカー全社の検査を実施するといいます
該当メーカーの商品

2008年のメラミン混入の粉ミルクを販売した河北省の乳業メーカー
「三鹿集団」は2009年1月、石家荘市中級人民法院(裁判所)から、
董事長の「田文華」被告に無期懲役、三鹿集団の原乳検査を
すり抜けるためのメラミンを含む混入物を製造・販売したとされる
「張玉軍」被告らに死刑の一審判決がそれぞれ言い渡されています
また、国家質検総局からは2009年2月に、
食品生産許可証を取り消し処分をうけています


粉ミルク以外にも、マックの「シリコンゴム事件」が発生しています
今月初め、米CNNは米国で販売されている「マックナゲット」から
シリコンゴムの一種である消泡剤・ポリジメチルシロキサン(PDMS)と
酸化防止剤・ターシャリーブチルヒドロキノン(TBHQ)が
検出されたと発表がありました
中国のマックナゲット

これに対し、6日、マクドナルド中国は、中国製造分では
これら2種類の添加物を使用していると認めましたが、
国家基準を順守しており、健康被害の恐れはないと表明しています
マックの広告

また、人気ブランド・マクドナルドの問題に中国メディアも注目しており、
7日付上海商報は記事「衛生食品監督部門はいかにマクドナルドの
『シリコンゴム事件』と向き合うのか」を掲載し、中国で製造された
食品の添加物問題が、自国ではなく米国で発見されたことを嘆いています
「『シリコンゴム事件』で速やかな対応を求められているのは、
 マクドナルドだけではない。当局も消費者に明確な答えを返すべきだ」
と同紙は指摘し、添加物問題が米国で表沙汰になったのは、メディアを含む
社会の監視能力の高さを示すものだとして、中国の食品行政と中国市民は
今回の事件を啓発の契機にするべきとしめくくっています
中国のマック

中国では、中国国家質量監督検験検疫総局(質検総局)が
「輸出入食品安全管理弁法(草案)」を発表し、パブリックコメントの
募集を開始したり、実際に農業などの見直し(有機農業)などが
行われてきてはいますが、まだまだのようです
一体何時になったら、安心して中国製品が食べれるようになるのでしょうね?



最後は、前回の時事でも書いた猛暑のお話
現在、中国各地を記録的な猛暑が襲っていおり、
5日の北京市では40度以上の高温が観測されました
路面道路は60度を超えていたそうです Σ(´Д`*)マヂィ?!
あち~から、泳ぎながら喫煙

連日の猛暑はもはや災害の域に達しており、同日5日には
北京駅の切符売り場に並んでいた男性が突如倒れ、
救急車で病院に運び込まれましたが、まもなく亡くなられました
もともとの心臓の持病に加え、
過酷な猛暑が突然死の要因だったと見られています
北京市では今月に入ってから救急車の出動要請が倍増しており、
多くは老人か、建築現場の労働者だということです

6日には北京市で路線バスが突如発火する事故が起きました(前回記事)
他にも中国各地で同様の事例が報告されていますが、いずれも
高温が原因と見られており、また電力消費量の急増や乾燥に伴い、
火災が多発すると見られ、注意が呼びかけられています
水遊び

猛暑対策といえば水分補給が肝心ですが、ところが北京市の
水供給量は限界に達しつつあるそうで、5日の供給量は
286万立方メートル史上最高値をマークしました
現在も限界値である300万立方メートルに近づきつつあり、
市政府は給水制限を検討しているようです


で、前回書きました目玉焼きの件
やはり各地で実験した奴らがいたようです(笑)
北京市、天津市、山東省済南市などの各地で、
「路上で目玉焼きが焼けるか?」という実験が行われているようです
マンホールの蓋の上では・・・・

フライパンで実験

焼けた模様です
でももったいないような気がしますが・・・(`・д・´)
(フライパンのは食べれるかな?)


それでは、今日の更新はここまでです
(^・ω・^)ノ ばいなら~

マイナーって(笑)
※彼女は「9頭身美女」ことモデルで女優の『馬伊娜(マー・イーナー)』!?
マイナー・・・メジャーじゃん ヾ(´∀`*)ノァハハハハハ






ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:4 ━ Trackback:0 ━ 19:30:04 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

勉強させてもらいました
■ももたろう様。
勉強させてもらいました。
それにしても「粉ミルク」はまだ後を絶たないのですね。
マックも恐いですね。私はマックの愛用者ではありませんが。。。。
では、美女の肢体を拝ませてもらって退散します。


sohya 様
何時もコメント有難う御座います。
まぁ~言い出したら切がありませんが、この時期の上海の蒸し暑さ、蘇州&杭州の物凄い暑さは耐え切れませんよ。旅は夏以外がお勧めです。
ももたろう様
お返事遅くなり本当に申し訳ございません。はじめまして、壱岐タケチトと申します。プログでも書いていましたが友人がHP開設してくれまして僕は全くHP知識がなく、今日、ようやく時間が取れて友人の家に泊まり込みでHP知識を勉強してお返事を返すことができました。
新しくオーストラリア紀行も開設しましたので今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
壱岐タケチト様
コメント有難う御座います。
今後共、宜しくお願い致します。





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/508-820693eb
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。