== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

要注意!!2

前回に続き、今回もコピー?のお話です ( -。-)〆
今回は偽札についてです
中国旅行に行かれた事がある方なら、必ず経験していると思いますが、
支払いの時にお金を渡すと、必ず、お金のCHEKを厳しくしています
場所によっては2人組で確認したりします(特に100元が厳重)
確認中

いつも「イヤな感じ」とは思うけど、これは仕方の無い事なんです
私自身も経験があるのですが、中国国内の<偽札>の多い事!!
私の時は50元札と10元札が偽札で、
どこかでお釣を貰った時に紛れ込んだみたいでした
ただ、支払いで使った時に偽札と判明したのだけど、
受け取った人はニコリ (*^-^*)
笑い話程度の反応でした、良くある事なのかな?
これがもし日本なら・・・、大騒ぎになって逮捕されますよね^^
複写・・だけ?



人民元の確認方法です、よく覚えておいてくださいね_〆(.. )カキカキ

まず、透かしを確認します
2002年に10元・50元札にも透かしが入り、今は全てのお札に入っています
光に透かして見るより、裏側から色つきライトを当てると見やすいです
中国のガスライター(100円ライター)には、青色LEDライトが付いていますが
これはお札確認用に(青が見やすい)付けられています
青ライト付き

手で触って確認
人物画(毛沢東)の髪のあたりを撫でるとざらついています
ただ、これはクタクタの紙幣だと解り難いかも
この辺・・・

簡単な方法はこの2点です(他のホログラフのラインとかは難しいです><) 

あと余談になりますが、中国で今出回っている偽札(摘発済み分)は
台湾版、アメリカ版のほかに、広州版、北京版、河南版、浙江版と
いろんな所の物があり、かなり精巧に作られた物もあるみたいです
それと、ピン札(新品)に近い札の方が、チェックが厳しいです ヽ(´∀`)ノ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:46:43 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/55-18ab2eba
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。