== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

時事通信 02/04!!

遅い更新ですいまそーん(古)
今日は時事通信になります (^^)

春節
いやぁ、寒いですね~
何といっても氷点下40℃・・・あれ?
なぜか今日も-4度しかいってない・・・???

そうです!!
ももたろう!は、妻の故郷「内モンゴル」にきています
先週末、急遽、春節の里帰りと言うことになり、
2日に広島空港から飛んで参りました
まあ、この間ドタバタと色々とあったのですが、
そちらはENDLESSででも(笑)
それにしても前調べで、氷点下40度って聞いていたのに
来てからと言うものずっと-10度以上あって、結構暖かです(笑)


さて本題ですが、この「春節(日本で言う旧正月)」は、
中国にとってとても大事な新年を迎える行事なのですが、
香港で「春節(旧正月)は中国固有の伝統的な祝日であり、
中国文化の象徴として世界に広げるべきだ」と主張した
『春節を国際的な祝日に』と言う記事が揚がってました

中国の経済成長と国際的影響力の拡大にともなって、
春節も世界における知名度が高まりつつある事に対し、
「春節を国際的な祝日とし、世界的に祝うようにすることは、
 中国政府の文化戦略の1つとして行うべきことだ」と訴えています
また、「中国における春節と欧米におけるクリスマスはともに、
家族の団らんが最大のテーマとなっている」とその共通性を挙げ、
「春節も国際的な祝日となる可能性がある」と解説しています
春節

いやはや、春節なんてアジア地域でしか伝わらないのに
思い切った戦略ですね



一方、イギリスでは、春節の時などに中国人が行う「孔明灯」が
問題となっており、「死せる諸葛、英国を悩ます?」とされ、
国民に孔明灯を放たないよう呼びかけてはいますが、
ネットユーザーの多くは納得していないようです

孔明灯といえば、以前私のブログでUFO騒動を
引き起こしたアレ、あの紙製の熱気球の事です
紙風船の中で火を灯すと、ゆらゆらと空に浮き上がいき、
闇夜の中、無数の孔明灯が浮かんでいるシーンはとても幻想的です
『三国志』で知られる諸葛孔明が発案したとされています
孔明灯

中国の文化が欧州に伝わるなか、孔明灯も流行しつつあるといいます
しかし、火種を空に飛ばすだけに問題は火災で、英国では
結婚式やパーティー、イベントで孔明灯が放たれることが多く、
落下して火が燃え広がることが多々あるそうです
また高圧電線にひっかかるトラブルも起きています

英紙「デイリーテレグラフ」によりますと、英国の消防署のうち、
3分の1は孔明灯が原因の火災を対処したことがあるそうです
過去2年間での通報件数は100件を超えており、
2月3日の旧正月には大量の孔明灯が放たれると
予想されているだけに被害が懸念されていました
孔明灯

で、その結果は・・・・探したけどみつかりません><
結局どうだったんでしょうね?



さて、春節の話題はまだ続きます(笑)
大晦日や正月と言えばご馳走(おせちとか)ですが、中国でも
レンジでチンのできあいのセットが大売れだったそうです
乾杯!!

2011年2月2日、旧暦の大みそかにあたるこの日、中国では家族・親戚一同が
テーブルを囲んでごちそうを食べる「年夜飯」の習慣があります
近年は料理のできない若い世代が増えていることもあり、
こうした食事の席もできあいのもので済ませることが多いそうです
湖北省武漢市のレストランやホテルでは、こうした「年夜飯」セットを
こぞって販売し、飛ぶような売れ行きを見せました

日本でも、特に近年は、お正月は名店からの取り寄せや
デパートで購入する「豪華おせち」が人気を呼んでいます
確かにおせち料理を1品ずつ作るのは手間であるし、お金を出して
プロの味が愉しめるならそれが良いという考え方もあるでしょう
年々、ライフスタイルが現代化している中国でも
同様の傾向が見られています
乾杯!!

揃ってホテルや高級レストランで外食する家族も多いですが、
予算的にそれが難しい場合、各店が販売する既製品のセットが
リーズナブルで便利なようで、蒸す、揚げる、あるいはレンジで
加熱するだけで幾品もの料理がたった数分で完成するからです
武漢市内のあるレストランには朝の9時から長蛇の列ができました
豚の角煮やローストダック、ゆでエビにアワビ、スペアリブのグリルなど
50種類の料理が揃うセット価格は、260~1280元(約3300~1万6000円)
セットを買いに訪れたある女性は
「両親が歳をとり、そんなに凝った料理は作れなくなった。
 できあいのほうが便利で豪華だし」
と話し、そもそも“自分で料理する”という発想はないようでした
乾杯!!

確かに、今の日本でもおせちを全部家庭で作るお宅はほとんど無いですよね?
考えてみれば、「おふくろの味」も今の子供達には無くなってきてます
寂しい世の中になってきたのかもしれませんね (ノω・`o)ショボーン・・・・



出来合いの料理が大繁盛した時、もう一つ爆発的に売れた物がありました
それは「コンドーム」
広東省広州市では3日の春節を控え、コンドームの売り上げが急増しました
同市は製造業の工場の密集地帯で、地方出身の出稼ぎ労働者が
年に1度の帰省を前に、まとめ買いする為なのだそうです
コンドーム売り場

出稼ぎ労働者が多く住む広州市天河区の石碑村では、春節前、
アダルトグッズの専門店が年に1度のかきいれ時を迎えました
そのうちの1軒を営むオーナーの李さんによれば、
毎年この時期は出稼ぎ労働者が帰省前に1箱、2箱と
まとめ買いしていくため、売り上げが急増するそうな

中国では、内陸部などの貧しい地域から、広州などの沿海部に
出稼ぎに出る人が多く、妻を田舎に残す人もいれば、
夫婦がそれぞれ別の場所で働く場合もあります
いずれにしろ、春節休みの7日間は夫婦が年に1度、
ともに夜を過ごせる貴重なひと時なのです
う~ん

このほか、ホワイトカラーの若者の間では、お歳暮代わりに
コンドームを贈り合うことが流行っていそうで、これに目を付けた
スーパーや商店などでは「1箱買ったらおまけにもう1箱」など、
コンドームの年末大売り出しが行われました
どれが良いかな?

まあ、一人っ子政策に引っかからない為の必需品かもしれませんが、
別にこぞって買い込まなくてもいい気がしますけどね(笑)



お次は春節とは関係ないのですが、男女のお話
と言っても、学校の校則のお話ですが、
中国四川省成都市の塩道街中学・高校で、男子生徒と女子生徒が
50cm以上近づくことを禁止する校則が定められました
同校の生徒達

中国教育部が21日に「小中高生の礼儀・道徳教育に関する指導要綱」を
公布したことを受け、同校が独自に定めたもので、同校で道徳教育を
担当する肖龍雲主任によると、男子生徒と女子生徒が何らかの用事で
コミュニケーションをとる際は80cmから1mの距離を保つことが望ましく、
50cm以上近づいた場合は「不適切な付き合い」と見なされ、
学校側から厳しい処分を受けることになるそうです
生徒には今後、校則に則った「道徳的な付き合い」を指導していくといいます
同校の生徒達

中国教育部は「指導要綱」で、小中高生に「礼儀の国」に相応しい
基本的な素養を身につけさせるため、礼儀・道徳教育に力を
入れるよう求めているようで、モデル校になりそうです
同校の生徒達

50cm以内は校則違反ですか・・・
それじゃ、マイムは踊れないじゃあ~りませんか(え?古いって(笑))
ヾ(-_- )ゞエラヤッチャヽ(~-~ )ノエラヤッチャ /(._.>ヨイヨイ((~-~)ノヨイヨイ



最後は、中国人が貯蓄に励む7つの理由とは?で終わりにします
参考写真

【中国人が貯蓄に励む7つの理由】
1.福祉体制の整備が遅れており、老後のために自ら備えねばならない

2.子供をより良い学校へ進学させるため
 また、医療制度の不備のため病気に備えて

3.すべてが国有企業だった頃とは違い、セーフティーネットがないため、
 失業など万一に備える必要がある

4.一人っ子政策によって、過去の「子供を多く育てて老後に備える」式の
 老後対策が不可能になり、お金を貯めて老後に備えざるを得なくなった

5.金融市場が未成熟で、個人や家庭のためのローン体制が整備されていない

6.農民工(農村からの出稼ぎ労働者)が、都市で市民と同様の社会福祉サービスを
 受けられないという体制や、都市での不安定な収入が、彼らを
 貯金せざるを得ない状況に追い込んでいる

7.香港やシンガポールなどと同様に、儒教の影響によって
 中国人はもともと貯蓄を好む傾向がある

参考写真
このように、中国人が消費すべき時代に逆に貯蓄に励むのは、社会体制と
文化に原因があり、新たな中国経済の体制が生まれるためには
まだ一世代以上の時間が必要だろうと指摘しています
                  (米誌ニューズウィークより)


それでは今日はここまでです
またね~ (^・ω・^)ノ~~

リン・ホン(熊黛林)




ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 20:37:11 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

老老のお悔やみと春節を兼ねた帰省ですね
■ももたろう様。
お早うございます。
老老のお悔やみと春節を兼ねた帰省ですね。
そちらも暖かいということですが、日本でも
二月に入って急に暖かくなりましたよ。
朝はまだ寒いですが日中は十二、三度くらいになります。
では、また。
sohya 様
何時もコメント有難うございます。
悲しいかな中国ではFC2ブログは見えなくてお返事が遅くなりました。
本日、極寒の内モンゴルから妻と息子を残し帰国致しました。老老のお墓参りも何とか出来ましたが
あの一瞬で私の耳は霜焼けになるほどの寒さ!今回のエピソードも書いていきますので宜しくお願い致します。





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/584-6b4f309b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。