== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 国際結婚 ==

ENDLESS LOVE STORY!! <第57章>

私の気分を害した親戚の連中は、結局もう1泊し
翌朝早く田舎へと帰って行った・・・

ENDLESS LOVE STORY
私は今回最大の目的である老老のお墓参りについて
お義母さんにいつ行くのか尋ねてみると
「お墓参りは10日の日と決まっていて、親戚の人達と
 行く事になっているけど、子供は連れて行けない」
と言うことらしいが、はあ?何それ?
私と妻は
「あの連中と一緒に行くぐらいなら
 私達は行かない
と言って、この時はこの話を終わりにした

ENDLESS LOVE STORY
その後は火鍋を食べに行ったり、カラオケに行ったりして
しばらく過ごしていたのだが、どうしても老老に会いたくて
9日の日に妻と二人でお義母さんの説得に取り掛かった

私「何で親戚と一緒じゃないとダメなの?」

母「そういう決まりなの!」

私「私が10日に帰らないといけないのを理由にして
  単独でお墓参りをしたらどう?」

妻「老老が私達を待っているはずなんだから、
  早く行ってあげないと可哀想

母「でもね、ここからすごく遠いし
  それに行き方も解らないのよ」

私「それなら今から出発して、向こうで1泊し、
  朝一にお墓参りしてから帰ってくれば
  私の飛行機の時間は21時だから、必ず間に合うよ」

母「でもねぇ~、どうしてこんなに寒いし、
  遠い所で時間も無いのに、そんなに行きたいの?」

私「さっきから言ってるでしょ
  老老が私達を待ってるって!!」

母「雪が降り始めたら、帰れなくなるのよ?」

私「私が行くと言ったら行くし、帰れると言ったら帰れるの!!
  さあ、みんな準備して!」

私はすぐにシャワーを浴び始めたのだか、その間お義母さんは妻に
「ホイさんは良い人ね、感動して涙が出た
と言っていたらしい(後で聞いたのだが)


準備も整い、出発となった訳だが、義妹だけは勉強があるとか
何とかで行かないらしい(まあ、別にいいが)
そんなこんなで、出発!!

途中「どうするの?」と聞くと、どうやらお金を買わないといけないらしい
日本でも三途の渡し賃として、棺に紙で出来たお金を入れるが
こちらもそれと同じような風習があるようで、
お墓の前でそのお金を燃やしてあの世に届けるらしい ( ̄Д ̄ )ホォホォ
ENDLESS LOVE STORY
車内で色々話していると、そのお店に到着!!
色々な形のお金を買い、よく解らないまま道を走り、
お墓への道を知ってる3男の所へ向ってると告げられたのは
出発してから3時間ほど経った頃だった  ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ

ENDLESS LOVE STORY
到着するとそこは日本でも良く知られる「モンゴル草原」の近くで、
3男の奥さんの実家と言うことだったが、3男は泥酔状態で
そこの家族との挨拶もそこそこにして、用件だけを済まし家を出た
「何を聞いたの?」と聞くと、どうやらお墓の近くに住んでいる
その昔、老老がよその家にあげた子供の電話番号らしい!?

母「実は、私のお姉さんの一人(笑)」

私「え~~~~?!あれだけ産んでまだ他にもいたの?」

母「そう、他に4人もいるのよ」

老老の知られざる真実!!
子供を産んでは働き、子供を産んでは働きの苦労ばかりの人生!
生活が苦しくて、子供の何人かは手放さなければならなかった事実!!
今では再会も果たして交流もあったらしいが、なんと複雑な人間関係だろう
ENDLESS LOVE STORY


途中何度もその人に電話しながら道を聞き、やっとの事で到着
着いた時には20時を廻っていたのだが、そこの家族は
本当に良い人達で、1晩泊めて頂いた上に手厚くもてなしてくれた
ENDLESS LOVE STORY

翌朝目覚めると、外はあたり一面の大雪!?
私「ありゃ~、帰れるのかな・・・」
まだ寝ていた妻を起こし、その事を告げると
妻「あっダメね、帰らなくっていいって事よ~
と嬉しそうにしている
私「さっさと起きて!早よ墓参りに行くよ」
妻「は~い
ENDLESS LOVE STORY


お義父さん達は違う所に泊まっていたのでそこまで移動し、
こちらの家族と一緒にみんなで朝食となった

いざお墓へ出発となったのだが、まぁーこれが遠いこと!!
私「何処が近所じゃ(笑)」
途中道だかなんだか解らない所(一面雪だから)を
普通のタイヤでチェーンも無しにどんどん走るし
(日本じゃ考えられないスピードでw)
ENDLESS LOVE STORY

そして、見渡す限り何も無い所に、ぽつんとお墓が!!
私も妻も、やっと老老に会う事が出来た!!
妻は到着する前から泣いていたが、お義母さんも
お墓を目の前にして大声を上げて泣き出してしまった
ENDLESS LOVE STORY

お墓参りが済んでも、妻が墓前から中々動こうとしないので
私「また来ればいいよ。いや、絶対また来ようね!」と妻を諭し、車に乗せた
この時私は、あの軽薄な連中より、こっちの親戚の方が
気に入ったので、今度からはこっちの親戚の為になる事をしようと思い、
老老に「また来るよ」と言って別れを告げたのだった
ENDLESS LOVE STORY

帰りも雪道だったが、何とか無事たどり着き、
飛行機の時間にも間に合い、包頭を後にしたのだった・・・

ENDLESS LOVE STORY





ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ



┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:6 ━ Trackback:0 ━ 17:50:01 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

お帰りなさい!
■ももたろう様。
お帰りなさい!
現地の風習が、よく判りませんが。。。
ところで「泥酔」している人があったりしますが
これも今の時代になっての「悪習慣」のように思われますね。
親類付き合いも大変です。
では、また。
No title
タローさん、お帰りなさーい♪
義理のお母さんが、みんなと一緒にって
言ってたのも道理かもですね。お墓は
ホントに、寒くて遠くて分かりづらい
場所だったのですね。お墓に辿りつけ
たのは、老老さんがタローさん一家に
会いたくて呼び寄せたのでしょーね。
才力工└|♪(゜・^*)ノ
老老ちゃまのお墓に 画面を通してですが 手をあわさせていただいてます (=;ェ;=)
一面真っ白のこの風景は ちょっと印象に残りますねぇ・・・;;
場所は ほんと・・何回か行かないとたどり着くの難しそうですが^^;
ですよお!また 会いに行ってくださいね♪って 老老ちゃまの方が 毎日 ももたろうさん達に会いに来てくれてるでしょうけどね(b^ー゜)
いろいろ明らかになったお話伺っても
老老ちゃまがいかにすばらしい女性だったこともお察しできますね うん(*TーT)b

しかし この雪の中で~で 元々風邪だったももたろうさんも^^;
ご家族の皆さん体調崩されてらっしゃいませんかね
また 冷たい空気もな日になってますので お大事にです☆
sohya 様
お返事する間に2度目のただいま~!です。(笑)
2月18日より上海、3月2日に包頭へ妻子を迎えに行き本日帰国しました。
anego~!様
またまた、帰国致しました~~(汗)
コメント有難うございました。風邪が抜ける間が在りませんでした。
今回の出来事もまたアップ致しますので宜しくです。
うは様
コメントが遅くなり済みません!
本日、またもや帰国致しました。今回は妻子を連れての帰国でした。
また、次回もお楽しみに~~!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/588-84b8312c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。