FC2ブログ

== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 国際結婚 ==

ENDLESS LOVE STORY!! <第58章>

無事、老老のお墓参りを済ませる事が出来たので、
忙しい私は、妻と子をモンゴルに残し一人帰国したのだが・・・

ENDLESS LOVE STORY
その2日後、早くも事件が勃発!!
何処にいても、私は監視されているのだが(Skypeや携帯でw)
その日の連絡はいつもと違っていた・・・妻が泣いているのである!!
慰めながら理由を聞いてみると、いつもの様に義妹と喧嘩した
そうなのだが、今回は義母が義妹の味方をしたようなのである

事の発端は義妹がTVを見たいと言った事から始まった
実家で妻は、息子の教育の為に七田式のDVDをいつも流して
いたのだが、義妹が見たい番組があるとかで言い争いになった

妻「今回里帰りする前に、日本で毎日やっている教育を
  こっちでもするって言っていたでしょ?」

義妹「TVくらい見せてくれたっていいじゃない!!」

妻「何言ってるの? その為に古いTVでは駄目だから
  うちの人がお金を出してこの46inchを買ったのよ
  古い方で見ればいいじゃない!」

義妹「あれ繋いで無いもん!!」
ENDLESS LOVE STORY

ここからどんどんエスカレートしていき、
家の権利の事や生活の事にまで発展して行ったようで、
義妹に家の事や生活費等にしては姉さん(妻)には関わり無い事で
姉さんにとやかく言う権利は無い!とまで言われたそうだ
その上、その意見に義母も怒る所か賛同したらしい
これに対して妻もカチンと来たようで、

妻「じゃあ何? お嫁に行ったらもう実家に居場所は無いの?
  この家(マンション)を買ったのも私だし、
  今まで生活費を出していたのも私なのよ」

と言い返したらしいが、

義妹「へえ~、お金を持ってたらそんなに偉いの?
   何様のつもり!?」

と、言われたらしい

妻はショックで、外は大雪なのだが

「今すぐここを出たい!!
 ホテルにでも泊まって、明日日本に帰る」

と泣きながら電話してきたのだった・・・
ENDLESS LOVE STORY


この話を聞いて、当然私の怒りは大爆発!!
それも当然である!
妻は13歳の時舞踊学校へ入学、公演等を行いながら勉強し、
1500元と少ない手当て(給料)の中から、
実質ギリギリの生活費である200元だけを残し、
残りを全て実家の両親に送金していた
半年間の日本公演の時のお金も、その殆どを残して必死に貯め、
今のマンションの購入費用に充てているのである
その上、それ以後も(私に会う前から)毎月仕送りをし、
実家の生活費を賄っていたのを知っていたからである
(私もかなりの額を、お父さん達に借財の返済や
 生活費として渡してきているのである)

別に身内の事だから、してあげたなどと恩着せがましい事を
言いたい訳ではないが、何も出来ないすねかじりの義妹に
こんな言い方で返されたら、妻でなくても(普通の人でも)怒るだろう
その上、その意見を義母が擁護したのでぶち切れたのだ!!


妻に

「両親とバカ義妹をパソコンの前に座らせろ!!
 そして私が言う事を一語一句間違えずに
 そのまま通訳しなさい!!」

と伝え、パソコンの前に来た面々を思いっきりおらび上げた!!
その剣幕に脅えたのか、義母も泣きながら

「この子は少しでも意見すると直ぐに『死んでやる!!』って
 言い出すから、怖くて怒れないのよ」

等々いい訳を言い出すから、そこで私の怒りはまた爆発したのである


結局、義妹は友達の家に泊まりに行くと言うので
お義母さんが送って行き、お義父さんが妻を必死に説得し、
その日は事無きを得たのだが、私の方はそんな事では収まらない


ENDLESS LOVE STORY
翌日は根本道場の先生の所に用事があって伺ったのだが、
先生は顔を見るなり

「ももたろうさん、何があったの?
 その邪気の量はハンパじゃないよ?!」

「まあいいから、そこに座りなさい
 護摩を焚いてあげるから」

と言われ、直ぐに護摩祈祷となり、最後の念を込める所で
背筋を『エイッ、エイッ』と押されると、頭の中から
モヤモヤしていたものが、すぅ~っと抜けていった
その後、事情を先生に話し、何とか落ち着く事が出来た
ENDLESS LOVE STORY


その後は妻も少しは落ち着きを取り戻したのだが、
今度は両親とも喧嘩をしたらしく

妻「あなたがこっちに来た時に、両親を説教して!!」

私「何で?前にも同じように言っても聞かなかったでしょ?
  お迎えと荷物取りには行くけど、そこには泊まらずに
  ホテルにでも泊まって、次の日北京→日本でいいじゃない」

妻「それは解っているけど、もう一回だけ
  今度駄目ならもういいから・・・」

私「前にも同じ事言ってるよ?
  話し聞くだけで腹が立ってくるから、
  ご両親とは顔も合わせたくないんだよ」

妻「それでも・・・」

等と、話しが続いていたのであった



そして、2月18日から仕事で上海に行き、その後直接包頭に
お迎えに行く事になったのだが、それはまた次回にでも


PS.今回更新が遅くなったのだが、この内容を思い出しただけで
  また怒りがこみ上げてくるので、中々書けなかったのである
  それと、今回(次回)写真が少ないのだが、その理由は・・・次回に




ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 20:59:26 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

立ち入りたくはないけれど、同情します
■ももたろう様。
お早うございます。
立ち入りたくはないけれど、同情します。
お気持わかります。
キョウダイと言えども、所詮は他人ですから、
そこそこになさることをお勧めします。
キョウダイは他人の始まり、と言いますから。
では、また。
sohya 様
何時もコメント有難うございます。
本当に頭が痛い問題です。この家族の意識改革を急がねば.....!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/592-63f5ffcb
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。