== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

時事通信 4/15!!

週末の時事通信になります (・ω・)ノ
美しい風景
最初は日本でも話題になった悲しいニュースです(いろんな意味で)

4/10、ある中国人留学生が就学先の日本から帰郷した際、
空港で出迎えた母親と口論になり、持っていた果物ナイフで
数回にわたって自分の母親を刺すという事件が発生しました
資料写真

母親を刺し、その場で空港警察に連行された汪は、
成田から上海浦東国際空港に帰国した際、
出迎えた母親と「仕送り額が足りない」と口論となり、
激怒した汪は、預け荷物の中にあった果物ナイフを取り出すと
母親を数回にわたって刺しました
意識を失った母親はすぐに病院に搬送され、
汪は警察に取り押さえられました
資料写真

その刺された直後の様子を撮影した動画が公開され、
話題を呼んだのですが、血を流し倒れている母親の傍には1人の外国人が
付き添っているだけで、他の人は誰も近付こうとしませんでした
事件のあった上海浦東国際空港には当時、大勢の旅行客や見送り、
出迎えの人がいたが、母親の止血をしながら大声で助けを求めていたのは、
リュックサックを背負った旅行客と見られる若い外国人男性だけ
男性は左手で母親の傷口を抑えながら、右手で頭を支えていました
動画は43秒に及んでいました
資料写真

撮影したのは現場を通りかかった中国人男性で、
彼によると、その後もう1人の外国人男性が駆け寄ってきて、
母親の両足を支えるなどしていました
なぜ、 2人の外国人以外、誰も助けに行かなかったのか?との問いには
「他の人の考えは分からないが、自分はどうやって助けて
 良いのか分からなかった。手を出して症状が悪化したらいけないと思った。」
などと話したそうです

その後、2人の外国人は母親が救急隊に搬送されるのを見送り、
その場を立ち去りました
母親はこの時の迅速な応急手当てがなければ、
命を落としていた可能性が高かったそうで、これを知った
母親は「捜し出してお礼が言いたい」と話しているようです
病院に運ばれた母親は、胃と脾臓が破裂するほどの重傷で、
右手も骨折し、刺し傷は全身9カ所に及んでいました
資料写真

一部情報によると、汪は日本に留学して5年になるそうですが、
この間は一度もアルバイトをしたことがなく、学費や生活費は
すべて母親からの仕送りでまかなっていたそうです
帰国直前の3月にも2万元(約26万円)を振り込んだばかりでしたが、
汪が出迎えた母親に開口一番、「金額が少ない」と
怒り出したことから口論に発展したようです

汪の叔母にあたる母親の妹によると、母親は小さい頃から汪を溺愛しており、
欲しいものは何でも買ってあげるなどわがまま放題に育ててきたようで、
以前からその傍若無人な振る舞いが親戚の間でも問題視されていたといいます
実際、母親の月収は約7000元(約9万円)程しかなく、息子の学費と
生活費を捻出するのは容易ではなかったのですが、それでも母親は
息子に苦労させたくない一心で親戚や友人に借金を繰り返していました
それでも母親は「息子を変えたのは日本」
「あの子は良い子。私は息子を怒っていない」
「息子を刑務所に入れたくない」などと息子を弁護しています
資料写真

事件で注目されたのが、この母親の典型的な「中国式子育て」です
成績重視で子どもの健全な人格形成を軽視してきた
中国の学校教育の責任も大きいとの指摘も上がっています
民族教育ばかりに力を注ぎ、個人としての責任感や自立心は教えず、
頭でっかちで精神的に未熟なままなので、他人を思いやる気持ちも
育たず人間関係も上手く築けない教育方式のようです

家庭でも、子どもが勉強に専念できる環境を与えることに
親は全精神を傾けるだけで、家事の手伝いなどもってのほか
正しい生活習慣を身につけさせる、
やって良いこと悪いことの区別をつけさせる、
ルールを守らせるなどの「躾」を施すことは二の次
一人っ子が多いため、溺愛する親も珍しくありません
資料写真

こうした環境で育った子どもが成長し、
海外留学して初めて社会の厳しさに直面する
自分で考え、解決する力を持たない彼らの精神的な挫折は計り知れません
警察は今、汪の精神鑑定の準備を進めているといいます

一介の学生が付き20万以上の仕送りで生活できない??
アホかー ε=(。・`ω´・。)プンスコプンスコ!!
子も子なら親も親じゃあ



続いては、中国の食品事情から(それにしても、よくおこるねぇ(笑))
中国甘粛省平涼市で牛乳を飲んだ乳幼児が集団食中毒を起こし、
3人が死亡、36人が入院していたことが分かりました

記事によると、8日午後8時現在、36人が市内2カ所の病院で治療を受けています
重症の1人を除けば、病状は比較的安定しているといいますが、
患者の多くは14歳以下の子どもでした
患者には亜硝酸塩中毒の症状がみられるそうで、いずれも地元の2カ所の
農場から出荷された牛乳を飲んでいることから、牛乳に亜硝酸塩が
混入していた疑いがあるとして、当局は農場を閉鎖しました
資料写真

亜硝酸塩は「工業塩」と呼ばれる白色不透明の結晶体で、
ハムやベーコンなどに食品添加物として使われています
毒性は比較的強く、0.3~0.5g摂取すると中毒症状を起こし、
3gほどの摂取で死に至ります
妊婦が摂取すると胎児に奇形などの影響が生じる可能性も高いそうです
資料写真

10日までに約半数の17人が退院したそうですが、
牛乳に故意に毒物を入れた疑いで容疑者が拘束されそうです
容疑者の詳細や動機などについてはまだ報じられていません



続いても食のニュース「中国人の主食マントウに殺虫剤!?」
上海の食品メーカー「上海盛禄食品有限公司」が特定の材料を使っている
かのように見せかけた「着色マントウ」を生産、販売していた事件で、
関係者5人が逮捕されたことが分かりました

上海市質量技術監督局が4月11日と12日に同社の製品を
抜き取り検査したところ、マントウから使用が禁止されている
着色料や甘味料、添加物が検出されました
資料写真

翌13日、同局は問題のマントウを生産、販売した同社の食品生産許可と、
その他の酒類の生産許可を取り消す処分を決定しました
また、市公安機関は同社の法的な代表者である葉維禄ら5人を
刑事逮捕し、事件に関して捜査を進めています
資料写真

市政府も事態を重く見ており、関係各部門の責任者を集めて緊急会議を開き、
専門調査委員会を設置し事件の解明を進めるとともに、問題のマントウの
回収を速やかに行うほか、食品の安全性を確保するシステム作りを
急ぐことを明らかにしています
同社は2011年1月以降、問題のマントウ(4個入)を8万3716袋生産し、
市内の各スーパーなどで販売していた模様です



これと同じくして、陝西省西安市でも販売されている一部の
マントウに、見た目や風味をよくするため様々な添加物が
加えられていると、関係者からの告発がありました

マントウは中国式蒸しパンで、北部を中心に主食として広く
食べられており、西安市のあるマントウ店の主人は、
「白くきれいに見せるため、漂白剤や改良剤、色素、
 その他様々な添加物を加える」
とおいしそうなマントウの秘密を明らかにしました
さらにこの主人は
「ジクロルボスを加えるのは、風味を良くするため」とし、
「何が入っているかわからなくて怖いから、街ではマントウを買わない」
と話していました
また、内部関係者によると、マントウに添加物を加える方法は、
添加物の製造メーカーが「丁寧に指導」してくれるといいます
資料写真

専門家は
「たとえ少量でも、ジクロルボスや色素、その他有害な物質が
 含まれているマントウを長期間食べ続ければ肝臓や腎臓障害を
 引き起こすだけでなく、ひどい場合はガンを誘発する」
と警告を鳴らしています
しかし、政府の検査部門では「生産拠点が多すぎて、すべては調査できない」と、
マントウへの有害物質の添加はほとんど野放し状態になっているのが現状です
さらに、条例では添加物禁止が明文化されているにもかかわらず、
添加物の多くが検査の対象項目になっておらず、
「どんな有害物質が添加されているかもわからないため、
 すべての有害物質を調査することは不可能」
とお手上げの状態だといいます
資料写真

怖いですねぇ 怖||´・д・)コワィョォ・゚・
皆さんも中国へ旅行の際はちゃんとした所で
食べられた方が良さそうですよ?
え? 「ちゃんとした所ってあるの?」ですか?
それ自体も疑問ですけどね ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ



最後は、やはり地震関連から
「放射能に汚染された魚を満載した日本漁船が中国にやってくる」
こんな噂が、中国のネットで広がっているそうです
輸入品検査の様子

あるネットユーザーは
「朝、香港フェニックステレビのニュースで流していたと聞いた。
 火のないところに煙は立たないって言うしね」
と書き込んでおり、マイクロブログでも「汚染魚」のうわさが
一部で広がっているようです
輸入品検査の様子

もっとも、フェニックステレビのウェブサイトに
「汚染魚」のニュースは一切掲載されてなく、
広東省税関分署は「現時点でそのような情報はない」とコメントしています


こんな噂を受けてか、あれほど日本の輸入食品を崇拝していた中国人消費者の
態度が一変し、放射能汚染への懸念からほとんどの人が手を出さなくなりました
「たとえ放射能に汚染されていなくても日本の粉ミルクはもう買わない」
ハルビン市の王さんは1歳の息子にずっと日本の粉ミルクを
飲ませていましたが、「万が一」を考え控えることにしたそうです
福島第1原発の放射能漏れ事故から1カ月・・・
日本からの輸入食品をこよなく愛していた中国人消費者は
手のひらを返したように日本の食品を避けるようになりました
日本食品売り場の検査

地震直後は日本からの輸入が途絶えるのを懸念したのか、
粉ミルクなど日本の輸入食品を買い占める動きが見られ、
値段も上昇しましたが、原発事故の後は一変し、日本製は
怖くて手が出せないという消費者が大半を占めるようになりました
日系スーパーの店頭からも日本の輸入品は姿を消しています
北京市民の耿さんはこう言います
「日本からの輸入品は絶対に買わない。食べ物だけでなく洋服も」
日本食品売り場の検査

中国政府は8日から日本食品の輸入禁止範囲を拡大しました
従来の福島、栃木、群馬、茨城、千葉に加え、
新たに宮城、山形、新潟、長野、山梨、埼玉、
東京で製造された食品、農作物、飼料の輸入も禁止しています


この情況に悲鳴を上げているのが日本食店
「日本の食品は安全、安心」との信用が、今回の福島第一原発の事故で
ものの見事に崩れ、海外の日本食ブームに影を落としました

とくに日本食の人気が高いアジア地区で、日本食離れが顕著に出ており、
香港の一部の日本食レストランには倒産の危機に追い込まれています
各店とも信用を取り戻すため、日本以外の国から食材を
仕入れるなどの対策に必死のようです
資料写真

インドネシアの首都ジャカルタで日本料理店を経営するある人物は、
「最近は食材の安全に関する問い合わせの電話が店に殺到している。
 客数も急激に減少した」と嘆いています
インドネシア政府では、日本からの輸入食品に
「放射能に汚染されていない」との証明書添付を義務付けていますが、
しかしそのような文書を発行する機関も制度もないゆえ、前出の経営者は
「誰に証明書発行を求めればいいのか。手続きはどうやってするのか。
 このままではただ店の倒産を待つだけだ」と憤慨しています
資料写真

香港のある高級日本料理店は今月1日に営業を停止しました
香港には日本食レストランが600店あるとされていますが、
多くが経営の危機に瀕しているといいます
また、シンガポールでは震災発生3日後の先月14日より、日本からの
輸入食品に検査体制を敷き、11都県からの食品を輸入停止としています
全国に 1200店が存在するタイでは、一部の店舗でオーナー自ら
刺身を食べて見せるなどしてその安全性を強調しています
日本食材の輸入商社の社長は、
「福島原発が低濃度の放射能汚染水放出を始めてから、
 タイでは日本産海産物への不安が大きく増した。
 もし菓子やインスタントラーメンなどの加工食品まで
 これが波及すれば、その及ぼす打撃は計り知れない」
とコメントしています

今の日本は、内部だけでなく世界的にも大変な事になっています
そんな情況でも尚色々と隠そうとする東電や政府・・・
いい加減にしてほしいものです、隠せば隠すほど恥の上塗りでしょうに

以上で、今日の時事を終わります
最後までご覧頂き、ありがとうございました。




<1歳の女の子の酔っ払い>


ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 19:53:09 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

風評というよりも無知がまかり通ってます
■ももたろう様。
お早うございます。
風評というよりも無知がまかり通ってますが、
逆に日本では、特に「原発」立地の辺りでは、
放射能の怖さが全く認識されてません。
だからこそ東電の安全神話にまんまと乗って、
能天気にも原発誘致に乗ったのでしょう。
福島原発周辺30キロ圏内は今後30年くらいは
健康のことを考えれば「無人地帯」となるでしょう。
放射能の影響は十年以上経ってから出てきます。
昨日、現地の飯館村に出向いた福山官房副長官(京都出身です)に
住民から出されている苦情が放映されましたが、
これらを見ると、先に書いた「放射能の怖さ」が、
全く判っていないことが判ります。
これは政府の被害を抑えた報道や小出しの対策が
裏目に出たもので、政府の失策です。
「危険無人地帯」の宣言をして住民を追い出すべきです。
補償は、その後のことです。
政治家の「見通し」「哲学」の無さが一番怖いです。
sohya 様
何時もコメント有難うございます。
全くその通りで、今日の(たかじんのそこまで言って委員会)でもやっていましたね。
無能な政治家が、この国を操っているのですからそちらの方が怖いですよ~!





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/600-8108e802
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。