== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

時事通信 4/22!! やっぱりトヨタは凄かった

週末の時事通信です (・ω・)ノ

アメリカの雑誌フォーチュンで
「アジアで最も活力ある25人のビジネスパーソン
 (25 most powerful businesspeople in Asia)」の発表がありました

TOYOTA
それによると、1位にランク付けされたのは、トヨタ自動車の豊田章男社長
日本からは豊田章男氏のほかに、本田技研工業の伊東孝紳社長(19位)、
ソフトバンクの孫正義CEO(20位)が登場しています
TOYOTA社長

中国からの最高位は、通信大手ファーウェイ・テクノロジーズ
(華為技術)の任正非CEOで、5位でした
その他に中国系で注目されたのは、38歳の最年少で22位にランクインした
CITICプライベートエクイティ(中信産業投資)の劉楽飛CEO
尚、中国からは11人がランクインしており、国別では最多となっています
TOYOTA

このランキングは、アジアで最も活力のある企業に対し、
その業績や成長率、グローバル化の進度、経営者たちの自社への
貢献度などを評価対象として編集されているそうですが、
さすがは“世界のトヨタ!”
あんなに色々あったのに堂々の№1に輝いています



一時話題になった北京の天安門広場傍に建てられた孔子像ですが、
突然姿を消し、その詳細が不明なようです
天安門の孔子像

20日に、天安門広場東側の中国国家博物館前の、もともと像が
建っていた場所がフェンスで覆われていました
警備に当たっていた武装警官によれば、孔子像は
国家博物館の西門へ移されることになったといいます
21日朝、作業員の話では
「孔子像は修理のため移送されたが、またこの場所に戻って
 来るかもしれないし、ひょっとしたらもう見られないかもしれない」
とのことでした
実態はいまだ明らかになっていないようです
天安門の孔子像

この孔子像は高さが9.5mあり、今年1月、中国国家博物館の
北門前の広場に設けられ、落成セレモニーも盛大に行われました
当時、中国メディア各社は「天安門広場に新たな文化的象徴が登場した」
と伝えていましたが、孔子はかつて封建主義的な思想を代表するもの
だとされ、共産主義中国を代表するこの場所には相いれないのでは
ないかという意見も出ていたようです
せっかく北京観光の一つになりかけていたので、ちょっと残念ですね



次は最近の若者についての調査結果です
日中韓の高校生の心と体の健康状態を比較・研究した報告書が発表されました

この調査は、上海社会科学院青少年研究所と日本青少年研究所、
韓国青少年研究所が合同で昨年10月に実施したものです
中国は北京、上海、寧夏回族自治区、遼寧省、陝西省、湖南省の6省(市・区)の
高校10校の1280人、日本は1113人、韓国は3933人が対象となりました
男女比はほぼ半々だったそうです
資料写真

身長は中国の高校生の平均が168.17cm、韓国は167.61cm、日本は164cm
体重は中国58.19kg、韓国59.26kg、日本は56.18kgでした
朝ご飯を食べる割合は、中国と日本は「毎日食べる」が80%を超えましたが、
韓国は約半数が「食べない」と答えたています
睡眠時間が「6時間以下」だったのは中国30%、日本46.6%、韓国57.9%でした

「喫煙を経験したことがある」割合は中国、韓国、日本の順、
「女子の喫煙経験」は韓国、中国、日本の順でとなり、
初めて喫煙した時期は、中国は「小学生」と「中学2年生」が最多で、
日本と韓国は「中2」「中3」が最も多い結果となりました
「飲酒経験」は中国が70%近くで最多、日韓はそれぞれ50%程度だったようです
初めて飲酒した時期も、中国は「小学生」が最も多く、
日韓は「中2」から「高1」の間が最も多い結果となっています
資料写真

体質面では、「病欠したことがない」割合は韓国71.6%、日本53.1%、
中国45.4%の順となり、「常にストレスを感じている」割合も、
韓国47.1%、日本32.8%、中国16.0%の順だったようです
ストレスの原因について、
中国は学習が62.2%、卒業後の進路が35.4%、友人関係が28.4%、
韓国は学習が44.7%、両親との関係が36.9%、友人関係が36.7%、
日本は学習が72.3%、卒業後の進路が52.2%、両親との関係が35.8%でした

ストレスに対して中国の高校生は「我慢する」「寝る」「1人でのんびりする」
などの方法で対応しているとの回答が目立っており、
家族との関係については、中国の高校生は韓国よりも良いという結果に
なりましたが、同時に家族からの期待がストレスの原因にも
つながっていることが明らかになりました
資料写真

また、「自分は価値のある人間だ」「自分は性格が良い」
「自分自身に満足している」など自己に対する肯定感や、
「自分は何でもできる」「自分は困難を解決できる」など
自分に対する自信では、いずれも中国が日韓より高かったようです



ストレスも無関係では無いですが、中国では不眠症や安眠できない人の
増加で快眠・安眠産業が飛躍的な発展を遂げていますが、
一方でこれらの商品に対するクレームも大幅に増加しています
駅の構内で

中国睡眠研究会が行った調査では、中国では成人の不眠率は38.2%で、
そのうち高齢者に限ると60%が不眠に悩んでいるようです
また、今年3月に求是雑誌社中国全面小康研究センターと
清華大学メディア調査実験室が中国14都市を対象に行った調査によると、
回答者の83.9%が「なかなか眠りにつけない」「安眠できない」
「夢をよく見る」など、睡眠に対して何らかの不安や
不満を持っていることが分かりました
安眠マスク

一方で、不眠に悩む多くの市民を対象とした快眠・安眠産業は
すでに巨大な市場を形成しており、市場範囲は、枕やマットレスなどの
一般用品から、睡眠薬や睡眠導入器までと幅広い物になっています
「2011年中国睡眠改善市場研究予測レポート」によると、
中国の同産業の市場規模は1200億元(約1兆5千億円)にも達しています

ですが、市場の拡大に伴い消費者からのクレームも急増しています
2010年第1四半期(1-3月)の健康関連商品に関するクレーム件数は
前年同期比42.1%増を記録し、うち、睡眠関連グッズのクレームが
全体の90%以上を占めました
おねむ

中国睡眠研究会・・・変わった研究機関があるんですね
日本でも低反発枕などの睡眠グッズは結構人気がありますが、
中国はその上を行くようです(睡眠薬までとは^^;)
皆さんも、睡眠は健康のバロメーターですので、
心地よいグッスリとした睡眠を心がけてください



大震災(福島)の為、一時は帰国ラッシュだった外国人(中国人)ですが、
中国・北京の出入国検査機関の統計によると、東日本大震災の影響で
便数が減っていた日本行きのフライトが通常に戻り、
乗客の数もほぼ震災前の水準に戻りつつあるようです
震災の影響

東日本大地震で一旦は帰国した中国人たちが続々と日本に戻り始めています
北京の出入境辺防検査総站によると、震災後の状況が落ち着きを見せ始めると、
日本に戻る中国人の数も増加し始めました
日本での生活が長い人ほど、そう簡単には生活の基盤を移せないようです

北京の首都空港から日本行きのフライトに乗る手続きをした呉さんは
来日10年を越えており、一時は帰国したのですが、見送りに来た両親の涙に
後ろ髪をひかれながらも、 3歳の息子を連れて日本に戻る決意をしました
「仕事も家庭も東京にあります。放射能汚染や景気の落ち込みは
 気になりますが、帰らないわけにはいかないんです」
と話していました
震災の影響

だが、中には一旦は日本に戻ることを決めたものの、
空港で搭乗手続きをしている最中にキャンセルした人や、
飛行機が離陸する寸前になって「やっぱり降ります」と言った留学生も
いたようで、まだまだ原発の恐怖からは逃れられていないようです



最後は、またもやったよ中国人(福建人)
日本新華僑報の報道によると、53人の在日中国人が、入国の際に
就職先などに虚偽の申告をしたとの理由で、大阪入国管理局から
「定住者」の在留資格を剥奪されました
大阪

高齢の残留孤児姉妹の介護をするとの理由で、2010年に中国福建省から
来日した中国人48人ですが、彼らは入国直後に大阪市に生活保護を
申請したため、日本国内で大きな問題になっていました
今回「定住者」の在留資格を剥奪された中国人は、このほかに大阪市外に住む
5人を含めた計53人となっており、大阪市はこのうち26人にはすでに生活保護費を
支給しており、その総額644万円を全額返還するよう今後求めていく方針のようです

中国新聞網が報じたこのニュースのコメント欄には
「中国国内では良くあること。でも外国ではありえないこと」といった意見や、
「また福建省だ。これでまた福建省の人間が日本に行くのが難しくなる。
 日本で最も悪名高いのが福建省だ」と嘆くもの、
「こんなやつら、中国だって必要ない。帰ってくるな!」と
怒りをあらわにした内容などの書き込みが続いているようです
大阪城



なんか最近、時事ばかりになってすみません (・・*)ゞ
来週からはまた中国紹介等を始めますので、今しばらくお待ち下さい
最後までご観覧頂き、ありがとうございました (^ω^)





ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 19:02:14 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

いつも為になりまする
■ももたろう様。
お早うございます。
中国人も多分に「情緒的」ですね。
福島原発の今後は予断を許しませんよ。
東電の「工程表」なるものが順調に捗るとも
思えません。
どこから水漏れしているか判らないようでは
前へ進めないでしょう。
それに発電所対策に従事する労働者の宿舎の
扱いが劣悪だそうで、改善される必要があります。
では、また。
sohya 様
何時もコメント有難うございます。
昨日、東電の社長が謝ってる姿がTVで放映されていましたが、私は何か違和感を覚えました。
そもそも、あそこに原発を作る時に自治体や政府も承認して出来たもの!またその時の政府は
自民党です。ぼんくら管総理、天下りの社長だけに責任を押し付けてる場合でしょうか?全員
が一丸となって被災者、避難民の為に事に当るのが筋ではないでしょうか?知らぬ顔の張本人
達にこそ強い怒りを感じます。





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/602-73012df1
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。