== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

時事通信 5/23!!

ついこの間まで寒いと思ってたのに、
九州南部では梅雨入り宣言が出され、この暑さ・・・
もう夏ですね (^ω^)ノ

中国茶畑
新茶の季節となりましたが、今年は喜んでいられないみたいですね
原発の影響で、沢山の作物が出荷停止されている中、各地で基準を
超える放射性物質が検出されている茶葉だけは出荷停止されない・・・
今年のお茶は控えるか、産地を限定した方が良さそうです
中国の緑茶


さて、中国の時事に入りますが、まずは原発事故の影響から
以前から記事にはしてますが、福島第一原発事故などの影響で、
香港の日系飲食店の業績落ち込みが続いています
日本食への信頼を回復し、業界の業績向上を図るため、
非営利団体「香港餐飲聯業協会」は来月、香港市民に日本食を
味わってもらうためのキャンペーンを企画しているそうです
香港の日本料理店

同協会の黄家和会長は言います
「香港では今月から飲食業界の最低賃金が引き上げられただけでなく、
 テナント家賃や食材も値上がりが続いており、
 業界の今年下半期の業績は予断を許さない」
さらに
「毎年、母の日が過ぎると業界は閑散期に入り、
 夏季休暇シーズンに入ってやっと回復する。
 このため各企業は24時間営業を取り入れるなど、
 何とかして売り上げ増を図ろうとしている」
と現状を説明しました

原発事故の風評被害で影響を受けている日系飲食店の業績はさらに厳しく、
各企業が様々な集客プランを実施しているにもかかわらず、
一般的なレストランで15%減、高級レストランでは20%減という状況が
依然として続いており、こうした状況を打破するため、同協会は
香港工業貿易署に200万香港ドル(約2500万円)の融資を申請し、
6月に日本食の拡販キャンペーンを企画しているそうです
香港市民に日本食を味わってもらい、日本食に対する信頼を
取り戻す目的だといいます
香港の日本料理店

一方、飲食業界以外の日本食品業界も大きな影響を受けています
香港で11日から開催中のアジア国際飲食、ホテル、レストラン見本市
(HOFEX2011)には、当初日本から25ブース分の企業が出展を予定していましたが、
震災の影響で海産物関連企業など10ブース分が取り止めになりました
この見本市に出展する日本食品輸入企業の関係者は
「原発事故の影響で業績は20~30%減」と語る一方で、
「日本からの輸入食材に対しては放射性物質の全品検査を実施しているため、
 香港で販売されている日本からの輸入食材はすべて心配ない」
と安全性を強調しています
香港の日本料理店

また、今月25日から4週連続で「水曜半額デー」キャンペーンを展開するそうです
200以上の日本料理店がこれに参加する予定になっています
あれだけ厳しい検査を通過して輸入された日本食材なのですから、
頑張って回復してほしいものです(自国の物にはしないくせにw)




今回の原発事故に対して、「原発事故の観光業への影響」について
中国のネット上でアンケートされてたので、ついでにご紹介
期間:2011年4月18日~5月23日
回答数:3500人(公正を記す為に、有効投票は一人一回)

■東日本大震災と放射能漏れ事故の影響は時間が経てば収まると思いますか?
思う―56.2%
思わない―43.8%

■日本の観光業が回復する時期は?
2011年末―12.9%
2012年春―24.4%
数年後―62.8%

■外国人観光客を呼び寄せる努力をすべきだと思いますか?
思う―65.4%
思わない―34.6%

■韓国・済州島のように沖縄も中国人観光客への
 ノービザを実施すべきだと思いますか?
思う―21.2%
思わない―66.8%
どちらともいえない―12.0%
東京築地市場

おそらく地震だけだったなら、もう少しましな結果だったと思います
中国も幾度となく大地震災害は起こってますから・・・
現在「中国の食品安全問題」について投票を受け付け中になっていますので
こちらの方も結果が出次第、またご報告します




そんな中、中国では「安価なコスト」+「優れた安全実績」を売りに
数年内に原子炉(中国核技術)を輸出しようとしているそうです
江蘇省の田湾原発

中国はすでに世界最大級の原子力発電所建設国となっています
今後数年以内には、海外市場への輸出へと転じると見られており、
ロシア、韓国、日本、米国、カナダなどのライバルとの競争があるとはいえ、
世界最大の輸出国となる可能性はきわめて高いといわれています

中国核工業集団公司の田佳樹副総エンジニアは、
優れた安全実績とコスト競争力から多くの国が
中国の原子力技術に興味を示していると明かしました
現在、ベトナム、タイ、マレーシア、シンガポールなどの国と
すでに交渉が始まっているようです
江蘇省の田湾原発

世界一安全な原子炉は『造らない事』なのですが・・・^^;
まあ、金儲け&プライドの為には、造らないとしょうがないんでしょうね




長引く不況の中、急成長を続けている中国でもやはりその風は吹いており
多くの中小企業が倒産の危機に追い込まれています
倒産した広東省仏山市の靴工場

記事によると、中国中小企業協会の周徳文副会長は、
中小企業の実情について「危機は目の前に迫っている」と表現しました
全国工商業聨合会の全哲洙第一副主席も、
「今年8月前後に中小企業の倒産が相次ぐだろう」と予測しています
多くの中小企業が深刻な経営難に陥っている原因について、
人件費の高騰、人民元の上昇、原材料の高騰、人手不足、
電力不足、資金不足などを挙げられています

中国政府が打ち出しているインフレ対策により、国内銀行の貸付金利が
大幅に上昇しているほか、銀行から融資を受けられない企業は、
資金繰りのため高利の民間金融から借り入れざるを得ないなど、
中小企業が直面している状況は非常に厳しいものとなっています
経済評論家の朱大鳴氏はこう警告します
「政府が更なる金融引き締め政策を実施すれば、
 中国の中小企業は軒並み倒産する」と
倒産した広東省仏山市の靴工場

中小企業は成長する中国経済を支える大きな要因となっており、
その数は1000万社を上回っているそうです
中小企業は国内企業総数の99%を占め、都市部での雇用の80%を創出しています
中小企業が存続危機に陥っているとすれば、
中国にとって極めて深刻な問題ということになるのですが・・・
まあ、どうせ中国政府はいつものように「知らぬ、存ぜぬ」なんでしょうね^^;




と、暗い真面目な話ばかりでも何なので、少しは明るい話題をw
川で溺れていた男性を救ったとして中国人研修生「趙立科」さん(33)に
富山北署から感謝状が送られました
趙さんの故郷、遼寧省撫順市

趙さんは先月29日の夕方6時ごろ、自転車で買い物に行く途中、
富山市水橋辻ケ堂の白岩川河口付近で年配の男性が
水中でもがいているのを発見しました
橋から100mほど離れており、「最初は状況が良く理解できなかった」のですが、
良く見てみると男性が手を振って助けを求めているのを確認しました
趙さんは迷わず自転車を乗り捨て、男性を助けに向かったそうです

男性は岸壁から1mほど下で何とか水面から頭だけ出し、両手で係留用の
ロープにしがみついており、趙さんは力を込めてロープをたぐり寄せ、
無事男性を岸辺に引き上げることに成功
この日の水温は12度で、20分以上もがき続けていた男性は
疲れ切って話もできない状態だったといいます
数日後、男性は妻を伴い、趙さんの元にお礼を言いに訪れました
男性の元気そうな姿を見た趙さんは
「当たり前のことをしただけです。誰でも同じことをしたと思います。
 元気になって良かったです」と謙虚に話したそうです
趙さんの故郷、遼寧省撫順市

遼寧省撫順市出身の趙さんは昨年3月から日本の農業技術を学ぶため、
同市浜黒崎の「農業法人有限会社せきの」で研修を受けています
「どうすればおいしい米が作れるのか学びたい。
 日本語もきちんと勉強して農業を通じた中日両国の交流を
 促進していきたいです」
と記者にに抱負を語りました



最後は、日本から見ればそんなに対した事のようには思えませんが、
中国のインターネット・ショッピングサイト「淘宝商城(タオバオ)」で
超高級スポーツカーのランボルギーニが販売されることになりました
ランボルギーニ

記事によると、タオバオで購入できる商品は8億点を数えていますが、
数百万元(数千万円越)のランボルギーニはひときわ高価で輝いています
これがネット上で成約した場合、単品ではタオバオ史上
最大の売り上げになるそうです

タオバオ内のランボルギーニ・サイトでは、3~5車種の在庫車を
常に登録しておく計画にしており、注文から半年近くかかるという
納車までの時間が、購入者側にとってはいちばんの頭痛の種となるのだが、
タオバオでは在庫が確保されているため即納車可能だといいます
アフターサービスも保証されており、そのほかにもタオバオの会員向けに
毎月1度、F1の試乗チャンスも提供されるそうです
ちなみに2010年の中国でのランボルギーニの売上台数は260台だそうです
ランボルギーニ


以上で本日の時事を終わります
最後までご観覧ありがとうございました <(_ _)>

台湾の人気タレント『伊能静』




ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ


┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 18:33:14 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

お茶の葉も危険です
■ももたろう様。
お早うございます。
今日の記事は時宜を得たものです。
日本茶にも放射能汚染が迫っています。
千葉県、神奈川県の茶葉については
「出荷制限」が出されましたし、
最大の生産県(全国シェアの50パーセント超)
である静岡茶も汚染されていることがわかり
大問題になってます。
生葉に残るセシウムは乾燥した茶になると
濃縮されて何倍にもなります。
私の専門分野でありますが、困ったことです。
「西」の方が拡散がゆるいので安心できます。
では、また。
sohya 様
いつもコメント有難うございます。
本当に後始末が大変ですね~~~!
私は、四国(松山)ですので影響も無く安心ですが被災された方々、その影響をもろに受けられた
方々のご心中をお察し致します。





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/607-fcf55f84
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。