== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

5/27!! 一匹犬政策?!

中国の一人っ子政策はよく知られていますが、
今度は一家に一匹犬の政策を施行するとか・・・^^;

パンダ犬
Yahooの所にちらりと出てたので、気になって調べてみたのですが
どうやら、昨年の11月頃には上海市政府が「犬規制法案」を
検討していたみたいですね

ノラ猫の次は野良犬ですか・・・といいたい所ですがw
現在の中国における狂犬病の発生は多大で、毎年2,500人以上が
狂犬病で亡くなっているようですからしょうがないのかと^^;
また、日本ほどのマナーも無いので街の通りに氾濫する犬の排泄物、
犬に咬まれる事故、飼い犬の放棄(野良犬化)、
これらに問題により、上海市当局がこれ以上飼い犬を増やすことを
規制するには十分な理由だと判断したようなのです
(英国の一般大衆も同様な問題で頭を抱えているそうです)
お行儀よく

さて、その気になる内容とは、
「犬のいる家庭で新たに生まれた子犬は、生後3ヶ月以内に
 犬を飼っていない家庭か、政府公認の里親施設に預けなければならない」
というもの
これだと、上海市の人々は一家に一匹しか犬を飼えなくなり、
もしそれ以上の犬を飼っていることが発覚した場合は、野犬捕獲員によって
捕獲され、応じない飼い主は2800元(約37,000円)の罰金を支払わなければならない
すでに2匹以上の犬を飼っている場合は、そのまま飼っていてかまわないのだが、
この法律が施行された後では今まで以上に飼うことはできなくなるようです

その上、中国では飼い犬のライセンス取得の料金も十分高額で、
郊外では飼い犬に対する料金は年間100元(約1,200円)しかかりませんが、
都市部では360元(約4,700円)必要となります
飼育できる犬数に制限を設ける他にも、日本ではよく聞き覚えがあるルールとして、
公の場では犬のリードをつけておくこと、大型犬は口輪をつけること、
犬の排泄物は片付けることが義務づけられるようです(これは良いのでは?)
読むかい?

現在約80万匹飼われている犬の中で、きちんと登録されている犬は約14万匹のみ
また、上海市の飼い犬は全て狂犬病予防のワクチン接種が義務づけられていますが、
新ルールが施行されるとそれにマイクロチップを埋め込むことが加わるそうです
すでに、上記の規制のいくつかは中国では実施されており、さらに犬に
マイクロチップを埋め込むことを目指し活動を展開している団体もいるようです
マイクロチップ埋め込みと飼い犬のライセンスがセットになっており、
マイクロチップを埋め込まないと飼い犬のライセンスが得られないように
しようとする動きまでみられるそうです

ここまでだと、確かに年間払いのライセンス料等は大変かもしれませんが、
ルールに関しては理にかなっていると思います
日本でも飼い主のマナーの悪い人沢山いますし・・・^^;
ただ、マイクロチップは頂けませんね><
完全なモルモット扱いじゃないですか;;
ぺろ


さらに調べていくと、2001年12月に
一部で犬に関する規制が出されていました

その内容とは、

・犬は登録すること

・登録マークを家の門に掲げる事

・犬は半歩たりとも、家の外に出してはいけない (゚ロ゚;)エッ!?

・公共の場所での散歩禁止
 つまり、道路、公園、マンション敷地内も禁止 (゚ロ゚;)エェッ!?
 もし、警察が見付けた場合、登録をしていても、
 即没収及び罰金になります

・登録をしていない犬は、見つけ次第没収

・1家庭1匹、鑑賞犬のみ許させる

・大型犬、雑種は禁止  (゚ロ゚;)ナゼ!?
 これでいくと、血統書付の中・小型犬しかダメ

と言うものです
つまり、今までにも何度か実施されているようですが、
やはりお国柄もあるのか、正規の手続きを経て登録されているのは
先程の80万頭のわずか4分の1だそうで、残りの犬は野放し状態で、
これが狂犬病流行の原因にもなっています
(上海市での犬のトラブル(噛まれた等)は年間10万件にものぼる)
その背景には、手続き費用の法外な値段の高さがあり、
鑑札をもらい狂犬病ワクチンを摂取すると1000~2000元かかるそうで、
大半の愛犬家はそれを嫌って正式の登録を躊躇しているようです
虎犬

それに対し、上海市ではこの登録費用を300元まで下げることにより、
ワクチン接種とマイクロチップの埋め込みを促進するとしています

まあ、どっちに転ぶかは解りませんが、
上海市から犬・猫が消える日が来るのかもしれませんね



引き続き犬のニュースです(笑)
愛犬を轢き殺された飼い主が、加害者の夫に殴り殺される
と言う事件が起きていました

上海ニュース等の報道によると、事件は209年6月に発生したのですが、
36歳のサラリーマンの妻が、娘を幼稚園に送るためクルマを運転して
団地の入口を通ったところ、鎖でつながれたぺットの犬を
うっかり轢き殺してしまったそうなのです
普通ならすぐに車を停めて飼い主に謝罪なりする所ですが、
この奥さん、何も無かったようにそのまま車を走らせようとしました
飼い主の魏さんは、そのまま走り去ろうとするクルマのドアにしがみついて
停車させ、運転席から女性を引きずり出して顔を数回殴ったそうです
女性はその場で電話をかけ、ほどなく夫の黄被告がやってきました
仲良く

黄被告は血だらけの妻を見るなり魏さんに掴みかかり殴り合いになりました
その後、一発のパンチが魏さんの顔面に命中!
魏さんはその場でぶっ倒れて頭蓋骨を骨折し、亡くなったそうです
黄被告は駆けつけた警察に身柄を拘束され、殺人容疑で起訴されました

第一中級人民法院は、被告の刑事責任は免れないとしながらも、
黄被告が遺族に損害賠償金を支払っている点や、被害者の魏さんにも
落ち度がある点を考慮して、このほど12年の有期懲役刑を言い渡しました
おでかけで~す

これって、単にこの奥さんが車を停めて誤っていれば
(弁償等はありますが)何の問題も無かったお話ですよね?
まさに「注意1秒!怪我一生!!(亡くなってますが)」ですね><


最後に昨日の記事のニュースがYouTubeにありましたので載せておきます
中国語ですので、解る人だけ再生してください(笑)
それでは、本日も最後までご観覧下さり、ありがとうございました^^





ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:4 ━ Trackback:0 ━ 19:32:16 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

狂犬病は怖いですよ
■ももたろう様。
お早うございます。
日本では狂犬病は最近発症していませんが
予防接種は行われています。
狂犬病は怖いですよ。
中国は大きいですし、新旧入り混じって
大変ですから余計なことは言わずにします。
「チップ」を埋め込むなんて最先端ですね。
フランスのパリなんかも犬猫の糞は歩道に
散乱していて、歩行者がうっかり踏むことも
多いのですよ。
その代り、散水車が早朝にざぶざぶ水を流して
洗ってますが。。。。
では、また。
sohya 様
何時も為になるコメント有難うございます。
大型台風が近づいて来ており、31日から3日連続石鎚登山計画の為
ヒヤヒヤしております。
No title
マナーについてはまあ…日本にもどうしようもない人はいますが。
行政のほうももっとやり方はあるような気がします。
なんか極端ですね。

狂犬病の死者数がすごいですね。
この数字だけ見ると怖いです。
でも、この数字が出るのはいろんな背景があるんでしょうね。
魏さんの事件も何と言えばいいか。

最後の動画はタイトルからなんとなく不穏なものを感じました。
かめとと様
コメント有難うございます。
ニュースの動画は、最低最悪の料理店の内容を話しています。
(犬や羊の肉を使っている~尿までも一緒に煮込んでる~食べ残しの再利用等)です!
恐ろしや~~~!今後共、宜しくです。





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/609-1b7bcb39
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。