== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 上海 ==

6/13 朝上海

眠らない街「不夜城」と呼ばれる上海・・・
いつも昼~夜の顔しか紹介されていないので、今回は朝の顔に迫ってみたいと思います

夜の外灘
<AM5:10>
眠い目を擦りながら到着したブロムナードはまだ薄暗く、
昼間の賑わいが嘘のように静まり返っている
外白渡橋

カモメだろうか?
薄暗き中に鳥が低空を飛び、風の中に潮の香りを感じる
今更ながら「上海」は文字通り海の街なのだと気付かせられる
プロムナード通り

<AM5:15>
浦東の空がほんのり茜色に染まり始め、その逆光で当方明珠や金融中心が
影となり、まるでミニチュア模型のように黄浦江に浮かび上がる
摩天楼群

<AM6:00>
120年の歴史を誇『上海海関』の大時計が鐘を鳴らし、東方紅を奏でる
そして、凧や剣、棍棒等を持った人たちが続々と姿を現しだす
上海海関
半世紀前、いや一世紀以上前から多くの人がここを歩き、
ここに集い、そしてここで何かを考えていた・・・
5万5000回以上もの朝を迎えてきた外灘は、私達を空想の世界へと誘ってくれる
昔の外灘



【魯迅公園】
上海で一番賑やかな朝が、魯迅公園にはあります
趣味の仲間を作り、毎朝のように生き生きと公園に通っている
お年寄り達を見ると元気を貰えた様な気分になります
どの集いも自由に参加可能だそうです(但し、大半が中国語必須ですけど)
魯迅公園MAP

①ラジオ体操
日本でもお馴染みのラジオ体操(中国語版)です
お年寄り達が芝生全体に集まって、放送を聞きながら手足を動かしています
孫連れのおばあちゃんはちょっと自慢げでしたw
ラジオ体操

②器具運動
中国の公園では良く見かける運動器具です
歩行や足上げ用の器具で運動する人だけでなく、
鉄棒やうんていでアクロバット的な技を見せる老人の姿も見られます
器具運動

③太鼓踊り
先生が打ち鳴らすシンバルにあわせて踊っています
かなりの音量なのですが、まわりもうるさいので、あまり気になりませんw
太鼓踊り

④談話場(時事ネタサロン)
最近のニュースや社会問題、世界情勢などについて
上海語で討論(立ち話)するサロンです
数十人規模の人たちが熱く語り合っています
時事ネタサロン

⑤釣り
水泳サークルが波飛沫を上げている傍で釣りをしている人がいました
鮒などが釣れるそうで、泳ぐ人の有無はあまり関係ないそうですw
釣り

⑥気功マッサージ
雰囲気のある髭の気功師が、訪れた人をマッサージしてました
でも施術されている人を見るととっても痛そうでした><
気功

⑦日本語サロン
毎週日曜日の9時半頃から人が集まりだすそうです
日本語ペラペラの名物おじさんや、日本人留学生が集まり談話しています(オススメ?)
日本語サロン

⑧陰陽球
手に持ったラケットから玉を落とさないように体を動かすのが陰陽球です
その流れるような滑らかな動きに、しばらく釘付けになりましたw
陰陽球

⑨茶館
公園内の茶館「特麗明茶室」は朝6時半のOPENとともに
すぐに満席になってしまう人気店です
茶屋
常連客の大半は一杯10元の烏龍茶と煙草や将棋、雑談で9時頃まで過ごす
「毎日来てるよ」という帽子の老紳士は、友人と一番奥の席で将棋をさしていた
来る人がみんな彼に挨拶をしているところを見ると、一目置かれた方なのかも?
老紳士

⑩武術
ワイヤーアクションのようなジャンプや技の数々は、見ごたえ充分!!
講師レベルにまで達している欧米人もいたりして、大迫力です^^
武術

⑪合唱
緑に覆われた築山の上が彼らの練習場のようです
元音楽教師達の集まりだそうで、歌声も演奏のアコーディオンも
指揮者までもがプロ並みです
合唱

⑫楽器・劇
昆劇、沪劇などの歌い手と、二胡・打楽器・笛などの
奏者が集まって、ストリートライブをやっています
どのグループにも一定のファンが付いているようで、
結構な人だかりが出来ています
※昆劇・沪劇:中国の伝統的な古典演劇である戯曲の1つ
劇

⑬バトミントン
飛び交う羽のスピードと激しい音にびっくりw
お年寄り達の真剣勝負と弾丸のようなスマッシュには驚かされます
バトルミントン?

⑭ハーモニカ
一人で主旋律と伴奏を同時に演奏できる凄腕の持ち主が
木陰でひっそりと練習していました
参加可能だそうですが、その場合は自分用のアンプとマイクをご持参の事
演奏

⑮画眉鳥
鳥籠に入れた自慢の小鳥「画眉鳥」の泣き声を楽しむサロン
(古い中国映画とかにもよく出てきますよね)
ただし、騒いだり鳥籠に近づくのはマナー違反のようです
画眉鳥サロン


まだまだあるのですが、長くなりますので続きは次回にします
最後までご観覧下さり、ありがとうございました

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:6 ━ Trackback:0 ━ 16:30:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

「中華圏」は朝が早い
■ももたろう様。
お早うございます。
上海の朝を有難うございます。
「中華圏」は朝が早い。
これは台湾に行っても香港でも、
シンガポールでも同じです。
それに中国人は「小鳥」好きです。
百メートルにもわたって小鳥市の町が
軒を連ねているところもありますからね。
また面白い記事を、よろしく。
sohya 様
何時もコメント有難うございます。
昨日も、石鎚山へ登って来ました~後、もう1度登る予定をしております。(泣)
神社、仏閣等は午前中が命で何としてもお昼までにと頑張っておりますが矢張り
中国人も仏教が盛んなお国柄なので朝が早いのでは.....と思います。
ご無沙汰しております
ご無沙汰しております(^^)huimei55です。
上海の朝の風景、いいですね。
とてもエネルギーを感じます。
たくさんの人たちが朝早くから集まって、皆それぞれの時間を楽しんでいる。
日本ではあまり見られない光景ですよね。
この雰囲気が好きで、中国にいるときはつい早起きがしたくなってしまいます。
ちなみに夕涼みの時間も好きです。
久々に中国に行きたいなぁと思う今日この頃です。



huimei55 様
コメント有難うございます。
是非、行かれてみて下さい。日中の喧騒は相変わらずですが....!
今後共、宜しくお願い致します。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
荒野鷹虎「代筆甥っ子の響です) 様
コメント&応援有難うございます。
此方こそどうぞ宜しくお願い致します。





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/614-794290ea
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。