== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

10/14 時事通信!!

季節の変わり目で、体調を崩しやすい日が続きますが、
皆さんは大丈夫でしょうか?

黄金牛
一枚目の写真の牛、いくらすると思いますか?
この「黄金牛」、その価値はなんと3億元(約36億円)もするそうです^^;

華西村の建村50周年を迎え、単独のホテル建物としては
中国最大の龍希国際ホテルが11日にオープンしました
このホテルは74階の建物、高さは328m、華西村の代表的な建物になります
中国一のお金持ちの村として有名な華西村では、一家族あたり
約1000万元(約1億2000万円)ずつ投資し、総資金30億元(約360億円)の
この龍希国際ホテルを建設したそうです
ホテル全体がピカピカのゴールドのインテリアで、61階にはスカイ花園、
スカイプールがあり、2階は2000㎡の豪華なショッピングセンターになっています
ホテル

「黄金牛」は龍希国際ホテルの宝で、重さが1トン、全身ピカピカのゴールド、
その値段はなんと3億元(約36億円)!!
ゴールドの価値が日々上がる中、「黄金牛」の価値は
入手した当時より3割も値上がりしたといいます

「このホテルは裕福を自慢するホテルだ」と非難の声もありましたが、
村の幹部の呉仁宝氏は
「これはまさに農村の都市化であり、これからは都市部の人が
 農村に遊びにきて、農村で消費してほしい」
と胸を張っているようです
室内

黄金牛の価値にも驚きですが、各家庭からの寄付金の額にも驚きですよね(笑)
今回は、こんなびっくり記事を集めてみました^^



同じく華西村より、
ホテル以外にも、中国一お金持ちの村―華西村にはパクリの建物がズラリ
観光スポットとなり、多くの観光客で賑わっているようです
20111014 (8)

江蘇省の華西村の龍砂山は観光地としても有名な所です
ここを訪ねた観光客は皆、唖然(あぜん)の連続だそうで、確かにパクリ建物は
中国のあちこちで出現しており、パクリ天安門も一カ所だけではありませんが、
ここには世界でも有名なパクリ建物がズラリと建てられています

その中には、数年前に建てられた「万米の長城」(米はメートルの漢字表記)があり、
しかもちゃんと「パクリ山海関」まであって、本物の「万里の長城」が「山海関」と
連結するところまでそっくりに建てられ、まさに「万里の長城」ミニ版!!
龍砂山の頂点には「パクリ天安門」が建てられ、多くの観光客が記念写真を撮っていました
万里

ちょっと笑えたのが、天安門の隣に、アメリカ合衆国議会議事堂がある事
本物そっくりに作られた2つの建物が並立しているのには、
やはり、中国と米国は同等という意思の表れなのでしょうか?www



中国のこの時期の味覚として有名なのが「上海蟹」ですが、
皆さんは「上海ガニの運動会」を見たことあるでしょうか?

10月7日、江蘇省洪澤県で上海ガニの運動会が開かれました
江蘇省の洪澤県はカニの主要産地の一つです
特にこの地域は上海ガニの養殖が盛んな事もあり、
当日は200人以上の職人たちが「カニ選手」を連れて会場に現れました
選手入場

運動会の種目は「走る」「網引き」「登る」「重さ比べ」などw
数年前から毎年開かれていたようですが、養殖職人たちは試合を通して
カニの品質向上方法などをめぐる情報交換ができるようになったといいます
20111014 (5)

動物の運動会を見た人はいても、カニの運動会を見た人は
普通いないせいか、大勢の観客で賑わったそうです
でもこの選手たち、協議の後は、結局胃袋の中だったとか^^;



さて、どんどん行きます
北京のある公園で人々が集まって麻雀をしていました
中国で麻雀というと普通に思えるかもしれませんが、実はその牌が・・・

麻雀と言えば、中国の伝統的ゲームの一つですよねw
多くの人は、ルールまで知らなくても麻雀の存在自体は認識していると思います
この伝統的遊びに英語が取り入れられていました(つまり牌が英語)
そのきっかけは、2008年北京オリンピックだそうで、当時、海外から
中国を訪れた多くの人々のために、飲食店には英語のメニューを、
街には英語の看板を、それぞれ掲示するよう中国当局が指示していました
(外国の方が中国でいい思い出を残せるよう配慮した結果ですが)
記事

これがきっかけで一時英語ブームが広がり、
50歳代の薜勝利さんが英語の麻雀を作ろうと考えたそうです
簡単な英語の単語と、ABCDのローマ字でできた麻雀を愛好する人も増えてきているようで、
「遊びがら英語も覚えるなんてまさに一石二鳥だ!」
と人気も上々のようです
20111014 (6)

確かに麻雀は(賭けなければ)頭を柔軟にする良いゲームですね
(言い方悪いですけど、ボケ防止にも繋がります)
それに英語でとなると・・・子供達と遊ぶにももってこいかもしれませんね
(これからの季節、おこたでとかwww)




続いては、湖南省長沙市でのド派手な婿探し
長沙市の路上を、灰色のポルシェが疾走していました
このポルシェは真っ赤なシトロエンセガを追っているのですが、
シトロエンセガの車体には「結婚相手募集」の張り紙が!!
20111014 (10)

シトロエンセガを運転しているのは今年27歳の自称“売れ残り女”師さん
身長167cmのスラリとした美人で、27歳で行き遅れ・・・ということは
さすがにないと思うのですが、家族の催促がうるさいため、
仕方なくド派手な婿探しを決行したとのこと(笑)

車体に貼りつけてある募集チラシの内容が、物凄いw
「家と車を持っていて、わたしを女王様扱いしてくれる男性。
 お役人のドラ息子や親が金持ちなだけの2代目はダメ。 バツイチもダメ」
と、けっこうハイレベルな条件がズラリw
20111014 (11)

これを見た通行人の女子大生は「スゴイ勇気ね。ある意味尊敬する」
とつぶやいたそうですが、ある中年女性は
「彼女、美人だし条件も悪くないけれど、うちにはあんな目立つ嫁はいらないね」
と言い放ったようです

しかし師さんによると、5日間にわたる募集活動の結果、
彼女のインスタントメッセンジャーには1000人からコンタクトがあったそうです
なお、冒頭で彼女の車を追っていた灰色のポルシェの主も、その中の1人だとかw
しかし女王様扱いですか・・・なんかSMをイメージしてしまいますね^^;



中国各地に地下カジノを設け、客にインターネット賭博をさせていたとして、
韓国人女性が中国当局に逮捕されました

今回、大規模な賭博グループが摘発されたようです
その仕組みは、インターネット上で生中継される海外のカジノの様子を見ながら、
マウスを動かすだけで簡単に賭けをすることができるようにしてあり、海外サーバーを
使い、遼寧、山東、広東、天津など中国の複数省(市)で大々的に客を集めていました
逮捕された主犯格の容疑者は23人、押収されたサーバーは24台
賭け金の総額は10億元(約120億円)に上るそうで、これほど大規模な摘発は
同省で初、全国でもあまり例がないといいます
摘発

今年1月に同市内のビルでネット賭博が行われているという通報があり、
主犯格の朝鮮族の男が逮捕されていました
ですが、警察は背後に巨大組織があるものとしてそのまま捜査を続行、
その結果、同様の地下カジノは全国各地に広がっていることが分かりました
そして、5月に瀋陽、青島、煙台、大連、威海にある拠点5カ所を一斉摘発、
韓国美女を含む主犯格の逮捕に至ったようです
この23人には8日に人民検察院が起訴を決定しました
摘発

世の中、賭け事が好きな人は多いですが、
皆さんは賭け事で身を滅ぼさないようにしてくださいね^^;



最後は泥棒に対してここまでやっていいものか・・・
中国浙江省台州市で人権無視の「市中引き回し」が
行われた可能性があるとして、ネットで話題になっています

先日、ネット掲示板で台州市の非人道的事件が報じられました
女性のどろぼうが捕まった後、警察に通報される前に暴力をふるわれました
しかもカミソリで服もブラジャーも切り裂かれた後、
上半身は布1枚巻いただけの半裸姿でさらし者にされたといいます
背中には直接マジックで「私は泥棒です」と大きく書かれていたようですが、
メディアの取材に答えた台州市警察は
「初期的な調査を実施したが、噂されているような事実は確認されていない」
とコメントしています
問題の証拠写真

ネット掲示板の書き込みは話題となり、中国本土メディアも取り上げる騒ぎとなっています
かつての中国では犯罪者を街頭でさらし者とすることが一般的でしたが、
現在では人権侵害との批判も高まり、政府も禁止している行為なのですが・・・
この話が事実なら、捕まえた側にも何らかの処罰が必要だと思いますよね?
問題の証拠写真



それでは今日の時事はここまでです
最後までご観覧下り、ありがとうございました




ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ


┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:5 ━ Trackback:0 ━ 18:55:53 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

コメントが打ち込めない件
■ももたろう様。
先日来「コメントが打ち込めない件」について
再三ご連絡していますが、どうも着いていないようですね。
久しぶりのご更新ですが、見せてもらっていますので
ご了承を。
では、また。
「華北村」というのは、どこにあるのでしょうか
■ももたろう様。
先のコメントが何とか「受け付けられた」
ようですね。
ところで「華北村」というのは、どこにあるのでしょうか。
場所が判りません。追記してください。
では、また。
こんいちは
驚き、驚きの様々なニュース・・
複雑な思いで読まさせて頂きました。
最後の非人道的な市中引き回しは
圧巻です!
なんてコメントしてよいのか言葉が
見つかりません。
No title
こんにちは

英語雀牌…昔の香港含め租界時代の居留区で牌の隅に
数字が彫られた象牙製の麻雀牌を使って麻雀を楽しむ
西洋人の写真?当時のイラスト?を見た記憶があります。

現存する当時の牌が骨董品として高値で出回っていたような
記憶もありますがどうなんでしょう。最近は接待麻雀も全然
ご無沙汰な私です。

窃盗の晒し者、罪はいけませんが書いたこともまた如何な
ものかと…。やってることが日本のやんちゃな小学生や
中学生レベルで本当に民度が低いです
(中国人全てではないでしょうけど)。

sohya 様
いつもコメントありがとうございます。

華西村の事でしょうか?
華西村は江蘇省無錫市にある村で、「中国一の金持ち村」と言われています
その理由は、過去数十年間でGDP(国内総生産)を飛躍的に伸ばし、
今回の記事のホテルに村人200人が1000万元づつ出資した所から
呼ばれるようになったそうです。
ほんと、中国の格差はハンパじゃないですね^^






        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/642-f322c0fc
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。