== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

11/2 時事通信!!

もう、今年も残す所2ヶ月となりました・・・
20111102.jpg
昨日(11/1)、中国人留学生25人が世界韓国語認定試験(KLPT)中に、
無線イヤフォンなどを利用して不正行為を行った疑いで、
韓国・京畿地方警察庁国際犯罪捜査隊が非拘束立件しました
20111102 (1)

捜査によると、受験者らに正答を送った馬(マー、22歳)ら3人は23日、
某大学で行われた今年最後のKLPT試験会場に、
韓国語の堪能な中国人大学生韓(ハン、21歳)をを受験させ、
その回答を事前に用意したボタン式のスパイモニターで外部に送信、
外部で待機している人間が無線イヤフォンを使い、
会場にいるほかの中国人受験生に送るという方式で、
試験回答を提供することで30万~35万ウォン(2万~2万5000円)
を得る予定だったそうです

会場には試験監督が2人いましたが、大学修学能力試験(韓国の大学統一入試)や
TOEIC試験のように金属探知機は設置していない情況で、他にも
先月18日、ソウルのある大学で行った韓国語能力試験(TOPIK)の際に、
パスポート・身分証明証・受験表などを偽造し、
ソウルの名門大学在籍中の中国人留学生に“代理”受験させていました
20111102 (2)

警察庁は、KLPTやTOPIKの成績が大学卒業審査に大きく影響する点から、
中国人留学生の不正行為が慣行的に行われたとみて、
捜査範囲を拡大する方針だと言う事です

日本でもお馬鹿な受験生が、Yahoo質問箱に問題の解答を聞いた事件が
ありましたが・・・、本当に今の若者には(知能以外にも)お馬鹿が多いようですね^^;




今度は台湾の聯合新聞網に記事ですが、今年7月に明るみになった
雲南省昆明市の「偽アップルストア」の問題を取り上げ、
パクリがオリジナルに与えるメリットについて考察していました

「パクリ」がオリジナルに対する最高の敬意だとすれば、
米アップルは鼻高々になって良い
数ある被害ブランドの中で、最も多くその“敬意”を受けているのだから
今年7月、昆明に直営店を店舗ごとパクったと思われる
「偽アップルストア」が3軒もあることが分かり、注目を浴びた
20111102 (3)

店員でさえも「自分はスティーブ・ジョブズの下で働いている」と思い込んでいたほど、
何から何まで本物ソックリという徹底ぶりには驚かされた
中国市場の「パクリ文化」については否定的な見方を示す人が大半だが、
ここまで完ぺきな作品が出現するようになると、これは「寄生商業行為」という
新たな形態に分類すべきとの声も上がるようになった

アップル製品が欲しくてたまらない人たちにとって、
本物ソックリのクオリティーなら偽物を買うことに何ら抵抗はない
それは、ルイ・ヴィトンなど高級ブランドの偽物を買いたがる消費者と同じ心理だ

最近の「パクリ製品は敵か味方か?」に関する研究によると、
パクリ製品は消費者の購買意欲を高め、
オリジナルの品質向上にも役立っていることが分かった
経済学者の銭易(チエン・イー)氏は「パクリは生きた広告塔だ」と指摘する
また、昆明のような地方都市に3軒もパクリ店舗が現れたことで、
アップル自身も現地の需要や消費者動向を知ることができたとする声もある
20111102 (4)

アップルは2011年末までに、中国での直営店を25店舗にまで
増やす計画を見直すことを発表した
だが、拡大スピードを落とすにあたり、浮上するのが
いかにしてパクリ店舗の出現を防ぐかということ
ただ、彼らの存在も悪いことばかりではないことは分かっているはずだ
それならいっそのこと、彼らと平和共存するシステムを構築してはどうか

究極のところ、そのブランドにとって最も大事なのは
顧客のブランドを愛する忠誠心ではないだろうか?
パクリだろうとオリジナルだろうと、
消費者がアップルを愛していることに変わりはない
パクリ製品をどんなにソックリに作っても、
消費者のアップルに対する忠誠心をパクることは不可能なのだから

以上が全文(訳)なのですが・・・、いくら言い方を変えようと
結局は人の者を真似てそれで利を得るという犯罪ですよね?
くだらん理屈で、自分達を正当化するな!!といいたくなりますよねw



さて、これだけIT(ネット)社会が進み、日本でも多くの人達が
ツイッターをやっていますが、この度中国西安在住の103歳の老人が
ツイッターをやり始め、マスメディアに取り上げられた事で話題になっています
20111102 (5)

103歳の徐益卿(シュー・イーチン)さんは5人の子供がおり、
孫も20人ぐらいいるそうですが、孫たちがどんどん大きくなり
遠い学校に通っているため、会えないのが一番さびしいといいます
通信が発達している今は、いつでもどこでも電話で声は聞けますが、
顔が見られないのが残念だとつぶやいていました

新しいもの好きな徐さんは、孫たちが毎日のようにネットをすることを聞き、
数年前からインターネットに触れ始めました
子供たちと常に連絡がとれ、もっと親しくなれるようツイッターも始めたそうで、
子供たちも「お父さん、すごいよ!103歳でツイッターデビュー、
これから指示はツイッターでお願いね!」とつぶやいたそうですw
20111102 (6)

取材の際にも、孫の「爺ちゃん、昼何食べたの?」のつぶやきに、
徐さんは「なんで会いに来ないの、会いたいよ!今日はね、
ラーメン食べたの、今度来たら美味しいもの作ってあげるね!」
などの会話をしていたそうです

ごく普通の会話ですが、徐さんにとっては何より幸せなひと時のようで、
ツイッターでつぶやく以外にも、香港やニューヨークに住んでいる孫たちと
ビデオチャット等もしているそうですw




商売や事業をしていると、問題になってくるのがクレーム処理
特にサービス業などではお客様対策が大変ですよね^^;
そんな時、こんな対策方法はいかかでしょうか?

@木遥さん(ハンドルネーム)が中国版ツイッターで
「史上一番受信しにくいメールアドレス」とつぶやき、
同時にある銀行のクレーム受付メールアドレスが写っている写真をアップしました
その後、多くのユーザーがリツイートし、
「これはクレームをしにくくするためでは?」、
「途中で書き間違えてクレームできないように工夫してるね!」、
「大文字と小文字、O(オー)と0(ゼロ)の区別が難しい」、
「クレームできる人が逆にすごいよ」などとコメントしました
20111102 (7)

写真には、人民元の流通や偽札に関するクレームなどに
対応するための受付電話とメールアドレスが書かれています
電話番号は中国銀行全国統一お客様センターの番号ですが、
メールアドレスはなんと76文字の超長いアドレス!!
(記者が)試しに送ってみたが無事に送信できたかは不明だそうで、
クレーム電話95566に掛けたところ、
「中国銀行にはこのようなクレームメールアドレスはないので、
中国人民銀行(中国の中央銀行)に訪ねてください」
との回答だったそうです
メアドがフルの76文字・・・確かに入力段階で嫌になりそうですねwww




最後は英国で行われたアンケート調査『普段感じる「小さな幸せ」』

「あなたが小さな幸せを感じるのはどんな時ですか?」
英国で行われたアンケート調査で、
「ポケットの中から忘れていた10ポンド(約1200円)が出てきた時」
に小さな幸せを感じる人が最も多いことが分かりました
20111102 (10)

調査対象は3000人
あらかじめ50項目を挙げ、その中から選んでもらっそうです
発表された「小さな幸せベスト30」は以下の通りで、
思わずほっこりしてしまうものから、
「わかる、わかる!」と叫びたくなるものまで幅広くなっています

1.ジーンズのポケットの中から忘れていた10ポンドが出てきた時
2.休日のお出掛け
3.洗い立てのシーツに寝そべる
4.海で泳ぐ
5.天気の良い日の散歩
6.どこかに座って日光浴(座る場所はどこでも良い)
7.サプライズでプレゼントや花束をもらう
8.パートナーから心のこもったメールをもらう
9.愛している人または愛してくれている人とのハグ
10.感謝のカードを受け取った時
11.仲の良い老夫婦が手をつないで散歩している姿を見た時
12.天気の良い日に窓を全開にしてドライブする時
13.宝くじで10ポンド当たった時
14.長期休暇が取れた時
15.1番好きな曲を聴いた時
16.安くて良い物が買えた時
17.久しぶりに旧友と会った時
18.公園でピクニック
19.会社で昇級した時
20.パートナーとのロマンチックな一夜
21.思い出の曲を聴いた時
22.昔のアルバムを見返す時
23.新しい友人ができた時
24.静かに1人の時間を過ごす時
25.自然の中を気ままに歩く時
26.赤ちゃんの笑い声を聞いた時
27.仲良しの女友達と出かける時
28.朝目が覚めて、今日は休日だったと気づく時
29.チョコレートを食べる時
30.スイーツを食べる時
20111102 (9)

こうして見ると、英国人に小さな幸せを感じさせるのは
「太陽」「愛」「リラックス」に関わるものが多いようです
みなさんはどんな時に小さな幸せを感じますか?


これで今日の時事を終わります
最後までご観覧下さり、ありがとうございました




ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 19:38:40 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

「為」になる記事、面白く拝見しました
■ももたろう様。
お早うございます。
「為」になる記事、面白く拝見しました。
では、お気をつけて上海にいらっしやってください。
では、また。
sohya 様
何時もコメント有難うございます。
明日からまた行って来ま~~す。





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/646-c122f3d5
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。