FC2ブログ

== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 時事・雑学 ==

3/19 時事通信!!

タイトル「天国への階段」
20120319.jpg
中国で立ち退きを拒否する世帯は、中国語で「釘子戸」といいますが、
このほど中国湖南省で立ち退きを拒否したお墓が陸の孤島のような状態となり、
「釘子墓」「山の別荘のような墓」として話題となっています

このお墓には湖南省益陽市羊舞嶺村の村人・曹さんの両親が眠っています
土木作業により周囲はすべて掘り起こされ、高さは2階建てビル程度となっており、
墓参りするにはちょっとした山登りをしなければなりません

工事が行われたのは2010年頃のことでしたが、立ち退き先を見つけるお金もないため、
このような状態になってしまったと、曹さんの家族は話しています
その後、曹さん一家は墓参りがあまりに困難なため、
実費でコンクリートを使って階段と手すりを設けたそうです
20120319 (1)

現地自治体は、お墓が建っている場所は土地が非常に肥えているため土壌販売され、
このような状態になってしまったとしています
このお墓の画像がネット上で公開されると、
「まるで天国への階段のようだ」
「山の別荘のような墓」
と話題になり、ほんの数日で2万件を超えるアクセス数がありました

日本ではありえないような光景ですが、中国ではよくある光景です
しかし・・・どう考えても罰当たりな光景ですよね^^;



中国のある企業では、給料がとんでもない事に・・・
「うちの会社は毎月、給料を束とキロで測って支払うから、いつも重いよ!」
と河南省商丘市の公衆交通有限会社の張維峰副社長が冗談のように言いました
20120319 (2)

現金払いの商丘市の公衆交通有限会社では、毎月給料日になると机から床まで、
山ほどの札束や包装した硬貨で財務課がいっぱいになります
社員たちはいつも行列をつくり「札束何個と6キロ以上のコイン」を給料としてもらうそうです
「重さで払う給料?どれだけもらってるの?」と多くのユーザーが驚きましたが、
それは訳がありました
20120319 (4)

張副社長によると、この会社はバス運営会社で、2000年からワンマン運転になり、
運転士が運賃を受け取るようになりました
だが、定期券のようなバスカードよりも現金で運賃を払う客が圧倒的に多く、
そのため、会社に入ってくるお金は1元(約13円)のお札とコインばかり^^;
銀行でも大量の小銭は両替ができず、12年間ずっと小銭で給料を払うことになり、
1000元(約1万3000円)のコインは6.25キロに相当するそうです
20120319 (3)

一方、ワンマン運転のため、お金のチェックも甘くなり、ゲーム用のコイン、
破れた紙幣などが混ざり込んで毎年数十万元の損失が出ているといいます
そのため、会社側では乗客にバスカードの利用を、
銀行側にも両替を要望しているそうです

しかし、重さ(硬貨)で給料とは・・・・処理が大変ですね><



続いては上海のニュースを2点ほど
上海の金融センター・陸家嘴貿易区内で、単身者用の集合住宅が入居を開始しました
この日20人が入居したこのアパート、「トランクひとつで入居可能」をうたっており、
中国では珍しい単身者用、25平米の物件となっております
20120319 (5)

4万平米の敷地に2300戸を擁する集合住宅「陸家嘴金融城人材公寓」は、
1戸あたり25平米の物件に居室・キッチン・バスルーム・ストアルームをコンパクトに配し、
家電や家具をすべて備えつけています
立地からしても、市外からの単身ビジネスマンをターゲットとしているようで、
もともと、家族がそろって暮らすことを大事にしており、
独居という概念があまりなかった中国では、地方出身の単身者は
それぞれにルームメートを探して家族用の物件に住むことが一般的でした
20120319 (6)

バスケットボールコートやバドミントンコートなどのスポーツや
レクリエーション施設も備え、日常の買い物も敷地内で事足りるそうです
こうした形式の住宅は、その需要率により、今後もニーズを伸ばしていきそうです



書店の経営が苦しく、閉店する店舗が後を絶たないと伝えられる中国ですが、
上海市にユニークな24時間営業の書店が誕生しました
20120319 (7)

人々の本離れ、デジタル媒体やオンラインショッピングの普及によって、
ますます経営が苦しくなる書店たち
このほどリニューアルオープンした上海市の大衆書局(福州路店)は、
1920~30年代の古きよき上海をテーマとした店づくりで注目を集めています
石造りの壁に中洋折衷の梁、あたたかな光を放つガス灯、木や籐の長椅子、
戦前のレトロ画などでしつらえられた売り場にはスタンダードのレトロ歌謡が流れ、
戦前の女学生風の制服を着た店員が迎え入れてくれます
20120319 (8)

浅葱色の立て襟の上衣に膝下丈の黒のスカート、ホワイトソックスに黒の布靴
民国時代の女学生は、日本で言えばさしづめ“はいからさん”といったところでしょうかw
化粧気はないが素朴でかわいらしい風情が新鮮で、徐々に人気を延ばしています



最後はおなじみランキング記事
中国のニュースサイト・環球網が環球輿情調査センターと共同で
外資系ブランドに対する意識調査を行った結果、
中国の消費者に不人気の外資系ブランドは
ケンタッキーフライドチキンだということが分かりました
20120319 (10)

得票率は首位のケンタッキーフライドチキンが17.06%。
続いてマクドナルドが16.74%で2位、
カルフールが12.42%で3位という結果に!
以下、味千ラーメン(11.86%)、
ピザハット(10.08%)、
ウォルマート(8.18%)、
レッドブル(7.93%)、
コカ・コーラ(7.62%)、
ペプシコーラ(7.31%)、
ゴールドマン・サックス(6.58%)
と続いています

調査の有効回答は3493件で、15業界を対象に投票が行われましたが、
ワースト10にはファストフードや食品関連企業が多く選ばれました
この結果について専門家は、食生活の変化からファストフードの品質や
製造過程が広く知られるところとなり、そうした食べ物には栄養が少なく、
健康にも良くないとみられていることが調査結果に影響したのだろうと
指摘しています
20120319 (9)

つまり・・・ジャンクフードは食べるけれども・・・人気は低いと言うことですね
(まあ、高カローリー食品には違いないですが^^;)



それでは今日の時事はこれで終わります
最後までご観覧下さり、ありがとうございました





ランキングに参加しています、あなたの清き1クリックを!!
  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 19:57:51 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

精力的なアップで。。。。。
■ももたろう様。
お早うございます。
最近は、精力的なアップで。。。。。
嬉しいです。
「地方」権力による非情なやりくちが
殖えているようで。
重慶市長も更迭されましたが、内部対立でしょうか。
では、また。
sohya 様
いつもコメントありがとうございます。
合間を見てになりますが、出来るだけアップしていこうと
頑張っております(汗)

重慶の市長更迭は、あまり表立ってニュースとか上がってないですが、
やはり内部の対立(水面下の争い)だと思われますね
まあ、¥があれば何とかなる国ですので・・・^^;

これからもよろしくお願いします





        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/661-41ceeeb7
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。