== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 三国志 ==

亳州市!!

本日は亳州(はくしゅう)市のご紹介です \( ̄∇ ̄*)
亳州市
亳州市は安徽省にある地級市で、三国志において無くては成らない、
魏国の君主『曹操(字は孟徳)』「の出身地です
沛国(はいしょう)県(現在の亳州市)で生まれた曹操(幼名は阿瞞)は
武将であり政治家であり、また詩人でもありました
曹操孟徳
後に許子将は、曹操のことを「治世の能臣、乱世の姦雄」と評しており、
(太平なら有能な臣下、だが乱世にめぐりあえば姦雄(奸雄)となろう)
中国のことわざにも、「曹操の話をすると曹操が現れる(説着曹操、曹操就到)」
と言われるほどの有名な武将です(意味は、噂をすれば影と同じです)

「曹操宗族墓」
曹操宗族墓
俗に「曹家弧塚」と呼ばれていて、周囲5kmの広大な土地に、
曹操の祖父曹騰・父の曹嵩らが葬られています
今は人民が集まる公園のように整備されています

「曹操像」
曹操像
観光地と言うほどではないのですが、さすが出身地!
街の真ん中にどーんとたっています

「華祖庵 」
華祖庵
別名「華佗庵」と言い、こちらの名称の方がわかりやすいと思いますが、
名医:華佗がここに住居をかまえ、病人の治療に励んだといわれています
一度戦火で燃えてしまった為、を明代末に建てなおされました

「華佗像」
華佗像
華祖庵(だけでなく街のいろんな所にありますが)の華佗の像です
(ここ亳州では、曹操と華佗の人気が2分しています)
華佗は曹操の典医となり治療を行っていましたが、士大夫(学者官僚)
として待遇されず、帰郷の念が募って故郷(ここ)に帰ってしまった為、
曹操の逆鱗に触れ、拷問の末に殺されてしまいました

他にも幼少の頃に曹操が勉学に励んだ「魏武故里」や軍事目的で使用した
地下道の「曹操運兵道」等、曹操に纏わる遺跡が沢山あります
曹操(魏)ファンの方ならぜひ一度は行ってみるべきです(笑) ヽ(^▽^)ノ


良かったら、クリックしてください
   ↓


 

┃ テーマ:みんなに紹介したいこと ━ ジャンル:ブログ

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:31:41 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://momotaroublog.blog39.fc2.com/tb.php/93-61ef3a87
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。